icon_reread
また読みたい
フォロー
EDEN(1)
正体不明の硬質化ウイルスにより、人類は世界人口の15%を失った。20年後、人類は復興を始めるが……。人類はリセットされるべきなのか否か。神に、地球に、人類が試される――。その惨劇の最中に、人類が“選択”した未来とは?遠藤浩輝くが容赦なく描く、生と死のSF譚!
EDEN(2)
武装ゲリラと行動を共にすることになったエリヤとケルビム。目的は、“原父(プロパテール)の監視領域を抜けること”。その作戦途中、エリヤは娼婦と町娘の命を救うが……。
EDEN(3)
否応なく熾烈さを増していく闘いの最中、ソフィアの“目”を失ったエリヤたち。その時、インカの遺跡に潜り込んだワイクリフとカチュアに絶体絶命の危機が――!平和が欲しい。しかし、平和を望む前に、生きのびなければ……。
EDEN(4)
生きのびるため、闘いに身を投じていく者たち。残虐に人の命を奪っていく彼ら一人ひとりが、悲しみと憎しみを抱えている。ゲリラの怪物・ケンジもまた――。ケンジと“兄”、そしてカーン大佐との出会いを描く!
EDEN(5)
美しさも、快楽も、苦痛も、愛情も、自分のものだという気がしない。母との確執、サイボーグ化の末に得たものとは……。謎の美女・ソフィアの過去が明らかに!!そして、物語が大きく動き出す!!
EDEN(6)
原父(プロパテール)からのハナ・マナ奪還に挑んだエリヤ。しかし、あと一歩のところでハナは銃撃され、マナは連れ去られてしまう。さらに、エリヤは警察に逮捕され――。
EDEN(7)
マヌエラを無断でクリニックに入れたために、ヘレナが犠牲になった。復讐のためペドロ殺害を望むエリヤは、ペドロの情報を得るため、謎の女・オートメイターに会う。そこで知った、ペドロの生い立ちとは……。
EDEN(8)
強い決意の下、「俺の戦い」を始めたエレン。亡命を図るペドロと、ペドロの弟であり、通産省役人にして原父(プロパテール)の工作員であるソーサの命を狙う。しかし、そのために少女が命を落としてしまい――。
EDEN(9)
新展開、突入!!中国西部・新彊ウイグル自治区の油田採掘場とパイプラインが、ムスリム武装勢力によって占拠された。要求は、先進諸国による少数民族弾圧の解消だが――その背後にはあの男、エンノイア・バラードがいた。
EDEN(10)
逃走した女性テロリスト、マリハン・イサクから、ケンジに電話が入った。その内容は、「休日のデパートで爆破テロが起きる。阻止したいから手伝ってほしい」というもの。仲間を裏切り、テロの連鎖を止めようとするマリハンの決意の結末は……。