reread
また読みたい
フォロー
寄生獣(1)
ごく普通の高校生・新一は、ある晩部屋で、ヘビのような生物を発見する。叩き潰そうとしたその生物は、新一の右手に侵入してきた。その生物の正体は、他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物だった…!寄生に失敗し、新一の右手に寄生したミギーと新一の奇妙な生活が始まる。やがて二人は、お互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物と戦い始める…。全人類必読!未来への警鐘の書が登場!!
寄生獣(2)
新一の右手に住みついた寄生生物、ミギー。ミギーの仲間たちは、人間の頭に寄生して全身を操り、人間を食べる。全国各地で「ミンチ殺人」事件が起こっていた。新一はただ一人、その原因を知っていたが、何も出来ずにいた。ある時、新一の学校へ赴任してきた教師・田宮良子は寄生生物だった。彼女が連れてきたもう一人の寄生生物「A」は新一を殺すために学校へ乗り込んできたが…!?
寄生獣(3)
旅行中の母親が寄生生物に襲われた!自宅に返って来た母は、もう以前の母ではなかった。その姿に、新一は戦意を失い、心臓を貫かれてしまう。しかし、ミギーの必死の努力で新一は一命をとりとめた。入院している父の元へ、再び寄生生物が現れる、新一は、母の仇をとるため対決に向かう。母の姿で情け容赦ない攻撃を仕掛ける寄生生物を相手に、新一&ミギーは戦えるのか!!
寄生獣(4)
新一の心臓を修復して以来、新一とミギーには変化が起こっていた。ミギーは一日のうち数時間、完全に眠っている状態になってしまい、またミギーの散らばった細胞が原因なのか、新一の身体能力は格段に上がっていた。ある時、普通の高校生を装い、新一の高校へ転入生として現れた寄生生物・島田秀雄。「君と争う気はない」とうそぶき、生徒として学校生活を送る彼の真の意図とは!?
寄生獣(5)
人々は寄生生物の存在に少しずつ気付いていった。学校内で惨殺事件を起こし、死亡した島田秀雄は、人間以外の生物である、と言い出す者も現れ、「人間に化けた怪物がいたるところにもぐり込んでいる…」そんなデマが飛び交うようになった。一方、寄生生物を探知する能力を持つ女子高生・加奈。しかし、新一と他の寄生生物との区別のつかない彼女は、危険にさらされてしまう。
寄生獣(6)
人間社会の事を理解しはじめた寄生生物たちは、同じ地区に集結し、人間たちを食べる「食堂」を確保していた。東福山市長選では寄生生物の広川が当選、新一は寄生生物たちが何を始めようとしているのか、動きを気にしていた。一方、寄生生物・田村玲子が放った人間の私立探偵・倉森に、新一とミギーは正体を知られてしまう。彼らは寄生生物に加え、人間からも追われる立場となるのか!?
寄生獣(7)
「寄生生物を一匹ずつ殺そう」新一は思いたつ。今まで寄生生物の存在を知りつつ、何も出来なかった自分への苛立ち、身近な人間に危害が加えられるのでは、という不安、親しい者を殺された怒りの感情が新一の心にはずっとうずまいていた。しかし、新一は自分の認識の甘さを思い知らされる。寄生生物の刺客・三木が新一を狙う。「三匹で一人」の三木に、新一とミギーは…!?
寄生獣(8)
「なぜ寄生生物は生まれたのか?」自身の存在に疑問を抱く寄生生物・田村玲子。しかし、本能のまま人間を補食しつづける仲間たちは、彼女を危険視し、殺そうとした。また、寄生生物のことを知りすぎたことが原因で、家族を殺された探偵・倉森は、寄生生物への復讐を決意し、玲子が実験として産んだ子供を誘拐する。交渉の場に呼び出された新一は、玲子から意外な言葉を聞く。
寄生獣(9)
田村玲子は警察の銃弾に倒れた。警部補・平間が中心となり、水面下で寄生生物掃討に向けて人間たちは動き始めていた。新一は、普通の高校生として学校へ戻って来る。しかし、平間は新一の周囲で、寄生生物の事件が続けて起きていることから、新一に何かを感じ、助けを求めた。ターゲットは寄生生物のコロニーと化した東福山市役所。寄生生物たちのリーダー・市長の広川はどう動くか…!?
寄生獣(10)
寄生生物掃討作戦は、人間側が優勢だったが、五体の寄生生物を操る後藤を前に、53人もの死者を出してしまう。後藤に追われ、山中をさまよう新一とミギー。互いの連係で寄生生物を倒してきた彼らの力も、後藤には通じない。二人は奇策を講じ、生き残りを計るが、作戦は失敗し、ミギーは新一だけを逃がそうとする。ミギーは死んでしまったのか!?ここに人類の是非を問う!!不朽のSF、堂々の完結。