影絵が趣味
影絵が趣味
2019/03/23
甲子園に受け継がれるアウトローの系譜
さて、春の選抜高校野球大会が今日から始まりましたが、アウトローを制するものが甲子園を制するという物言いを皆さんはご存知でしょうか。すなわち、各地区の代表が集う甲子園といえども、高校生レベルの打者では、外角の低めギリギリのコースにピシャリと決められると攻略は難しいということです。まさしくアウトローを制して甲子園を制覇した実在の人物に早稲田実業の斎藤佑樹選手がいます。いつもここぞの時にはいちばん練習を積み重ねてきて自信のあったアウトローの直球を放っていたといいます。甲子園の決勝で最後の打者でありライバルの田中将大を三振に切ったのもアウトローの直球だったとか。 そしてここ、三田紀房の高校野球マンガにもアウトローの直球を武器にする投手が登場します。そもそも三田紀房というひとは生粋のスーパースターを描くようなタイプのマンガ家ではなく『砂の栄冠』の七嶋のような選手を主人公に据えるのは稀であり、そうというよりはむしろ、あくまでも凡人の域は抜き出ないけれどスポーツなり、受験なり、ある定められたルール内の隙を突いて「人生では負けても、試合では勝利する」といった、ある意味では小賢しく、ある意味では賢明な、物語の展開を得意とするひとでしょう。 三田紀房には『砂の栄冠』の以前に『甲子園へ行こう!』という高校野球マンガがあり、その主人公、鎌倉西高校の四ノ宮がまさしく小賢しくも賢明なピッチャーとして描かれています。彼もまた高校生レベルの打者では外角低めの攻略は難しいとの理由からアウトローの練習に励みます。そして、やはり、『砂の栄冠』にもアウトローの系譜は受け継がれている。ノックマンに率いられた下五島高校の下手投げエースの本多がまさしくそれでしょう。 けっして素材そのものには恵まれなくても、小賢しさと賢明さをもってどうにか立ち回ることができるのが高校野球という舞台、こうした選手たちが才能溢れる屈強な選手たちの足元を掬うことができるからこそ、高校野球は面白い。イチローが引退会見で語っていた「メジャーは頭を使わなくなってきている、日本は日本の野球を貫いてほしい」という言葉が今更ながら身に染みてきます。
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
2020/03/08
待てば海路の日和あり
かつては精力的に映画を撮り国際映画賞まで獲ったのにいまはすっかり腑抜けている男・市松海路(いちまつかいろ)。 7年前に彼のすべてだった元カノ・日下部日和(くさかべひより)が失踪したことで映画が撮れなくなっていた。 日和の想い出さえすべて失い命を絶とうとしたそのとき7年ぶりに連絡が来て会ってみたら「市松君に私の出産記録を撮って欲しいの。だから市松君の精子ちょうだい」 ズガーン!! ここまでで2話目!すご!怒涛の展開! そしてここから展開どうなるのか読めなさすぎる!! 日和はいままでどこでなにをしてたのか? 日和の妹たちは? 漫画家である日和の母親はいま? 母親が育児記録をエッセイ漫画にして売れてたから日和も記録に残すのか? 意味深に何度も出てくる雷と日和の存在は関係あるのか? 海路が日和に関する記録のすべてを落雷で失って現れた本人というタイミングに意味はあるのか? こんなに目が離せない連載が始まると暮らしに張りが出ますね! 『あげくの果てのカノン』でも病んで歪んで捻れた人たちとその関係性をスリリングに描いてたので、今回も楽しみすぎます。 主人公のヒロインに対する執着と絶望と希望の振り幅がえらいスイングかましてるし、ヒロインの天然な狂気的なものも見え隠れしていてたまらない。 結婚もセックスも色々無しで、ただ、精子提供と出産の記録をどんな気持ちで撮るのか! 悶えるしかないのか! しかし、大好きなあの娘に自分の精子で妊娠させるという事実はこのド執着彼女大好き男からしたら大ご褒美にも思えるし! 感情がぶん回しですよ! あとは、毎週楽しみに待ちます!! 第1話→http://spi.tameshiyo.me/OUJOU01SPI
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/02/07
「虫」によって導かれる切ない恋
人間社会での生きづらさを抱えた潔癖症の男・高坂と不登校の女子高生・佐薙が少しずつ互いの心の穴を埋めながら惹かれていくという「年の差」ジャンルのマンガです。 ラブストーリーは正直得意ではないのですが、タイトルのインパクトと美麗な表紙に惹かれて手にとりました。結論から言うとすごいよかったです。 自分の感情が何者かによって作られたものだとしたら…というのは思春期を生きた者なら一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。 それでもなお人を愛せるのか、その気持ちに基づいた恋は本物なのか…というのが本作のテーマです。そこまでだとよくある展開ですが、もう一捻りあるのがゾクゾクするんですよね…。 おとなになって読むのと、中高生ぐらいの時分に読むのとでまた味わいも変わるんだろうな。見事なジュブナイルだと思います。 作画の方もあとがきで語られていましたが、物語に寄り添うかのように絵のエネルギーがグッと増していき、真に迫ってくる瞬間がとても心地よかったです。 高坂と佐薙、どちらの気持ちにもズブリと入り込める画面と物語の説得力に飲み込まれてしまいました。 どちらかというと自分も「希死念慮を抱えた薄幸の美少女なんて手垢のついた青臭いモチーフだぜケッ」と思っちゃうタチなのですが、読み終わる頃には感情プールに投げ出されて浮かんでいるような状態でした。完敗。 実は好きなのかもしれんこういうジャンルが…ということにちょっと気付かせてくれた意味でも、出会えてよかったと思える作品です。ありがとうございました。
(とりあえず)名無し
(とりあえず)名無し
2019/05/08
巻措く能わざる
巨匠中の巨匠ちばてつやの、その名を誰もが知る代表作を、今さら薦めるのもどうかと思いますが、でも、この『あしたのジョー』に続いて描かれた大作は、やはり、少年漫画史上に残る名作として、一度ちゃんと挙げておかないといけないでしょう。 (『鉄兵』にも『のたり松太郎』にもクチコミがないなんて、許せん!) なんつっても『おれは鉄兵』は、物語構成がかなり分裂症的というか、メチャクチャでものすごいんですよ。 オープニングは、鉄兵という自然児=アウトローのキャラ物なのですが(『ハリスの旋風』の国松から覇気や侠気を抜いた感じ…って、そのキャラ設定も凄いな)、途中から「学園剣道漫画」になります(この部分が一般的な「鉄兵」感でしょう)。そして、最後はなぜか「埋蔵金発掘遭難漫画」になって大団円。 こう書くと、かなり支離滅裂な感じですが、ちばてつやのなにが凄いって、このガクガクした筋立てにも関わらず、ずーっと、やたらめったら「面白い」ことです! 鉄兵が受験するところとか、学生寮の点景描写とか、洞窟内のあれこれとか、今も心に残る名シーンだらけ(ここで例にあげたのは全部、ストーリーのいわゆる本筋と関係ないところです。本筋部分も当然名シーンがギュウ詰め)。 要するに「漫画が上手い」と、一言で言えばそうなんでしょうが、それにしても、上手いにもほどがあるでしょう。 読み始めたら止まらない。 読んでいる間、ずっと幸せです。 昔の少年誌で長く続いた連載作は、途中から物語がズレていってしまうものが結構ありますが(有名な例だと初めは柔道物だった『ドカベン』とか、笑いの要素が霧散した『熱笑!! 花沢高校』とか、赤塚賞取ったギャグだった『キン肉マン』とか、学園格闘物が突如ロックバンド漫画になる『コータローまかりとおる!』とか)、『鉄兵』は、そういう「行き当たりばったり」だけど無類に面白い漫画、の代表だと思うのです。 作品のテーマとか、よく練られたストーリー展開なんて二の次だ、とにかく面白い漫画を描くんだ!…っていうのもまた、「少年漫画の素晴らしさ」だと痛感させられる、問答無用の名作です。
影絵が趣味
影絵が趣味
2019/03/16
キャプテン試論 ースポ根とは言われない何かー
いわゆるスポーツ漫画一般を分類する言葉として「スポ根」というものがあるが、ちばあきおの『キャプテン』ならびにその続編の『プレイボール』は、その内容的には「スポ根」と呼べそうな要素を多分にもっていながら、どうしても「スポ根」とはいいがたい何かがあるように思う。それはいったい何なのか。 スポーツとはそもそもが不平等である。そんなスポーツ界で頂点に立つような人々というのは、生まれながらにして神に愛されており、尚且つ、努力にいっさいの身を惜しまないような人であろうと思う。それはそれは残酷で切ないことではありませんか。 そうであれば、少なくとも、青葉から墨谷二中に転校してきた谷口タカオをはじめ、体格にも才能にも恵まれない人々は二倍も三倍も、もっともっと、もっともっと、がんばらなくっちゃならない、その間にも、生まれながらにして神に愛されており、尚且つ、努力に身を惜しまない人々は先へ先へと進んでいくのだから。しかし、あえて言及してみるまでもなく、これほど当然の理屈もないだろう。劣っているものが優れたものに勝つには、もっともっと、もっともっと、がんばらなくっちゃならない。三分の一ノックで身体がボロボロになろうとも、向こう見ずのダイビングキャッチで脳震盪を起こそうとも、それでも、それでも、がんばらなくっちゃならない。なにせ相手は生まれながらにして神に愛されており、尚且つ、努力に身を惜しむことのない猛者たちなのだ、これほど至極当然の理屈がこの世にほかにあるだろうか。これほど残酷で切ないはなしがほかにあるだろうか。 しかし、ちばあきおという作家は、この残酷で切ない至極当然の法則から目を背けることはけっしてしない。むしろ、それを剥き出しの状態のまま直視しようとしているようにみえる。この眼差しには、残酷で切ないだけではない、どこか優しさめいたものがあるように思う。この優しさは、けっして、困っているひとを、あるいは劣っているひとを、助けるといったたぐいの優しさではない。もし、そうであれば、島田は二度も三度もフェンスに激突して脳震盪を起こさずに済んだにちがいない。 思うに、いわゆる「スポ根」なるものは、当然なるものを当然のこととして描くのではなく、この残酷で切ないがんばりそのものを直視するのではなく、それを問題的に、あるいは問題-解決的に覆うことで物語を構築しているのではないか。そうすることで残酷で切ないがんばりそのものは問題的なもののベールに包まれて見えにくくはなるが、登場人物たちは野性的で不平等きわまりない野晒しの世界からは守られることになる、しかし、これもある種の優しさではあろう。 それにしても、この野晒しの世界で、墨谷二中はどうなったか。なんと全国制覇を成し遂げたのである。当然のことを当然のこととして丹念に描いた結果が、荒唐無稽な夢のよう話になってしまうという、これほど感動的な事態がほかにあり得ようか。数あるスポ根の登場人物たちには勝つために理由-問題が必要だった、裏を返してみれば、彼らの勝利にはそれ相応の理由があった。そうと理由があるのなら、なんだ、そういうことかと腑に落ちることができる。しかし、ほんとうに感動的な体験とは、まだ見たことのない信じられないようなものを目の当たりにするときに起こるのではないだろうか。そして、それを少なくとも可能にするのは、努力は必ずしも、いや、ほとんど場合において実を結びはしないが、それでも、それでも、がんばらなくっちゃと思う、なにか対象のない漠とした祈りのような姿勢のなかにあるということを谷口たちは身をもって教えてくれる。
sogor25
sogor25
2019/04/01
panpanya世界が現実を飲み込んでいく
まずはじめに、panpanyaさんの作品を読んだことがないという方。この段落で一旦回れ右して、取り急ぎ今作ではなく、著者のページから過去作を手に取って見てください。個人的には「足摺り水族館」もしくは「蟹に誘われて」が入り口としては良いのでは無いかと思います。 panpanyaさんの作品は、一度見たら忘れられない圧倒的な書き込み量とその書き込みによって生み出される現実とも非現実とも付かない摩訶不思議な世界観が最大の魅力です。過去5冊の単行本ではその世界観を余すところなく展開していましたが、今作ではそこから1歩踏み出した感じがあります。 表題作「グヤバノ・ホリデー」は未知の果物"グヤバノ"との出会いから、それを追い求めてフィリピンまで赴き実食に至るまでのドキュメンタリー風の作品です。 この物語を読んだ時、非実在の存在を描きながら現実・非現実の境目が曖昧になるpanpanyaさんらしい作品なのかと思っていましたが、"グヤバノ"という単語を調べてみて、それが実在する果物と分かった瞬間、物語の見え方が大きく異なってきます。 この物語は、グヤバノを追い求めて海外まで行くという点を除けば、ほぼ全て現実に存在する物が描かれています。これまでのpanpanya作品では実在物と非実在物を織り交ぜて世界の境目が曖昧な作品を描いていましたが、今作では描かれているものは全て実在する、でも世界観は非現実的ないつものpanpanya世界。これは、panpanyaさんが自身の作家性をもって現実を飲み込もうとしている、私達はその過程に立ち会っている。そう思うのは考え過ぎでしょうか。いずれにせよ、panpanyaさんは過去作を含めて線で追っていくべき作家で、そして現在における到達点がこの「グヤバノ・ホリデー」ではないかと思います。
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/03/14
子供が切り盛りする食卓は失敗も楽しい!
【「ごはん日和」作品ピックアップ②】 例えば『舞妓さんちのまかないさん』や『茄子』のロケカレー飯などの食卓を切り盛りする漫画、ワクワクします。その時の条件から食べる人の気持ちまで考えて献立→調達→調理をこなす手際に、見惚れてしまいます。 そんな切り盛りも毎日になれば、色々失敗や、イレギュラーもありますよね?『笑とお兄ちゃんのなりゆきごはん』は、家族の食卓を切り盛りする子供達が、日々起こる様々な不測の事態を「なりゆきで」やりくりしていく、愉快で温かなコメディです。 ※※※※※ よくもまあ、こんなにイレギュラーが起こるもんだ……でも割とこんなもんですよね? 例えば漬かり過ぎたぬか漬け大量発見!とか、買い物間違え、大量の煮物が集まってくる、など……確かにあるあるですが、それを何とかするのは、中学生の兄と小学生の妹。 実は母親を数年前に亡くしているのですが、彼らは母の残したレシピを基に、様々なアレンジで日々の出来事に対処します。でも彼らはいつも楽しげで、悲壮感はありません。 凄く美味しそう、というメニューばかりではないけれども、これあり?……ありかも!という発見があちこちに。代替レシピや保存食など、実際に使えそうなネタも多い。 中学生離れした兄の料理知識の上で、妹が打率三割位の素っ頓狂なアレンジをかましてくるのも微笑ましいです。 上手くいったら美味さを堪能し、失敗してもこりゃ駄目だ、と笑い話にする明るさにホッとします。日々の食卓を切り盛りする方の、心を軽くしてくれる一冊ではないでしょうか? ----- 【「ごはん日和」作品ピックアップ】として、以下の作品を取り上げています。 ①14歳の里山レシピ 東吉野で、いただきます。 ② 笑とお兄ちゃんのなりゆきごはん ③ 午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】
たか
たか
2020/03/10
「環の影」を追う民族の興亡…!
ROUTE ENDの人の新作ということで、ジャンプラで読んでみた作品。1巻が出たので購入して読み逃した分を補完したんだけど、個性的な国家とその国際関係がすごく面白かった! 土星のような環を持つ惑星には、その環の影を追って暮らす『影従国(ケイジュウコク)』という国がある。白鎧(はくかい)と呼ばれる白い全身タイツのような鎧を作る特殊技術を持ち、他国と交流を持たないその国へ、帝国からマイペースな商家の跡取り息子がやってきて「皇帝の証書を持っているから国に入れてほしい」と頼み込む…という導入。 https://www.youtube.com/watch?v=A0STqHEa2pM ジャンプラで読んでたときも思ったけど、帝国からやってきた主人公・アウシの台詞が説明的で何度読んでも笑っちゃう…wwまぁ「けったいな話し方をするやつなんだな」と受け取ることのできるレベルなのでそこまでひどくはないけれど。 ・影従国 ・コウト総王国 ・クチヒト帝国 ・侵入者 独自の文化を持つ各国の勢力・攻防が複雑に入り乱れていて見応えがある。影従国はチベット風の名前と服装、帝国は中華風、侵入者たちは日本ぽい名前と服装なのがおもしろいなと思った。もっとくわしくこの世界を見てみたい。 いまだとちょうど1巻の続きから全部無料で読めるので、気になった人はすぐ読むのをおすすめします…! https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156730673612
banner
banner
banner