あらすじ

人々は寄生生物の存在に少しずつ気付いていった。学校内で惨殺事件を起こし、死亡した島田秀雄は、人間以外の生物である、と言い出す者も現れ、「人間に化けた怪物がいたるところにもぐり込んでいる…」そんなデマが飛び交うようになった。一方、寄生生物を探知する能力を持つ女子高生・加奈。しかし、新一と他の寄生生物との区別のつかない彼女は、危険にさらされてしまう。