magazine

マンバ通信

『乙嫁語り』原画展を見に外務省へ行ってきました
『乙嫁語り』原画展を見に外務省へ行ってきました
写真川瀬一絵(ゆかい)こんにちは、マンバ通信のドッグナマコです。 もう1ヵ月以上前の話で恐縮なのですが、8月末に『乙嫁語り』の原画展が開催されました。しかも場所は外務省。えっ……外務省!?ふだん...
超絶ブサイク女子の切なすぎる末路──『定本 エリノア』の巻
超絶ブサイク女子の切なすぎる末路──『定本 エリノア』の巻
18歳の若さでこの世を去った少女マンガ家がいる。名を谷口ひとみという。1966年の『週刊少女フレンド』に掲載された第4回少女フレンド新人まんが入選作『エリノア』は、彼女が少女マンガ誌に発表した最...
『二つの「この世界の片隅に」』extra
『二つの「この世界の片隅に」』extra
柄闇市の帰りにいつの間にか帰り道がわからなくなってしまったすずは、遊郭の中に迷い込み、そこで初めてリンに出会う。初対面の二人は、原作のマンガ版で、ちょっと気になる会話を交わす。リン「あんたもよそ...
不穏さがページごとに満ちていく、押見修造『血の轍』
不穏さがページごとに満ちていく、押見修造『血の轍』
毎月何十冊と刊行される「1巻」の中から、「とにかくこれを読んでくれ!絶対損はさせない」というおすすめをピックアップするこのシリーズ。今回紹介するのは、押見修造「血の轍」。最初に言いますけど、この...
料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率
料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率
こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。料理バトル漫画で、まことしやかに語られている噂はご存知でしょうか。そう、「後攻で皿を出した料理人が勝つ」です。確かに、漫画の構造を考えれば、後攻が有...
不動産屋さんと読むマンガ。密林不動産 菅野弥生さんの場合
不動産屋さんと読むマンガ。密林不動産 菅野弥生さんの場合
写真 ただ(ゆかい)マンガって、さまざまなテーマやジャンルが無限にありますよね。自分とはあまり関係ないジャンルのものを読んでみると、これまで知ることのなかった世界のことがおもしろおかしく描かれて...
「ロッタレイン」、あるいは松本剛という作家のこと
「ロッタレイン」、あるいは松本剛という作家のこと
何年も連載しているのに1巻が出なかったマンガいきなり回り道してもいいですか。マンバ通信のスタッフに、「マンガ読みマン」と呼ばれている男がいるんですけども。文字通り、とにかくめちゃくちゃマンガを読...
東京での個展は初!「真造圭伍・トーキョー展」へ行こう
東京での個展は初!「真造圭伍・トーキョー展」へ行こう
こんにちは、マンバ通信編集部です。昨日予告した通り「編集部がぜひとも行ってほしいと思う原画展」第2弾。9月19日(火)から阿佐ヶ谷のスペース煌翔で開催予定の「真造圭伍・トーキョー展」のご紹介です...
高野ファン、昭和好きは必見『高野文子の描く昭和のこども原画展』
高野ファン、昭和好きは必見『高野文子の描く昭和のこども原画展』
こんにちは、マンバ通信編集部です。ここ最近、徐々に涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。いわゆる秋というやつ。日差しもすこしやわらいできて、お出かけもおっくうじゃなくなってきた気がします。そ...
神聖ローマ帝国にサムライ見参! その名は『イサック』
神聖ローマ帝国にサムライ見参! その名は『イサック』
世の中にあまた溢れる新作マンガの「1巻」の中から、注目の作品を紹介するこのコーナー。今回紹介するのは「イサック」。原作は「勇午」の真刈信二、作画は「死がふたりを分かつまで」のDOUBLE-Sとい...
目をつぶるゲンの声
目をつぶるゲンの声
『はだしのゲン』で歌い語られるもののなかでも特に印象的なのが「壺坂霊験記」だ。ゲンが「ころは六月中のころ~~~夏とはいえど片いなか~~~」と唸る、あの曲である。(『はだしのゲン 』 中沢啓治より...
『天然コケッコー』の世界で肉はどれだけ貴重なのか
『天然コケッコー』の世界で肉はどれだけ貴重なのか
こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。皆さんは、天然コケッコーという作品はご存知でしょうか。天然コケッコーとは天然コケッコーは、『コーラス』で1994年から2000年にかけて連載された少...
『はだしのゲン』の歌
『はだしのゲン』の歌
歌の持っている時間の力はおそろしく強い。すでにこの「マンバ通信」の赤塚不二夫の回でも論じたように、マンガというメディアに、よく知られた曲の歌詞が書き込まれたとたん、それは音のない音楽の時間となっ...
マンガTシャツ数あれど抗い難く毎年買ってしまうTシャツの話
マンガTシャツ数あれど抗い難く毎年買ってしまうTシャツの話
こンにちわ、マンバ通信の伊藤ガビンです。夏じゃないです夏じゃないですかまだ夏じゃないですか。だけど雨多いじゃないですか梅雨終わってからの雨雨雨じゃないですか。洗濯物が乾かないじゃないですか乾燥機...
マンバ通信『この世界の片隅に』関連記事24本まとめ
マンバ通信『この世界の片隅に』関連記事24本まとめ
こんにちは、マンガを語りたい気持ちをブーストするサイト『マンバ通信』です。日本の8月は、広島・長崎の原爆や、終戦の日など、戦争について思いを巡らすことが多いですよね。マンバ通信では、アニメーショ...
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて[後編]
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて[後編]
この記事は、月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いてというニュース記事の後編になります。ニュースなのに後編っていったいなにが起こっているんだぜ……...
ドカベン31巻のすごさについて言いたくて……夏
ドカベン31巻のすごさについて言いたくて……夏
最初に結論を言いますね。「ドカベン」31巻は、「ドカベン」シリーズ史上最高の巻である。水島新司「ドカベン」31巻(少年チャンピオン・コミックス)自分と「ドカベン」との出会いは高校生のとき。古本市...
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて
こんちは、マンバ通信の伊藤ガビンです。風も涼しくなり、過ごしやすい日が増えてきましたね(希望)。ここでニュースです。さてマンガファンのみなさんは、MdNという様子のおかしいデザイン系の雑誌がある...