すみれ色はあの日のまま

すみれ色はあの日のまま

太った冴えない女性記者だったエインズリーは、ハンサムな実業家スティーブンの前で失態をさらして笑われ、職まで失った。あれから5年後、30キロのダイエットに成功しファッション誌の編集長となったエインズリーは、仕事を通じてスティーブンと再会する。変わらないハンサムな姿に目を奪われるが、彼はエインズリーがあの日の記者だとは気づきもせずデートに誘い、唇を奪ってきた! 彼をその気にさせて捨てればあの日の心の傷は癒えるの? それとも…?
追いついた初恋

追いついた初恋

女優カリリーは亡き兄の親友で初恋の人でもあるライアンの仕事を手伝うため、数週間を一緒に暮らすことに。12歳上の彼は今でも私を子供扱い。世間にはセクシー路線で売っているほど大人の女性になったのよ。この機会に私の魅力を見せつけて、絶対にドキドキさせてやるんだから! しかしカリリーがやきもきしなくても、ライアンのほうは美しく成長した彼女に理性がぐらつき始めていた。15年越しに彼の欲望に火をつけた脈あり同居。初恋は実るように思われたが…!?
罪と罰と小さな秘密

罪と罰と小さな秘密

父親を殺害した罪で刑務所に入れられ、今は仮釈放中のキャシー。アリスト王国の皇太子であり、即位を控えるセバスチャン。まったくかけはなれた世界のふたりは、かつて愛しあった恋人同士だった。キャシーは事情も理由も聞いてもらえず、投獄された。妊娠していた彼女は刑務所で彼との子供をひそかに産み、育てた。6年ぶりの再会は彼女の胸を甘く貫く。過去を捨て、子供とふたりで島を出ていこうとする彼女を、皇太子は熱いキスでひきとめ――彼は何を考えているの!?
甘美な至上命令

甘美な至上命令

ロンドンで名うてのプレイボーイ。そんなボスにまったくなびかなかった秘書エミリーが結婚を理由に辞表を出した。異性に興味がなさそうな彼女がいきなり結婚!? 納得のいかないレアンドロはエミリーに2週間の出張に同行するよう命じる。2か月ごとに恋人を替えるボスの世話に疲れたエミリーだったが、最後の仕事と割りきり、高級リゾートの出張に同行する。しかしそこでレアンドロに心変わりを迫られるとは思いもしなかった。彼が最も得意とする誘惑という方法で…。
愛人志願

愛人志願

マーシーは生まれ育った小さな村でひとり静かに暮らしている。婚約者は倹約家で母親想いのいい人。平穏な人生がこの先もずっと続く…そう思っていたのにロンドンから戻った親友がすべてをひっくり返した! マーシーとは対照的な派手な彼女の結婚式に、ひとり冷たい視線の男性が現れる。その瞬間、花嫁はパニック状態に。クロフトという男性は式を壊しに来たと言うのだ。花嫁に頼まれ、マーシーは彼を遠ざけようとするが、気づけば壊されたのはマーシーの人生で…!?
白衣に隠した純情

白衣に隠した純情

アニカは超名門コロフスキーの一族に生まれるが、プライドの高い母に逆らい看護師となる。実家からの援助を止められた彼女は、生活費を稼ぐため寝る間も惜しんで働いていた。ある日、同僚のロスに突然声をかけられアニカは驚く。彼は兄の友人だったのだが、これまで親しく接したことはなかった。あまりにも疲れた表情のアニカを心配し、声をかけてくれたのだ。彼の人柄を知るにつけ心惹かれていくアニカ。だが、彼にとってはただの友人の妹だと思い知る…。
大富豪と禁断の眠り姫

大富豪と禁断の眠り姫

レース前にパーティーだなんて何を考えているの!? レーシングマシンの設計士セリーナは、フィン・セントジョージに怒りをぶつけた。F1界のプレイボーイと名高い彼は、半年ぶりにレースに復帰したというのに享楽にふけってばかりいるのだ。詰め寄るセリーナにフィンは魅惑的な笑みを浮かべ「きみが相手をしてくれるかい?」と唇を寄せてきた! だめよ。この男は、親友だった私の兄の葬式にすら来なかった冷酷で傲慢な人間なのに…どうして胸が熱くなるの――!?
瞳のなかの永遠

瞳のなかの永遠

契約内容:依頼人クレオ・マクナマラを護衛しつつ、彼女と性的関係を持ち、1年以内に子を授けること。警備会社のオフィスで、クレオはかろうじて涙をこらえた。大おじの遺言を守るため、こんな恥ずかしい依頼をしなければならないなんて…。でも従わなければ会社を失い、社員を路頭に迷わせることになる。相次ぐ脅迫から身を守るために、しかたないと思っていた――が、契約相手の精悍なボディガード、サイモンをひと目見た瞬間、心を奪われてしまい…!?
はじまりはハプニング

はじまりはハプニング

陣痛で診療所に運ばれたレキシーは、立ち会いの医師を見て驚いた。タイラー・ブレイダンがなぜこんな所にいるの!? 数か月前、彼女は仕事をクビになったその夜、家の前で憔悴する悲しい瞳の彼に声をかけた。ふたりは一夜をともにするも朝、目覚めた彼は「恋人も妻も子供も一生つくらないつもりだ」と言って出ていった。だが、そのタイラーは今、目の前にいて我が子を取りあげている。絶対に気づくはずはないと思った矢先、彼は彼女から子供を奪おうとしてきて…!?
プレイボーイに首ったけ

プレイボーイに首ったけ

趣味を楽しみ仕事を程よくこなし、お酒と音楽で1日を終わる。そしてそこにキレイな女性がいればもう最高――そんな独身生活を謳歌するトレバ―に贈られたクリスマスプレゼントは小さな息子!? 妹の遺児を育てるヘイリーはそんな彼に会う前から不信感いっぱいだった。だけど意外にも息子のことを告げると、誠実にDNA鑑定を提案し、結果が出るまで彼の自宅に滞在しないかと提案される。妹と正反対の地味な私とは間違いが起きるはずない。そう思っていたのに…。
愛なきアポロと小さな命

愛なきアポロと小さな命

エルが14歳のとき父が再婚し、継母の連れ子であるアポロと義兄妹になった。しかし、エルは神々しい魅力を放つ彼に密かに恋をしていた――だが12年後、彼は突如反旗を翻し、牙をむいたのだ。アポロは父の経営する会社を次々と買収し、すべてを手中に収めていった。彼はなぜ変わってしまったの? エルは話しあうためアポロを訪ねるが言い争いになり、怒りはやがて情熱の炎となって、ふたりは体を重ねていた――ずっと望んでいた甘美なひとときは、新しい命を育み…!?
ふたたびのカリブ海

ふたたびのカリブ海

シングルマザーのクレアはかつて恋人だったギリシアの大富豪ザンダーと偶然再会した。4年ぶりに見る彼は前にも増して魅力的で、惹きつけられない女性などいないほどに大人の色気を放っている。しかし、クレアに向けられたザンダーの瞳には怒りの色がにじんでいた。――当然ね。あの屈辱の夜以来、私はあなたの前から姿をくらましたのだから…。クレアは再び逃げようとしたが、ザンダーはそれを許さないどころか、自分の子供の存在を知ると驚くべき行動に出て――!?
命のブーケ

命のブーケ

ドミニク・ウィンター…その名のとおり冷酷な男に刹那の慰めを求められて、ソフィーは抱かれた。彼は自分の婚約者がソフィーのせいで死んだと思い込んでいたが、誤解とわかると憔悴した顔で詫びた。他人に…しかも下流の者になど決して頭を下げないドミニクのその姿に同情して抱かれたのだが…。ソフィーは彼に惹かれていてこの時を望んでいたのだ。おそらく半年前の出会いからずっと――。あざとく肌を重ねた罪はやがて彼女に大きな罰を与え、人生を狂わせていく!!
胸騒ぎの舞踏会

胸騒ぎの舞踏会

自堕落で酒癖の悪い夫が亡くなり1年。アナベラは義母から執拗ないじめを受け、つらい毎日を過ごしていた。そんななか久しぶりに出席した舞踏会で、たくましく魅力的な紳士サー・ウィリアムから声をかけられる。「以前からお近づきになりたいと思っていました」…いったいなぜ? 義母に罵られ、召使いのようにこき使われるみじめな未亡人に関心をもつなんて信じられないわ。戸惑うアナベラだが、夏の海のような青く美しい彼の瞳に見つめられ、胸はときめいて――。
復讐は恋へといざなう

復讐は恋へといざなう

ケイトの母は地元の名士の愛人で、母の妹は奔放な女性であった。そのせいで街では「ふしだら一家」の汚名を着せられ、ケイトはつらい青春時代を過ごした。いつか成功して街に戻り、傷つけた奴らに復讐する――そう誓って生きてきたケイトは、10年ぶりに憎き故郷へ戻ってきた。そこで偶然出会ったのは、街に似つかわしくないハンサムで魅惑的な男性ジャック。ふたりはひと目で惹かれあい、やがて情熱的な愛を交わす――ジャックが復讐相手だということも知らずに…。
紳士の約束

紳士の約束

教師のレオノーラは、除隊したばかりの荒くれ兵士モースを3か月で紳士に育てあげようと奮闘中。ことの始まりは伯父との賭け。勝てば財産を譲渡してもらい、彼女はある夢を叶えることができるのだ。モースは見た目こそ紳士らしい風貌でハンサムだが、問題はそれらしくふるまう気がまったくないこと。しかもレオノーラが奥手だと見抜くと、からかうように誘惑してきて…。モースの無鉄砲な恋愛遊戯に授業を阻まれて、レオノーラの夢と清い心は絶体絶命のピンチ…!?
尊大な公爵の愛情

尊大な公爵の愛情

ある日、ロザラム公爵グリフィンは馬車で領地へ帰る道中、突然飛び出してきたネグリジェ姿の娘をはねてしまった。泥だらけで地面に倒れた彼女は意識を失っていたため、やむなく公爵邸につれ帰って介抱することにする。一方、眠りから覚めた娘はいっさいの記憶がないことに戸惑った。このたくましくて美しい男性は誰……いいえ、それより私は誰? 「君の名は?」そう尋ねられて答えに窮していると、公爵と名乗る彼に、美しき女性を意味する“ベラ”と名づけられ――…。
暁の花嫁

暁の花嫁

両親を事故で亡くし、姉妹ふたりで生きてきたタラは1年前に妹のシャーリーンを喪った。――殺されたのだ。冷酷で残忍な殺人鬼、ギャビン・デブローに。しかも信じがたいことに目撃者と、妹の日記によれば彼はヴァンパイアらしい。半信半疑のタラだったが妹の追悼式に現れた彼を見て確信した。人間とは思えないくらい美しくも影のある男性だなんて…。タラは復讐の計画を一瞬忘れてしまうほど見惚れてしまった。それが彼女の運命を変えるとは知らず…。
シンデレラの屈辱

シンデレラの屈辱

アリストン・カバコス――キーリーは彼ほど傲慢で冷徹な男性を知らない。今やギリシア一の海運王の彼は、8年前、休暇で母親とギリシアを訪れたキーリーとの甘い口づけのあと、罵声を浴びせた。「奔放な母親と同じあばずれ」だと。そして振り向きもせず立ち去ったのだ。あの時の心の痛みは忘れられない。しかし今になって再会した彼は、キーリーを多額の報酬で雇いたいと持ちかけてきた。いったい何を考えているの? また私を侮辱する計画でもたてているというの?
砂漠の富豪の寵愛

砂漠の富豪の寵愛

アマリアは無実の罪で逮捕された弟を救うため、カリージュ国の宮殿を訪れた。母の故郷の美しさに圧倒されるうち迷子になった彼女の瞳にひとりの男性が映った。悪名高きゴシップ誌に名をつらねる大富豪であり、一国の主シーク・ゼイン・アル・ガムディ、本人だわ! 知らぬ間に彼の花嫁候補の面接に迷いこんでいたアマリアに、プレイボーイの浮き名を返上したいゼインは「きみを王妃にしよう」 と言い出した。弟を救う交換に彼の偽りのフィアンセを演じることになるなんて――。
ボスと秘書の危険な関係

ボスと秘書の危険な関係

サマンサは高級リゾートホテル経営者ブレイクのもとで秘書として2年間、公私ともに尽くしてきた。一生懸命頑張れたのは彼への尊敬の気持ちが恋に変わり、いつか想いが実ることを夢みてしまったから…。でも仕事が生きがいの彼が、この先も人を愛することはない。だから虚しい想いをする日々も、今日で終わりにしよう。勇気を出してようやく辞職願を出すが――「なんの冗談だ?」辞めることを簡単に認めてくれない彼がとった行動は…!?
愛を禁じて

愛を禁じて

財務部で会計の仕事をしているレイチェルは、ようやく2年前の失恋の痛手から立ち直ろうとしていた。そんな時、新しい上司が赴任してきた、なぜか泣き叫ぶ赤ん坊をつれて。彼女の前に現れたのは、失恋の相手ニック。3週間前、彼の弟夫婦が事故で亡くなり、姪をひき取ったのだという。赤ん坊を上手くあやすことができないニックの窮状を見かね、レイチェルは赤ん坊の世話をすることにした。ニックへの熱い思いを抑えきれるかどうか、不安を抱きながら――。
忘れるために一度だけ

忘れるために一度だけ

18歳のホープはニュージーランドの経済界で成功した富豪キアとの恋に夢中だった。だが「あなたの娘と結婚して僕になんのメリットがあるんだ?」義父がビジネスの条件にと娘を差しだし、それを冷酷に突き放したのだ。ふたりの話を立ち聞きしていたホープは傷つき、逃げるように家を出た。4年後、オーストラリアで働く彼女の前に突然キアは現れ、あの時の情熱を完結させようと迫る。今でもバージンなのは彼への未練があるから…そう自覚していたホープは!?
砂漠のマドンナ

砂漠のマドンナ

オーストラリアの高齢者の多い奥地で医師として暮らすニーナ。ある日、彼女の前にマック・スタブロウと名乗る医師が現れ、町にもうひとり医師が必要かどうか調査に来たという。彼のギリシア系の姓と瞳の色から、ニーナはテオを思い出した――甘い誘惑で彼女を奪ったお腹の子の父親。彼女は弁護士からテオの死と、巨大企業の後継者だった彼が、お腹の子に持ち株のすべてを遺したと知らせを受けたばかりだった。――マックはテオとこの子と何か関係があるの…?
氷の愛人

氷の愛人

フィギュアスケートの世界女王カーラは、現れた新しいスポンサーが大富豪ハビエルだと知って凍りついた。彼と会うのは3年ぶり。練習漬けの毎日が嫌で友人と繰り出したパーティーで出会い、恋に落ちた。翌朝それが誤りだと気づいた時には、バージンを捧げてしまったあとだった。そして動揺した私は彼にひどい仕打ちを…。今、ハビエルの冷たい目はあの日のことを訴えている。カーラは身震いした。この残酷な再会は彼の慰み者になる運命だとまで気づいたかのように――。
十万ドルの純潔

十万ドルの純潔

ダレイオスとの再会にレティシアは夢見心地だった。父が逮捕され、巻き込みたくなくて別れを告げた日から10年、ずっと彼を思いつづけてきた。実業家として成功したのは知っていたけれど…。やさしく誘われるまま、レティシアはダレイオスに純潔を捧げた。ところが目覚めたとき、彼は「きみは10万ドルでバージンを売ったんだ」と言い放ち、小切手を投げつけてきた! あなたは私を買うためにこの街に戻ってきたのね。絶望するレティシアにさらに予想外の出来事が――。
悲しい絆

悲しい絆

姉の結婚式準備のため、故郷に帰ってきたエヴァは、懐かしくも恐ろしい声が聞こえ凍りついた。億万長者となった彼は今、町にはいないと聞いていたのに! 声の主…ジェレドは侮蔑のこもった冷たい目でエヴァを見すえた。4年前、彼と恋に落ちたエヴァは父の逆鱗に触れ、ひとり町を出た。ジェレドにとって私は裏切り者…彼に知られるわけにはいかない。密かに赤ん坊を産み育ててきたことは…。けれど彼はエヴァに「今度は簡単に君を逃がしたりはしない」と告げてきて?
罪深きファンタジー

罪深きファンタジー

新天地で新しい冒険、新しい人生を始めよう――ダーシーは初めて得た自由にわくわくしていた。思い返せばつらい人生だった。自分の生活のほぼすべてを父親と元恋人の介護に費やしていた。父を看取り、嫉妬深い恋人とも別れた。肩の荷はすべて下り、あとは自分の人生を謳歌するだけ。旅立つまでの束の間の休日、ダーシーはふと名案を思いついた。ちょっとしたファンタジーを実現するのも悪くないわよね? たとえば今、うちの壁を塗っているあのセクシーな男性と…。
炎の一夜が授けた命

炎の一夜が授けた命

ニコロ・チャッツフィールドをロンドンにつれてこいですって? CEOである上司の命令に、秘書のソフィーは頭を抱えた。美しい顔立ちに反して危険なオーラをまとう彼は長年、誰も寄せつけずにひとり荒れ果てた屋敷に住んでいるのだ。どうにか屋敷に滞在を許されるが、その日の夜遅く恐ろしげなうなり声を聞いたソフィー。思わず声のする彼の部屋を訪ねるが、そこには火傷の痕に覆われた半身を露わにしたニコロが悪夢にうなされ苦しんでいて――!?
人生で最高の賭

人生で最高の賭

超まじめな幼稚園の先生モリーはラスベガス旅行で柄にもなく、バーで男性に声をかける。私にこんな勇気があったなんて…これは束の間の夢よ。しかし、彼の情熱にあらがえず、最上階の部屋につれられる。今夜かぎりの関係と約束したのに、まさか…妊娠するなんて! リストラされたばかりで途方に暮れるモリ―は、一夜の男性を探すが…たどりついたのは巨大ビル。しかも彼、リンクはそこを経営するCEOだった。妊娠を伝えられないまま、働くことになり…。
公爵に捧げた無垢な恋

公爵に捧げた無垢な恋

ピアは親友の結婚式に現れた亜麻色の髪の男性を見て、目をみはった。ホーク――3年前、ひと目で惹かれ恋に落ち、初めての夜を捧げた翌朝、突然姿を消した人。唖然とするピアに対し、ホークは変わらぬ魅惑的な笑顔で振る舞っている。しかも参列者たちから“公爵”と呼ばれ称えられていて…!? あまりの展開に憤りながらも、ホークに再び惑わされてはいけないと心に誓ったピア。しかし、事あるごとにホークと顔をあわせることになり、熱い想いがよみがえりはじめ!?
アラビアのプリンスと私

アラビアのプリンスと私

英国名家の娘キャシーはアラビアの国に滞在中、隣国のプリンスが娘の家庭教師を探していると知った。つらい思いをする母国にはもう帰りたくない…キャシーは素性を隠して応募する。採用され迎えを待つ間、キャシーのテントに突然男性が入ってきた! シーク・ジャミル…私の雇い主だわ。まさか女性が眠るテントに断りもなく入ってくるなんて! 彼はキャシーを奴隷を品定めするような瞳で見すえると「ここは私の国。許可を得る必要などない」と迫ってきて…!?
略奪された恋人

略奪された恋人

「行かないで! アンジェロ!」ロージーは悪夢にうなされ目が覚めた。3年前、恋人のアンジェロは、彼女の親友のアマンダを選びロージーのもとを去った。それも、ロージーをひどくさげすんで…。ようやく心の傷も癒えてきた今、なぜ悲劇の夢をみたのだろう。その時、アマンダの訃報を告げる電話が鳴った――。葬儀で再会したアンジェロは、以前と変わらず魅力的だった。しかし、親友の遺言を聞いたとたん、彼の瞳に憎しみ以外にも昔のような情熱が煌めいて…?
悪魔と海

悪魔と海

悪魔の子孫の言い伝えを持ち、カリブ諸島に君臨する大富豪ロシェ・ドラクロワに目をつけられたサマ。義父の賭けにより彼に売られ「1年間、娘のために妻の役を果たせば働かずに大学に行かせてやる」という提案を不本意にも受け入れた。しかし、彼女を待っていたのは屋敷にかけられた呪いだった!! 奇妙なことが起きてもロシェは、彼女と愛娘の言葉を一蹴するばかりで仕事一辺倒。もしかしたら他に想う人がいるのかもしれない…だから私たちのことが目に入らないんだわ。
ボスとの熱い一夜の奇跡

ボスとの熱い一夜の奇跡

秘書として休みもなく働き、6年間ボスのマックに尽くしてきたアンドレアは会社を辞めることに決めた。公私関係なく命令され、オフィスの備品のように扱われるのはもうたくさん。それに…彼は私の恋心に気づきもしないのだから。マックへの想いを忘れようと、引っ越し先の古民家の修繕に打ちこみ始めたアンドレア。ところがそんな彼女の前にマックが現れ「僕も2週間休みを取り、きみの手伝いをする」と告げてきた! マックとふたりきりで過ごすことになるなんて!?
切ない婚前契約

切ない婚前契約

父の再婚相手に猜疑心を抱きながらもふたりの結婚式を迎えたリジー。会場で再会した幼なじみのピーターは、リジーに求婚していたにも関わらず、新妻を伴っていた。状況がわからず動揺するリジーを救ったのは、父の再婚相手の弟ノアだった。とっさに恋人のふりをしてリジーをその場から連れ出すと、慰めではなく誘惑の香りを漂わせながら、彼女の唇を奪った。ピーターのとはまるで違う、初めてのキス――…。いけ好かない彼に私は惹かれないと思っていたのに……。
国王がついた嘘

国王がついた嘘

サンティナ王国の不名誉な姫カーロッタは、政略結婚から逃げた妹の身代わりとして、婚約者である近国の王子ロドリゲスに我が身を差し出すことにした。すべては愛する父王の信頼を取り戻すため。かつて犯した過ちを償うのに祖国を興す成婚ほど大きなチャンスはない。高慢なロドリゲスの値踏みするような視線にも耐えたカーロッタだが、次に彼が発した条件は、彼女のかけがえのない心の支えをひどく踏みにじるものだった――。果たして波乱に始まった結婚の行方は…!?
スペインの愛人

スペインの愛人

3年前、ルイス・デラカマラと出会った瞬間、ソフィーは心奪われた。けれど彼が大富豪で、いとこの婚約者だと知り、恋心は花開くことなく散っていったのだった。そして今、突然鳴った1本の電話が、残酷にもいとこの事故死を告げた。悲しみに暮れながらも、葬儀のために真夏のスペインへ旅立ったソフィーを待っていたのはルイスだった。以前にも増して魅力的な彼に、くすぶっていた熱い想いがあふれそうになる。だめ! 彼は妻を失ったばかりのいとこの夫よ――。
せつない恋の忘れかた

せつない恋の忘れかた

エイブリーは煌めく街ニューヨークでいっきに燃えあがる恋に落ち、ガイと炎のような情熱をわかちあう。だが彼女の誕生日の夜、ガイが求めていたのはただの快楽だったと知り、最悪な別れとなった。なのにソムリエとして雇われ訪れた地コロラドで再会するなんて! ガイとの一夜を思い出してしまう自分に腹を立てるエイブリーは距離を置こうとするが、そんな彼女の心を見透かすように彼は残酷な提案をする。この仕事が終わるまで気ままな関係を楽しもう、と。
暴君の甘い罰

暴君の甘い罰

両親を亡くし住む家を失ったサラ。病弱な幼い弟を抱え途方にくれていたところを疎遠だった祖母は温かく迎え入れてくれた。彼女のためならなんでもできるわ…たとえ大富豪ルークとの愛のない結婚でも。彼は亡き妻の肉親であるサラの祖母を安心させるため、サラと結婚することを選んだ。彼女を財産目当てのはしたない女だと蔑みながら。ルークは私に、妻という罰を与えるつもりなんだわ。サラは結婚を受け入れた。彼にいつか愛されることを願いながら――…。
鷹の王とシンデレラ

鷹の王とシンデレラ

「君を私の妻として迎え入れたい」カファラー王国の国王で、鷹の王の異名を持つザイードに求婚されたジェーンは、耳を疑った。自分の容姿は、お世辞にもきれいとは言えずいつもひっつめ髪に地味なスーツ姿がお決まり。ロンドンの大使館で研究だけに生きてきたのだ。しかし、彼女は妹の多額の借金に悩んでいた。返済の目途は立たず、途方に暮れていた矢先に彼はやって来たのだ。予想をはるかに超える申し出にジェーンは、妹のためつきつけられた便宜結婚を引き受けた!!
燃えるアテネ

燃えるアテネ

インテリアコーディネーターとして働くパイパーと、ギリシア人大富豪ゼフィールはビジネスパートナーでありベッドもともにする親友。気楽な関係と割りきりつつも、パイパーはゼフィールを本気で愛しはじめていた。穏やかな微笑みとは裏腹に、心に壁を作るゼフィール。あなたのことをもっと知りたい――けれどこんな気持ちを打ちあけたらふたりの関係は終わってしまう。関係が壊れるくらいなら想いは心に秘めておくの…。そんなとき、パイパーの妊娠が発覚して!?
偽りの婚約者

偽りの婚約者

ケルシーはマーシャルと忘れられないキスをした。それから4年、ふたりは偶然再会した。なんでもない間柄なのに、ちょっとした誤解から、ふたりは婚約者のフリをすることになってしまう。ケルシーは違うと言いたいけれど、事態は彼女の意志を無視して、どんどん進んでいく。どうやら彼はこの茶番劇を楽しんでいるようだった。そんな時、ケルシーの思わぬひと言で、マーシャルの顔色が急変する。何か触れてはいけないことだったの…? 彼は態度を変えずにいるけれど…。
夫は億万長者?

夫は億万長者?

ジェナは過去を清算するために、別居して7年になる夫マックと正式に離婚しようと連絡をとった。仕事中毒で家庭を顧みなかったマックは、今や弁護士として成功をおさめ、億万長者になっていた。そして、彼は離婚の書類にサインする条件として、ふたりきりで2週間過ごすことを要求してきたのだ。まあ、なんて人なの! 今さら一緒に暮らしたって、失ったものは取り戻せないのに…。しかし、ジェナはその条件を受け入れるほかなく、波瀾に満ちた2週間の生活がスタートした。
傷を負った天使

傷を負った天使

看護師のミランダが魅惑的な音色に誘われ外に出ると、見知らぬ男性がサックスを演奏している。なんて素敵なの…。 罪深いほどにやさしい声の彼に誘われるまま熱いキスを交わしたミランダ。しかし、心に深い傷をもつ彼女は我に返り、その場を逃げだしてしまった。もう誰かに心惹かれることはないと決めていた…なぜ、彼にだけ許してしまったの!? 後悔と困惑の想いを抱え、新しい職場に向かった彼女は驚愕した。彼が私の上司なの? しかも内緒の恋人を命じられて――!?
裏切りのベッドルーム

裏切りのベッドルーム

故郷へ戻ったリリーは思いがけない再会に戸惑った。ジャック! 私の初恋の人。10年前、ふたりの恋はリリーの父に引き裂かれ、彼は手切れ金を受けとったと聞かされたのに…。巨万の富を築き洗練された男性となったジャックはやさしくリリーの唇を奪った。だめ、もう私たちはもとに戻ることなんてできないのよ。そう思いながらもリリーはジャックを求めてしまう。彼が、自分を裏切って赤ん坊まで手放したリリーへの非情な復讐の罠をめぐらせているとも知らずに…。
シンデレラ失格

シンデレラ失格

ヨーロッパの小国アゴンの王宮博物館の学芸員エイミーは、皇太子ヘリオスと惹かれあい、秘密の関係を持つようになった。しかし、いずれ国王になる彼は王族から后を迎えねばならず、ふたりの関係は初めから彼の結婚が決まるまでと限定されていた。そんなとき、ヘリオスの后選びのための舞踏会の開催が決まった。思いがけない胸の痛みに、彼への愛を再認識したエイミーは、みずから身を引く決心をするが、ヘリオスは無情にも愛人を続けるよう迫り…!?
ベッドの誘惑

ベッドの誘惑

ゾーイの新しい雇い主ジェイは、いかにもプレイボーイで傲慢。彼は社内恋愛を禁じていて、その理由が自分を狙う女性社員とのトラブル防止だというから驚きだ。色目を使っていない私にまで警告するなんて自惚れ屋もいいところだわ。“移り気ゾーイ”のあだ名を耳にして節操のない女だと思っているのね。真実は違うのに…。ゾーイにとってジェイは疎ましいだけのはずだったが、ある日、秘密を知られたことがきっかけで禁じられているというのに惹かれはじめてしまい…。