熱い目覚め
テーラーメイドのスーツを着こなし、運転手つきの高級車でパトリックは田舎町にある小さな店を訪れた。目的は、姉の夫の不倫相手イゾベルを調べることだ。ところが店の扉を開けると、そこにいたのは鈴蘭とばらの香りがする不倫とは真逆のタイプの女性だった。しかし、あんなだぶだぶの服を着たさえない女と義兄は浮気するのだろうか? それとも、しとやかな顔の裏に希代の悪女の素顔を隠しているのか? パトリックは彼女のことばかり考えてしまうようになり――!?
億万長者の隠された天使
タキシード姿のネイトに一瞬で心奪われ、情熱を交わしたテスは6週間後、彼のオフィスにいた。夢のような一夜で授かった命を彼に伝えたい──だが、彼は「父親は僕ではない」と冷たい言葉を投げつけた。信じがたい態度に傷ついたテスはあの夜を後悔し、途方に暮れる。しかし不意に家に現れたネイトは再び彼女を激しく求め、テスもまた応えてしまいそうになる。いいえ、情事の相手になってはだめ。彼女は胸の痛みをこらえ、妊娠は間違いだったと嘘をつく…。
天使を抱いたシンデレラ
ウエディングドレスのデザイナーのノエルは、パーティーでこの国の王子であるクリスティアンと再会する。ノエルにとってはかけがえのない恋人だったが、理由もわからぬまま彼はノエルを捨てた。それでも、5年の時が流れた今も、彼はかわらずノエルを強く惹きつけてやまなかった。再会の夜、突然ノエルの家を訪れるクリスティアン。家のなかに入ろうとする彼を、思わず制止するノエル。決して知られてはならないの。家の中にいる彼と同じ金色に輝く瞳をした息子の存在を…。
忘れ去られた新妻
トマス・ギャロ! “元夫”との再会にザラの心は震えた。彼女にとって大富豪のトマスは恩人であり、憧れの存在だった。両親亡きあと、おじに使用人同然にこき使われて成長したザラを、トマスは偽装結婚を申しでて救いだし、解放してくれたのだ。あの夜のキスを今でも思い出す。あれから2年。時の流れと関係なく彼は私に気づいていないようだ。トマスが事故の後遺症に苦しんでいると聞き、居ても立ってもいられず屋敷を訪ねたが…まさか、記憶を失ってしまったの?
愛されない娘
チャリティ・カフェの店長に選ばれたニーンは、雇い主であるリコが気になって仕方ない。それは単にハンサムというだけでなく、世界の救済という大義を持ちながら、どこか人に心を閉ざしている節があるからだ。率直なニーンにとっては何かと衝突する相手だが、ある日ふたりの意見があった瞬間、リコは熱い口づけを彼女に与えた。ただの親愛の印と思いつつニーンの胸は高鳴った。つらい過去から愛の交わし方を知らない彼女の、それは苦悩の恋の始まりだった――。
心の鍵は誰のもの?
19歳のニコラは、病死した父の仕事のパートナーであるブレットと結婚した。幼い頃から恋焦がれていた彼との結婚は、天にも昇る心地だったが、素直に喜べない理由がある。この結婚は財産目当ての輩にニコラが狙われるのを危惧した父が、ブレットに依頼した形だけの結婚だからだ。そして時は経ち、本物の夫婦になれるよう願うニコラの思いもむなしく期限の21歳の誕生日、別れの時がもうじきやって来る。彼に指輪を返し、この部屋をあとにするときが――。
壁の花の叶わぬ恋
女学院に捨てられていたジョアンナにとって、学校は我が家そのもの。でも、19歳になったら家庭教師としてひとり立ちしなければ! 親友や先生との別れはつらいけど、派遣先の准男爵家で家庭の雰囲気を味わえるかも…。ところが、待ち受けていたのは一家の娘たちに侮辱される日々。ある日、付き添いで出た舞踏会で彼女は威風堂々とした貴公子ルークに窮地を救われる。身分に関係なく優しく接してくれる彼に恋心を抱くが、伯爵家存続のため花嫁を探す彼は雲の上の人で…。
大富豪と人形の花嫁
大富豪のスコットは、取引先で出会ったサラに一目惚れ。「すぐにでもその指に指輪をはめなければ!」誓いどおりに3か月で結婚までこぎつけるが、ビジネスでは無敵のスコットも妻の愛にはいつも不安で…。結婚記念日に1通のメールが届くと、そこにはサラと同僚の密会を匂わせる写真が…。我を忘れたスコットは激情を抑えきれず彼女を欲望のままに抱いた。浮気を疑いながら自分を抱いた夫への不信感から家を飛びだしたサラ…。でも体は彼の愛撫を忘れられなくて…。
真夜中の誘惑
地質学者のケイトリンは父親が経営する石油掘削会社の現場監督グラントと、狭いトレーラーハウスで一緒に生活することに。お嬢様育ちの私にとって彼はまわりにいないタイプ。精悍な顔立ちに労働で鍛えあげられた雄々しい体。シャワーのあと何もまとわない上半身は刺激が強すぎるわ。しかもウブな私の反応をからかうように、グラントは獣のような鋭い目でたくましい胸板を寄せてきて…。私このまま奪われてしまうの? ここに来た目的は恋ではないというのに――!!
拒まれた愛
初舞台で大成功を収めた新進女優アナスタシアの前に精悍な男性が現れた。危険な魅力に満ちた彼を私は知っている…そう、6年前に私を拒んだジェド。あの頃、父の屋敷に出入りしていた彼が何者で、どこに住んでいるのか何も知らなかった。ただわかっていたのは、ひと目で彼の虜になったこと。そして彼も私を── でも勇気を出して告白した私を、彼は子ども扱いして拒んだのだ。6年経った今も変わらず魅力的なジェド、あなたはいったいなんのために私の前に現れたの……?
天使を抱いた氷の富豪
名家の御曹司ジェイコブとの恋に終止符を打って2年…フィラデルフィアの大会社でCEOをしている彼が、この小さな町に戻ってくるなんて!? 当時、彼の子を宿したケイトにジェイコブの祖父はお金と引きかえに彼と別れ、お腹の子を堕ろせと尊大な態度で命令した。逃げるように町を出たケイトは、彼の祖父が亡くなったことを知り故郷に戻ることにした。が、予期せぬ再会を果たしたジェイコブは、子供の存在を知り「父親は僕だ! なぜ黙っていた?」とケイトを罵り――。
あなたに捧ぐ詩
最愛の恋人に南洋へと旅立たれ、さらに父も亡くしすべてを失ったジュリアンナは、卑劣な義兄の命令で見も知らぬ男性に嫁ぐことに。結婚式当日、彼女の前に現れたのは20歳も年上の男性サー・エドマンド。こんな冷淡で人を寄せつけない男性と、これから一緒に過ごすなんて…! 不安なジュリアンナに、彼はなぜか清い関係でいることを提案。ともに暮らしサー・エドマンドの優しさにふれるうち、ジュリアンナは彼に心惹かれていく。そんな彼女の前に恋人が戻ってきて…!?
プリンスとの夜
カーラはいつも地味に控えめに生きてきたが、ある日偶然公園でぶつかった男性マイクにときめきを覚え、甘い一夜を過ごした。だが、目を覚ますと彼の姿はなく、カーラは砕かれた心と愛の結晶を抱いて日々を過ごしていた。もう二度と彼と会うこともないだろう――数か月後、親友の結婚式準備を行うために訪れたエリアソン国の空港で、カーラはマイクと再会する。そして衝撃的な真実を知る。彼は親友の兄で、エリアソン国の王位継承者ミハエル王子だったのだ――!
愛し子の肖像
17歳のとき、アンジェラは望まぬ妊娠をした。貧しい彼女はなすすべもなく、生まれた子をある優しい夫婦の養子に出した。そんなある日、娘の養父母が不慮の事故で亡くなる。我が子が心配でいても立ってもいられないアンジェラは、娘の後見人となった養母の弟ニックを必死になって探しあてた。ロンドンに邸宅をかまえるニックは多国籍企業の経営者で、多忙のため、引き取ったばかりの姪のナニーを募集していた。アンジェラは娘に会うため素性を隠し、ナニーとなるが…。
ナニーの身分違いの恋
苦学生トリッシュは大富豪ネイトに破格の報酬でナニーとして雇われる。突然両親を亡くし、引き取ることになった彼の姪を彼女だけが泣きやませたからだ。彼はアプリ開発で巨万の富を得た今、最も新しい億万長者で、独身男性トップ10に選ばれるほど世間をにぎわす男性だ。まさか謎めいた私生活の裏に、子供思いの優しい笑顔を隠していたなんて…。でも、いくら彼と同じ家で暮らし、同じ時間を過ごしても、貧しい私とは住む世界が違う。恋をするなんて間違っているわ。
ロマンスのレシピ
エムのTVプロデューサー生命は危機に瀕していた。失敗を挽回するには上司が指定した料理番組の成功しかない。主役にはNYで人気急上昇中の天才シェフ、ジェイコブが必要よ。なんとか口説き落とさなきゃ! 偵察のために彼の店のあるホテルを訪れたエムは、エレベーターの中で、艶やかな黒髪に底知れぬ黒い瞳のミステリアスな男性から突然キスされて…。彼はまるで素材を吟味するかのようにエムの唇を味わった。運命のカギを握る相手に、こんな形で出会うなんて。
まぼろしのプリンス
“ガース・レミーを捜しだし、宮殿へ連れてくるように”―― カラメール公国王宮警護隊に属するセリーナは、ローヌ大公に極秘任務を命じられて驚愕した。高校時代、スポーツ万能だが周りと群れない一匹狼の彼にセリーナは想いを寄せていたからだ。彼が王家の血をひくプリンスかもしれないなんて…。久しぶりに再会した彼は、大人の魅力あふれるたくましい男性になっていた。淡い想いを秘めながら、セリーナは王室を取り巻く謎を彼とふたりで探ることになり――!?
百万ポンドの偽の花嫁
花婿の裏切りを知ったアテナは結婚式場からウエディングドレスのまま逃げ出した。式場の2階から落ちた彼女を受けとめたのは世界的ファッションデザイナーのルカ。しかし、これが一大スキャンダルになる。花嫁を奪ったと報道され、ルカは婚約解消されてしまったのだ。35歳の誕生日までに結婚しないと遺産相続ができない。遺言のための婚約だったとはいえ、焦ったルカは行くあてのなくなったアテナに百万ポンドの報酬で1年間の偽装結婚をもちかけ…!?
愛を宿した個人秘書
「彼に会わせて!」社長のセサル・モンテロが交通事故に遭い、病院に搬送されたが個人秘書のソーチャは身内でないという理由で面会すら許されずにいた。彼のもとで働きだしてからずっと惹かれる想いを隠してきたが、その想いが実を結んだ直後の不運。そのうえ、彼の婚約者は“独身最後の火遊び“に対しての手切れ金を渡してこようとする。セサルの愛は一夜の幻だったのね…絶望したソーチャは姿を消した。彼とはもう、永遠に会うことはない…!?
恋と冒険のはじまり
親の言いなりになってばかりの自分を変えたい。令嬢ジェナは、思いきってルームメイトと一緒に夜の街へと繰り出す。社交界デビューは目前。親の言いなりに結婚するよりも…恋がしたい。ジェナは危険な魅力をもつ男性ブレントと出会い、目が離せなくなる。ぐっと抱きよせられるだけで胸の高鳴りが止められない。手ほどきをしてもらうなら、たとえプレイボーイでも彼のような人がいい。だが、彼は「お嬢さんの遊びにつきあう役はごめんだ」とまるで子供扱いで…!?
砂嵐の夜に抱かれて
カリラは中東の小国ザラクの王女として、同盟国カリスタの王との結婚を幼い頃から決められていた。約束の年、カリラを迎えに来たのは花婿ではなく、その弟アーリフ王子だった。迎えすら代理人にまかせるなんて…私は愛なんて見つけられないのかもしれない。感情を爆発させた彼女は隙をついて逃げ出す。砂嵐のなか、ひとりで彼女を追ってきたアーリフに見つけられたとき、カリラの体に熱いときめきが走りぬけた。テントでふたりきり閉じこめられ、心は危険なほど揺れた。
涙はあなたの肩で
由緒あるクロスビー家のひとり娘レオノーラは、紹介された人物を見て驚いた。数日前、目があった瞬間そのあまりにハンサムな姿に、魂をとられたかのように動けなくなってしまった男性ジェームズだ。村の診療所に新しいドクターが来ると聞いていたけど…まさか彼だったなんて! ジェームズの青い瞳に探るように見つめられ、レオノーラは神経がざわめき体の中心が熱くなった。なぜこんな情熱を覚えるの? 私は婚約者と結婚して、没落した家を支えなければいけないのに。
ボスとスキャンダル
あのヘンリー・デボンシャーが上司になるなんて。新しい職場でアストリッドの胸は期待と不安でいっぱいだった。彼は元ラグビー選手で、アストリッドの憧れの人。仕事に集中すれば大丈夫…自分に言い聞かせるアストリッドをなぶるように、プレイボーイと名高いヘンリーはやさしく唇を奪ってきた。だめ…社内恋愛で身も心も傷ついたあの過去を繰り返すわけにはいかないのに! たとえ彼があの男のような人間ではなくても、私には妻や母として生きる道はないのだから。
愛をはぐくんで
父を亡くし、想い出の家を継母と美しい義姉に売られてしまった看護師のチャリティ。絶望の淵にいる彼女は、プレイボーイで有名な内科医の毒牙にかかってしまう。彼を信じてオランダへ旅立つが、間もなく自分は遊び相手だと気づく。涙に暮れるチャリティの前に現れたとびきりハンサムな外科医ブロンス教授は何かと優しく、子供たちと住む家にも招待してくれる。でも、こんな素敵な男性が地味で冴えない私を好きになるわけないわ。子供の家庭教師くらいに思ってるだけ。
異端のギリシア大富豪
ギリシアの旅行会社で働くアンドレアは、企画した国内ツアーのトラブルで大富豪のスタヴロスと親しくなった。頼もしい彼に芽生えた淡い恋心。でも高嶺の花として眺めるだけ。何より彼女自身、男性を愛することに恐れを抱く理由があった。アンドレアは距離を置こうとするが、かえってスタヴロスの心に火をつけてしまう。週末ふたりで旅をして恋人に見あう男か判断してほしいとまで言われて…。私を追いつめないで。答えは決まっているけれど、伝える勇気がまだないの…。
カリブの娘
かつて社交界の女王と呼ばれたミランダが暮らすカリブ海の無人島に、突然ルイスと名乗る男が不法侵入してきた。彼はミランダの境遇を知り尽くしており、その語り口は高圧的だ。しかもトドメとばかりに衝撃の言葉を放った。「君の伯父さんからこの島と、君の人生の1年間を買った」と。ひどいわ伯父様!! 私はあなたのせいで俗世間を捨ててひとり島で生きていくと決めたのに…。ミランダはルイスに唇を奪われ、怒りよりも先に熱く疼いてしまう体に動揺した――。
子供じゃないのに
雄大なテキサスの牧場で育ったアビーは、もうすぐ21歳。いまだに恋愛未経験で彼氏すらいない。その原因は、後見人のカルフーン・バレンジャー。彼女にとって彼は、両親を亡くしたあと引き取って面倒を見てくれた兄のような存在で、町では有名なプレイボーイ。しかし、アビーにとって彼は恋するには十分の相手。だが、彼に妹のようにしか見られず、いつまで経っても子供扱い。どうしたら大人に見られるかしら。彼女は、一人前の女性であることを証明しようとするが…?
ねじれた愛
傲慢で魅力的、ゴシップ紙をにぎわすプレイボーイで実業家マックスの新しい秘書に自分が雇われた理由をダーシーは誰よりもよくわかっていた。髪型も容姿も平凡な私なら決してボスの気を散らさないから。ところがマックスは、そんな地味な秘書と結婚すると言いだした。一世一代の大口契約のため、家庭的な男を演じる必要に迫られたのだ。彼ほどのプレイボーイが私を妻に? 誰も信じるわけないわ。拒む彼女に、彼は「誰しも人には値段がついている。君はいくらだ?」
夏草のメルヘン
貧民街の再開発計画に反対を唱える団体の若き統率者マーシーは、対立する大企業からの交渉要員ランダルと一戦を交えることに。私のおばが遺した街の中央にある館。どんなに脅しても大金を積んでも手放さないとわかったら、今度はハンサムな男性を送り込んで色仕掛けで落とそうという魂胆ね。安易な戦略を鼻で笑うマーシー。だが野性の少女の気高き意志と無垢な体は、しだいにランダルの大人の色気に、大胆な誘惑に、何より彼の驚くべき正体に翻弄されていく――!?
君主との冷たい蜜月
ポリーは実の父をさがして、砂漠の国ダーリアを訪れていた。しかし突然、空港で身柄を拘束され、王宮へ連行されてしまう。そこに現れたのは美しき支配者、ラシャド国王。彼の鷹のような目と威厳に、ポリーは胸の高鳴りを覚えた…。そしてわけあって王宮に滞在するうち、思いがけず彼にプロポーズされる。彼に心を囚われていたポリーは承諾するが、この結婚に愛はなく、彼の国王としての義務感からだった。けれど彼女は信じていた。いつかこの愛が彼に届くと――。
プリンスの条件
“世継ぎは王族以外と結婚してはならぬ”トーレス公家は200年、その掟に縛られていた。テレビ局のプロデューサー、アネグレットはその条約の証である門外不出の絵画の放映許可が欲しい、スクープを撮りたいと思って城を探索していた。しかし、不慮の事故で意識不明になってしまった彼女を救ってくれたのは、あろうことかトーレス公マキシム王子。誠実で、真摯に国民を思う彼に惹かれていくが…だめ、王族は冷たく愛を捨てる人たちよ。この恋に未来なんてないの。
貴公子と床磨きの乙女
覚えていたのは名前と年齢だけ。道端をひとり歩いていたところを保護され、里親を転々とする不遇な子供時代を過ごしたマギー。ある夜、コーヒーショップで働く彼女が床磨きをしていると、護衛たちを大勢ひきつれた尊大な男性がいきなり入ってくる。彼はコンスタンティン国王レザと名乗り、厳かに口を開いた。マギーは彼の隣国の、行方不明だったプリンセスだというのだ。国王自ら王女教育をするというが、その理由は――「君は生まれたときに私と婚約したからだ」
名目だけの花嫁
ウエディングドレスが着られるなんて夢みたい。クリスティーナは美しく変身した自分の姿に胸を躍らせた。みにくいアヒルの子とあだ名され、親から冷たく遠ざけられてきた自分に結婚なんて無縁だと思っていたのに。しかも相手はずっと憧れていた男性…アレンチア国の皇太子アントニオ。私の役目は彼の妹のスキャンダルから国民の目をそらすため彼の名目上の花嫁になること。偽りの結婚なんだもの、彼に愛してもらえるはずがないとわかっているのに…なぜ苦しいの…?
愛あれば
ロンドン屈指の大手企業の社長ライアンから呼び出されたカシアは、身に覚えのないミスで一方的に咎められ会社をクビになってしまう。次の仕事を探すも面接前から断られてしまい理由を聞くとあのライアンから直々に命令されて雇えないと言う。しかし、次の面接では採用され怪しんだ彼女は、思い切って彼に連絡すると意外な優しさを見せられ戸惑ってしまい!? 今まで思いやりのない傲慢な人だと思っていたのに何度も電話をするうちに彼との電話に喜びを感じはじめ…。
妖精の涙のわけ
高級ホテル<チャッツフィールド>の一族のひとり、カーラは新CEOの命令でラスベガスにあるホテルでカジノの接待役を務めることになった。一族の恥さらしと言われていた彼女にとって名誉挽回のチャンス。…そんな時に限ってトラブルの連続! 飛行機の到着時間が遅れたうえに、空港で大富豪エイダン・ケリーと正面衝突し「ピンク頭の商売女」と罵られてしまう。なんて傲慢な男なの! 数時間後、カーラは彼と再会し、しかも賭けの対象にされて――!?
愛に戸惑うとき
国立公園のレンジャーとして働くジリーは、最愛の夫を亡くして2年。ある日、公園のなかで素敵な男性と出逢い、心がときめく。夫を亡くして以来、こんな思いは初めてだった。数日後、その男性が彼女の職場に現れる。彼の名はアレックス、火山学者として赴任してきたという。彼は青少年更生プログラムとして少年をひとり預かっていた。ジリーはこの少年を通じて、アレックスと心を通わせていく。だが彼女の心のなかには、いまだ亡き夫への愛がくすぶっていた……。
消えた記憶と愛の証
土地の境界線を巡り代々争いつづけているホルト家とテイラー家。そんな犬猿の仲の家族の子供たちが恋に落ちた。ジェイクとスカイ、結婚を猛反対されたふたりは、かけおち同然で故郷の街を出た。それから4年、スカイは自宅に離婚申請書だけ置き、姿を消してしまう。ジェイクは必死に彼女を捜し、二度と帰らないと決めていた故郷で彼女を見つける。しかし、やっと会えたスカイは事故に遭い記憶喪失になっていた。その姿はまるで愛あふれる新婚時代の彼女そのもので…。
見はてぬ蜃気楼
国民に人気の侯爵令嬢にそっくりな容姿のリディアは、つかの間の自由が欲しいという令嬢の願いを知り、代役を買って出た。彼女と入れかわって中東の国へバカンスに行き、パパラッチの目をひきつける…きっとうまくできるはず。ところが旅立ちを前に、王族の一員である男性カリルが現れた。彼はバカンスの間、リディアをエスコートしてくれるというそんな…黒豹のような鋭い眼差しをもつ美しいこの男性に、正体を隠しとおすことなんてできるの?
宿敵に魅せられて
未亡人のエレインは非情な実業家ミッチェル・ラースに追い詰められていた。彼はエレインが経営していたキルト会社を買収し、2週間後には借金の担保にしていた亡き夫の豪邸まで奪おうとしている。返してほしければ受け入れ難いある条件を満たせと言うのだ。私は屈するしかないの? 恐ろしく美しい顔で弱者を食い物にする「禿鷹」と呼ばれるこの男に…。嘆きながらも屋敷を取り戻すために従うエレインだが、思いがけずミッチの優しい一面を知り、不覚にも心惹かれて…。
キスより先は契約違反
エリカは小さな頃から父との間に壁を感じていた。そして、ある日突然やって来た弁護士クリスチャンから衝撃的な事実を告げられる。――私は父の子じゃなかった! エリカは大富豪ジャロッド家の隠し子で莫大な財産相続人だと言うのだ。自分のルーツを知るため、エリカは不安な気持ちを抱えたまま兄姉たちが待つコロラドへ向かう。それを察したクリスチャンはやさしく彼女を気遣い、気づけばふたりは惹かれあうが…彼は“契約”に縛られ、キスすら許されない関係だった。
大富豪の約束なき情熱
大富豪ダニールのオフィスに向かうなか、リビーは憂鬱だった。養護施設で育ち、名家の養子となった彼に両親の結婚記念パーティーに出席してもらわなければならないのだ。私に説得できるかしら? 不安を振り払いオフィスに入ると、圧倒的な存在感を放つダニールに釘づけになる。彼は説得には耳を貸さず、欲望のくすぶる瞳で見つめてきた。悪魔のような魅力に抗えず一夜をともにした数日後、彼はリビーの前に現れた。パーティーに出る代わりに恋人役を演じろと言って…。
ひめやかな情事
プログラマーのアイビーは、出張でアドリア海にある島国ランタニアに来ていた。偶然知り合ったコンサルタントのマックスと意気投合し、純潔を捧げてしまう。彼にとってはたわむれとわかっていても夢のような一夜…。それから2か月、彼女はタブロイド紙でとんでもない記事を目にする。それはランタニアの王子の熱愛記事。あろうことかそこに写っていたのは、マックスとアイビー自身だった。そんな…どうしよう…。お腹の子どもの父親が王子様だなんて――!
素顔の億万長者
テキサスの億万長者タイソンが率いる慈善団体のアシスタントとして雇われたメリ。彼と働くうちに誠実で気取らない姿に心惹かれていくが、実は彼女の正体は元トップモデル。パパラッチに追われる生活にうんざりしていたメリは、あることを機に虚飾の世界から逃げ出したのだ。そして美しさを地味な服と分厚いメガネで消し去り、憧れていた普通の人生を手に入れたのだが…。正体がバレたらすべてはおしまい。何よりタイソンは嘘つきが大嫌いで――!?
カリアキスの秘密の跡継ぎ
国王の伝記制作のため、地中海の島国アゴン王国を訪れたジョーは出迎えに現れた王子様を見て驚愕した。テオ! 5年前、身も心も捧げた運命の恋人。しかし、リゾート島を出ていった彼から連絡はなかった。その彼が、まさかテセウス殿下だったなんて。彼は偽名をつかい、短いアバンチュールを楽しんだに過ぎなかったのだ。ジョーにとっては最愛の息子を身ごもり、人生を変えた夜だったけれど。そして今夜、彼は王家のため舞踏会で未来のお妃探しをすると聞き――。
ジュリエットの純愛
駆け出しの舞台女優ミナは、客席から見つめる男性に心奪われた。世にもセクシーな彼はアクセルと名乗り、舞台の打ち上げ後、ふたりは急接近すると熱い一夜をともにした。ところが翌朝、彼が北欧の公国ストーヴァルの大公であることを知る。しかも、インターネット上にホテルに入るふたりの写真が流出してしまった。話題作りのために利用されたと誤解され、アクセルは彼女を罵倒し姿を消してしまう。わたしの愛を信じてほしい…ミナは彼を追い極寒の国へと向かうが?
プリンセスの憂鬱
トーレスの王女ジゼル・ド・マリーニは不満だった。200年も前に定められたメリサンド憲章のせいで、どんなに才覚があっても独身である限り、女性が城管理責任者の地位につくことは許されないからだ。でも地位のために好きでもない相手と結婚したくない――そんなある日、城で開催された仮面舞踏会で、ジゼルは謎めいたブルーの瞳の男性と巡りあった。何かを感じたジゼルだったが、素性がわからぬまま男性は去ってしまう。しかし、彼との再会は意外な形でやってきて…!?
愛を宿したウエイトレス
イタリアの建築家レンツォ・サバティーニ…その才能と美貌に世界がひれ伏す神のごとき男――。ウエイトレスのダーシーはレンツォの気まぐれな寵愛に思い悩んでいた。ただの慰み者と自分に言い聞かせながらも肌を重ねるごとにつのる想い。でも繋いだ体が離れたとたん、身分が違うふたりの関係はただの夢物語だと思い知らされる。あまりの切なさにダーシーは別れを決意した。それがレンツォの支配欲を煽り、手切れのはずの旅行で神を悪魔に変えてしまうとも知らずに!
暗闇のヴィーナス
大学卒業を機に故郷の村を訪れたレイチェル。そこは、幼い頃に両親を亡くし村人たちに育てられた彼女にとって、大切な場所であり哀しい記憶の源でもあった。叔父夫婦に保険金目当てに殺されかけた消したい過去の――。レイチェルの命を救ったのは、村で語りつがれた吸血鬼伝説の主人公そのものの美しき男性。「君はひとりじゃない。君には僕がいる」と囁く声は、成長した今も耳にこだまする…。彼の姿を求めつづけるレイチェルの前に、伝説の吸血鬼と同じ名前の男性が現れ!?