秒で見つかるいいマンガ
話題の新連載から名作まで。独自のランキングとクチコミで、おすすめマンガが見つかる!
about_chara
秒で見つかるいいマンガ
about_chara
話題の新連載から名作まで。独自のランキングとクチコミで、おすすめマンガが見つかる!もっと詳しく

特集

8月13日は「左利きの日」なので「左利きのマンガ家のマンガ」

クチコミ

月夜のグルメ
鉛筆画のぬくもりが優しい、新感覚グルメ漫画全編、おそらく鉛筆で描かれているために騒々しい客の声も心地の良い賑わいに感じられる今まであまり読んだことがないタイプのグルメ漫画。 主人公の朔良は週末の夜遅く、亡くなった父が残した手帳に記されているお店をひとりで巡っている。子供の頃は多忙で一緒にいる時間が少なかったが、父の足跡をたどり思い出を共有することで、空いてしまった隙間を埋めている。 遅い時間帯の食事はカロリーの面で気になるが、できるだけ父の記録したものは注文するのがポリシー。 専門用語や、わからない食材の名前などは店員に聞き、食事の内容によって飲むお酒も変える。とくに朔良はお酒の飲みっぷりがよく、気持ちがいい。 1人で飲んでいる人間はほとんどいない店に、躊躇なく入っていけるのがすごい。そういうの憧れるけど難しいよなー… 料理や店の雰囲気の描写に説得力があるから、絶対にモデルにしている店があるはずなのに、情報が一切載っていないのもこの本の特徴。 ただ、両国にある店の回でとても印象的な名前のメニューが出てきたので検索したところ、すぐにヒットした。笑 こうやって自分で調べれば朔良が行った店には行けるのでは、と思う。 ポスト孤独のグルメ的なコメントがあるけど、これもドラマ化とかするのかな〜
鉛筆画のぬくもりが優しい、新感覚グルメ漫画全編、おそらく鉛筆で描かれているために騒々しい客の声も心地の良い賑わいに感じられる今まであまり読んだことがないタイプのグルメ漫画。 主人公の朔良は週末の夜遅く、亡くなった父が残した手帳に記されているお店をひとりで巡っている。子供の頃は多忙で一緒にいる時間が少なかったが、父の足跡をたどり思い出を共有することで、空いてしまった隙間を埋めている。 遅い時間帯の食事はカロリーの面で気になるが、できるだけ父の記録したものは注文するのがポリシー。 専門用語や、わからない食材の名前などは店員に聞き、食事の内容によって飲むお酒も変える。とくに朔良はお酒の飲みっぷりがよく、気持ちがいい。 1人で飲んでいる人間はほとんどいない店に、躊躇なく入っていけるのがすごい。そういうの憧れるけど難しいよなー… 料理や店の雰囲気の描写に説得力があるから、絶対にモデルにしている店があるはずなのに、情報が一切載っていないのもこの本の特徴。 ただ、両国にある店の回でとても印象的な名前のメニューが出てきたので検索したところ、すぐにヒットした。笑 こうやって自分で調べれば朔良が行った店には行けるのでは、と思う。 ポスト孤独のグルメ的なコメントがあるけど、これもドラマ化とかするのかな〜

また読みたい

注目の新連載

神無き世界のカミサマ活動

神無き世界のカミサマ活動

怪しげなカルト教団の教祖の息子だった征人は、教団の無茶な修行の最中に命を落として、異世界に転生してしまう。そして、そこは神や宗教という概念のない征人にとって理想の世界で、辺境の村の住人に助けられ、彼らと共に楽しく暮らしていた。しかしその村は、皇国から『異常者』の烙印を押された者たちが集められた村であった。異常者とは『死を恐れる』者――。皇国の民たちは、『死を恐れる』という感覚が欠落していたのだ。やがて『異常者』たちは『終生』という制度によって処刑されようとする。征人は必死に村の住人を助けようとするが、力は及ばない。その時、征人がいた教団の神である“ミタマ”が、この異世界にまで召喚されーー…。 果たして、征人は異世界で生き残ることができるのか!?