thunderbolt

最新のクチコミ

吐露
ある男子高校生の少し不思議な成長の記録ある日、トイレで吐いた吐瀉物はむくむくと好きな人の形へと変化し、それ以来部屋では彼女と、思ったことを思ったように好き放題行っていた。 思春期に、自分勝手で利己的であった自分から、他人との境界線を感じ、思うようにできるものとできないものを理解し、ひとつ殻を破るまでのお話。 人はある時期まで、万能感に包まれなんでも出来る気がするし、他人は自分の望むことは何でもしてくれるものだと思ってしまうフシが誰しもある。 それは、母性由来の影響だと僕は思っていて、子の望むことに対して極力親は叶えてあげたいもので、それが「願い事は基本的に叶う」という万能感につながる。 無理なものは無理で、他人や他人の心を自分の好きなように動かすことなんて基本的にはできないし、無理やり好きなように行動させられたとしてもそこに心はないといつかは悟るはずだ。 そこのややこしいところを、思春期に日常の対人関係の中で一歩踏み込んだ人ととの対話で自然と学んでいく。 それは部活であったり友人であったり恋人であったり。 その通過儀礼を若い時期に果たせなかった人たちがたまにいるヤバイ大人やクレーマーへと化けるのだ。 他人は「お母さん」ではない。 なので、ある意味、この主人公は自分のお母さんとセックスしまくっていたことになる、と考えたらまさに「吐き気」が止まらない。 少し不思議で手痛い授業料だったが、これで一つ大人になった。 主人公がこの体験を客観的に言語化してキチンと自覚できるようになるのはまだ先かもしれないが、感覚で分かっているはずだ。 他人を思う通りにしようなどおこがましい。 好きな人は、モノを扱うように好きにできるものではなく、一人の人格を持った者だ。 "だからこそ"面白いし、恋焦がれる。 甘く切ないひと夏のいい想い出。 この経験を糧に、これから主人公は本当の意味で恋をしていくのだろう。 あー、考え様によっては人生は面白くなっていくように作られているんじゃないだろうか。 最高かよ、人生。
ある男子高校生の少し不思議な成長の記録ある日、トイレで吐いた吐瀉物はむくむくと好きな人の形へと変化し、それ以来部屋では彼女と、思ったことを思ったように好き放題行っていた。 思春期に、自分勝手で利己的であった自分から、他人との境界線を感じ、思うようにできるものとできないものを理解し、ひとつ殻を破るまでのお話。 人はある時期まで、万能感に包まれなんでも出来る気がするし、他人は自分の望むことは何でもしてくれるものだと思ってしまうフシが誰しもある。 それは、母性由来の影響だと僕は思っていて、子の望むことに対して極力親は叶えてあげたいもので、それが「願い事は基本的に叶う」という万能感につながる。 無理なものは無理で、他人や他人の心を自分の好きなように動かすことなんて基本的にはできないし、無理やり好きなように行動させられたとしてもそこに心はないといつかは悟るはずだ。 そこのややこしいところを、思春期に日常の対人関係の中で一歩踏み込んだ人ととの対話で自然と学んでいく。 それは部活であったり友人であったり恋人であったり。 その通過儀礼を若い時期に果たせなかった人たちがたまにいるヤバイ大人やクレーマーへと化けるのだ。 他人は「お母さん」ではない。 なので、ある意味、この主人公は自分のお母さんとセックスしまくっていたことになる、と考えたらまさに「吐き気」が止まらない。 少し不思議で手痛い授業料だったが、これで一つ大人になった。 主人公がこの体験を客観的に言語化してキチンと自覚できるようになるのはまだ先かもしれないが、感覚で分かっているはずだ。 他人を思う通りにしようなどおこがましい。 好きな人は、モノを扱うように好きにできるものではなく、一人の人格を持った者だ。 "だからこそ"面白いし、恋焦がれる。 甘く切ないひと夏のいい想い出。 この経験を糧に、これから主人公は本当の意味で恋をしていくのだろう。 あー、考え様によっては人生は面白くなっていくように作られているんじゃないだろうか。 最高かよ、人生。
icon
きょうの新刊
2018年9月23日の新刊情報はありません
icon
最新の画像
銀座旋風児か
...
敬老の日に公開...
 第1話から恐...
モーニングで読...
ここはガキの遊び場か
最近に話題の映...
icon
わかる
名無し
2018/05/14
ヘルマンがやけに美形だなとは薄々感じてたけど… あくまでエルネスティナがメインだと思ってたから「そっちかーーい!」ってなったわ
名無し
2018/09/21
これが軍隊なら、安斎の部隊は生き残り賞賛されるはず。 動けない兵は非情に切り捨てなければ、部隊は全滅してしまう。 しかし、軍隊ではないからね。 猿は佐藤を盾に逃げるつもりだったから、逃がしてよかったと思う。 あの後、火事を見た消防隊が来ることは分かっていたんだし、 何より猿の作戦を失敗させたんだから、あれで十分だった。 やっていることは八木と同じなんだよね。 「彼らには必要ないから」と遺体から衣類を剥ぎ取り、 「水は貴重だから」と早乙女の凍傷の足を見放した。 しかし、八木は弱者を見捨ててはいないから(騙して戦わせているが)、 この状況でのリーダーにふさわしいのは八木かな。
名無し
2018/09/21
山岳小説とかだと、登山中に死亡した仲間の 服や食料等の装備を剥ぎ取ったり、 死体を遺棄するのはよくある話なんだけれどね。 基本的にはそれはしょうがない行動とされる。 もっとも、その行動は登山の世界の内側の人からは 理解されるが、世間や死亡した人の身内からは批判されたり、 なにより剥ぎ取ったほうの本人が自責の念に さいなまれるのがパターンだけれど。