icon_reread
また読みたい
フォロー
頭文字<イニシャル>D(1)
群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!!地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?
頭文字<イニシャル>D(2)
秋名スピ-ドスターズvs.赤城レッドサンズのタイムアタックスタート直前、ついに秋名の下り最速といわれる伝説の“ハチロク”が現れた!だがその“ハチロク”から降りてきたのは、なんと拓海(たくみ)!?驚愕(きょうがく)する一同だったが、拓海の話から事情をのみこんだ池谷は下りのアタックを拓海に任せる……。そして、拓海と高橋兄弟の弟・啓介(けいすけ)による勝負はスタートした!!
頭文字<イニシャル>D(3)
樹(イツキ)が勝手に受けてしまった拓海(たくみ)とナイトキッズ・中里(なかざと)とのダウンヒルバトルがスタートを切った!!マシンとしての性能に大きな差がある拓海のハチロクと中里のGT‐Rとのバトルに、高橋兄弟も追走し勝負の行方を見守る!驚異的なドライビングテクニックによって追いすがる拓海だったが……!?
頭文字<イニシャル>D(4)
拓海(たくみ)とナイトキッズNo.1の座を狙う慎吾(しんご)とのガムテープデスマッチが始まった!!しかし拓海は、ステアリングに右手を固定したままで運転するということの本当の危険さにまだ気づいていなかった……!!第1コーナーに突入したその瞬間、拓海は凍りついた!!
頭文字<イニシャル>D(5)
群馬エリアに君臨する公道(ストリート)キング・高橋涼介から叩きつけられた拓海(たくみ)への挑戦状!!拓海の走りを研究し、自らの車をトータルバランスに特化したダウンヒル向けのセッティングに変更した涼介は、この勝負に絶対の自信を見せる!大勢の注目を集めるなか、ついにスタートする秋名ダウンヒル頂上決戦!!しかし先行した拓海は、後ろをピタリとついてくる涼介に激しいプレッシャーを感じはじめて……!?
頭文字<イニシャル>D(6)
碓氷(うすい)最速のブルーのシルエイティ、そのドライバーとは真子(まこ)だった!!その事実を知りショックで落ち込んでいた池谷を呼び出した真子は「今年の夏を最後に走り屋をやめる」と告白。そして、その前に碓氷峠で秋名最速のハチロクと勝負させてほしいと希望する!!秋名以外の峠を走ったことがない拓海(たくみ)にとってあきらかに不利な勝負の申し出に、池谷の答えは……!?
頭文字<イニシャル>D(7)
夏休みも終わり、いつもの学校生活にもどる拓海(たくみ)。しかしこの夏に秋名の“ハチロク”が残した衝撃は拓海の知らないところで、また新たな波紋を呼んでいた――!!一方レッドサンズの高橋涼介は、関東最速プロジェクトを実行するために県内チームとの交流戦を再開させる。そして、ついにレッドサンズ・高橋啓介vs.ナイトキッズ・中里毅のタイムアタックがスタートを切った!!
頭文字<イニシャル>D(8)
急遽行われることになった拓海(たくみ)とレッドサンズの中村賢太(なかむら・けんた)の妙義山ダウンヒルバトル!!レインバトルに絶対の自信を持つ賢太だったが、雨のなかでも変わらず驚異的な速さを見せる拓海のハチロクにあっさりとかわされてしまう。しかし、そんな賢太のS14を抜き去ったのはハチロクだけではなかった!!そのクルマの正体は果たして――!?
頭文字<イニシャル>D(9)
群馬エリア制圧を狙う“ランエボ”のみの県外チーム「エンペラー」の岩城清次(いわき・せいじ)vs.拓海(たくみ)の秋名ダウンヒルバトル!!追走していた清次はハチロクの遅さに苛立ち、“エボIV”の加速力で拓海を一気に抜き去る!だがクルマの性能では圧倒的に有利なはずのこのバトルで、それでもハチロクを振り切れない清次はある事実に気付いた……。そして、勝負は秋名名物・5連ヘアピンへとさしかかる!!
頭文字<イニシャル>D(10)
謎の女からかかってきた茂木なつきについての不審な電話……。そのことが気になる拓海(たくみ)のところに、レッドサンズとの交流戦が控える“エンペラー”のエース・須藤京一(すどう・きょういち)が現れ、赤城での勝負を持ちかける!!レッドサンズとエンペラーの勝負が迫るなかで、当事者ではない自分が出て行くことに疑問を感じた拓海は京一の誘いに乗ることを否定する。だがその夜、拓海のもとに再びあの謎の女から電話がかかってきて――!?