ブルーピリオド 12巻
成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、ど
ヴィンランド・サガ 26巻
千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の
宇宙兄弟 41巻
2025年。兄は、もう一度だけ自分を信じた。筑波経由火星行き
艦隊のシェフ 2巻
第二次世界大戦中の太平洋。常に最前線にいた駆逐艦・幸風。その
ラストジェンダー ~何者でもない私たち~ 3巻
とあるハプニングバーに集まるセクシャルマイノリティの人々の物
上京生活録イチジョウ 4巻
東京都‥‥板橋区大山‥‥!帝愛裏カジノ店長にして、悪魔的パチ
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2022/05/14
セックスしたいだけなのに #1巻応援
性欲が強い人も、なにかと大変だと思います。男性であれば、性を謳歌する事がおおらかに認められる文化がある。それが女性であれば、とたんにモラルの奥に隠される。そんな女性の性欲が可視化され、さらに誰にも否定されないところが、この作品の第一の美点です(この言動が、性犯罪者男性の言い訳に使われかねない事には注意が必要)。 台湾人のT子は、自らの欲望に従って日本の男とセックスしに来る。1巻にして既に4人。 猪突猛進のT子。はっちゃけぶりと暴言に思わず吹き出してしまう。エロい事をガンガン言い、いつも発情している様子はコメディとして笑える。 対する日本人男性は、みなイケメンかつハイスペック。しかしここで面白いのは、T子がなかなか満足しないところ。 T子のやりたい事ははっきりしている。ただセックスしたいだけなのに……と言いながら彼女の欲求、フェチや性交の頻度等は独特で強固。しかしそれを満たすには「違う人間である」相手側と、互いの欲求を擦り合わせなければならないはず。そしてT子には、その視点は今のところなさそう。 彼女は社会規範から自由で、堂々と主張できる人なのですが、それは実は、彼女の人生を充実させるほんの数歩目なのかも、と感じるのです。 まだ1巻。最高の快楽体験のために、友人に色々突っ込まれつつ迷走するT子に何が必要なのか……それは最後まで読まないと、わからないのかもしれませんね。 (なぜ日本なのかについては、フェチ的観点と台湾社会の点から語られます。外から見た日本は面白い!)
banner
banner
banner