view
特集
主人公が公務員の作品を集めました
ダンダリン一〇一
労働基準監督官を知っていますか?――労働基準監督官は、労働者の保護を職務とする、いわば「労働Gメン」だ。なかでも段田凛(だんだ・りん)と先輩・土手山(どてやま)のコンビは極端に熱心。タチの悪い社長には逮捕で臨むなど、監督官の権限を限界まで使い切るほどイケイケだ。彼ら監督官の活躍と七転八倒を描くこの作品は、「はたらく人」必見の新ヒーロー物語だ!
健康で文化的な最低限度の生活
新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――新聞メディアはもちろん、現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ![生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!
わたし、公僕でがんばってました。
1章公務員のほんとうのところ/2章公務員のおかしなところ/3章わたしの新人研修時代/4章芸術文化課と阪神大震災/5章公務員と異動・大学事務部時代/6章社会の縮図・福祉事務所時代のこと/7章公務員の退職、転職の話/公務員の方がこんなにも大変なお仕事をしていることを知りませんでした。「おおやけのしもべ」として、今日も懸命に働く公務員のみなさんに、感謝の気持ちとエールを送りたい……。そんな気持ちで書かれた本作は、公務員の方だけでなく、公共サービスの恩恵にちょっとでも与ったことがあるすべての方に、読んでいただきたい作品です。
ゼイチョー! ~納税課第三収納係~
幸野市役所納税課に勤める百目鬼華子は、クールな見かけとは裏腹に、お客の前で机にペンを突き刺すなど、予測不能な行動も多いマイペースな新人職員。脱力系チャラ男公務員・饗庭蒼一郎とペアを組みワケあり滞納者と毎日本音で向かいあう!
icon_crown
ランキング
勝手におすすめ
また読みたい
雑誌新連載
「また読みたい」名作をシェアしよう

何度でも読みたい名作を「また読みたい」で記録しよう
記録したらみんなにシェアしよう
かげきしょうじょ!!
世紀末博狼伝サガ
エスプリト
ガチンコッ!
icon_thunderbolt
最新の投稿
クチコミ
また読みたい
犬ヶ島
pencil
影絵が趣味さんの感想
ドラゴンヘッドを境に、線の多くて動的な暗いコマ作りから、線の少ない静的な明るいコマ作りへとペンタッチを改め、さらにはペンネームまでをも改めた望月ミネタロウですが、近年では静的なペンタッチにさらに磨きがかかり、ほとんどコマのなかで繰り広げられる人形劇といわんばかりになっています。 そんな望月が新たに選んだ主題が、映画監督からストップモーションアニメの監督に触手をひろげるウェス・アンダーソンの最新ストップモーションアニメです、そして、このめぐり合わせは何と起こるべきして起こったことなのでしょう。 ウェス・アンダーソンというひとは映画監督の時代からすでにストップモーションアニメのような画面をつくっていました、それこそ役者さんに人形劇の人形のような演技をさせるんですね。はたしてそんな映画が面白いのかというと、これがほんとうに面白い。本来ならカメラが追うべき人間が止まっていることで、かえって、カメラに映るそれ以外の全体が、つまりは物語の全体が躍動してくるのです。人は止まっているのに列車は走っているとか、人は止まっているのに自動車が家に突っ込むとか、そんな当たり前の物の動きがいっそう躍動してみえるのです。 望月が静的なコマ作りで目論んだものとは、まさしく、生まれもジャンルも異なるウェス・アンダーソンと知らず知らずのうちに共鳴してのことだったのではないでしょうか、望月はコマを静止させることで、かえって、コマからコマへの連結を躍動させしめたのです。ゆえに、ウェス・アンダーソンと望月ミネタロウの邂逅は必然的なものと言わざるを得ないと思うのです。
magazines
マンバ通信
icon
きょうの新刊
2018年5月27日の新刊情報はありません
icon
最新の画像
僕はこの漫画で...
秋田に旅行に行...
そこでこしのさ...
映画でみた人に...
 魔法少女リリ...
単に前にも巨大...
icon
わかる
なおなお
2018/05/24
母親視点での佐野家の事件後、という感じだろうか。冤罪被害者とその家族が題材なので、必要なエピソードだったと思う。鈴の「孤独だったのよ。孤独って人の心を壊すの…病んでいくのよ…」のセリフが印象的だった。第2の現代にたどり着いた時、佐野家の外壁は落書きされたままだったので、自力で出産後、落ち着いてほどなくして逃げるように引っ越したんだと思う。母は変わってしまい、その延長上にその影響を受けた鈴と心が気配を消して生きている、というのが今の状況ということになる。 次週佐野家の3人が揃う場面に期待したい。前向きになって欲しいし、佐々木紀子との面会が済んでいるなら情報が欲しい。 願わない展開は、この現代にその紀子が真実を語る前に不審死すること。もうひとつは3人揃ったところでマスコミに囲まれること。そういう形であの絵が実現してしまうのは避けて欲しい。
地獄の田中
2016/06/03
camera小生、男として生を受けてここまで生きてきましたが、人生で初めて『なかよし』を購入するに至りました。
名無し
2017/08/09
両親はサブリナさんと顔一緒だけど、妹か弟は美しいみたいな展開もありそうだと予想してます笑