ACMA:GAME 1巻
悪魔の遊戯(ゲーム)が誘(いざな)う、究極の“頭脳×心理”バトル!!――高校3年・織田照朝(おだ・てるあさ)は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。それに加え、日本有数の財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する……!!
ACMA:GAME 2巻
“悪魔の鍵”が、波乱の扉を開く――照朝(てるあさ)の勝利で幕を閉じた“真偽心眼(TrueorFalse)”ゲーム。しかしその背後には、ゲームの一部始終を把握し暗躍する謎の男・先導者(THEGUIDE)の存在が――。先導者に捕らえられたマルコの父、レオ・ベルモンドの運命は!?そして“悪魔の鍵”を手にした照朝に、更なる波乱が襲い掛かる――!!次なるゲームは……“影踏み(ShadowStep)”だ!!
ACMA:GAME 3巻
この男、間違いなく強敵――突如始まった“悪魔の鍵”の所有者(ホルダー)・上杉潜夜(うえすぎ・せんや)とのアクマゲーム。勝負は15枚のカードの中から、選ばれた1枚のカードのマークを当てる“五印一当(fiveone)”。潜夜が要求した“ある条件”により、負ける訳にはいかない照朝(てるあさ)。しかし、“天才ギャンブラー”の容赦ない揺さぶりが、照朝の思考を鈍らせる――!!
ACMA:GAME(4)
瞬きすら拒まれる、一進一退の攻防!!この頭脳戦、脳が痺れる!――照朝(てるあさ)の前に現れたのは、新たなる鍵の“所有者(ホルダー)”・上杉潜夜(うえすぎ・せんや)。今度のゲームは15枚のカードの中から、選ばれた1枚のカードのマークを当てる“五印一当(FiveOne)”!両者同点の状況で迎えた最終第5ゲーム。照朝と潜夜、対照的な価値観を持つ二人が、己の全てを懸け、最後の決戦に臨む!!
ACMA:GAME(5)
上杉潜夜(うえすぎ・せんや)の前に敗れ去った照朝(てるあさ)。しかし、織田(おだ)グループの絆の強さを目の当たりにした潜夜は、敗者に課した命令を破棄する。グングニルによる日本独裁が進む中で、「グングニルを潰す」ために、織田グループ会長の座を辞す照朝。しかし、警察庁理事官・大田によって、グングニルのリーダー・先導者の正体が、照朝の父・清司であると知らされる……。
ACMA:GAME(6)
織田照朝(おだ・てるあさ)は長久手洋一(ながくて・よういち)に見事勝利し、グングニルの情報を聞き出すチャンスを得るが、事態は思わぬ方向へ……。“世界革命”に向けてグングニルが動き出す中、いよいよ開幕するアクマゲームトーナメント!照朝の初戦の相手は、トップアイドル「YUKA」!!極限の騙し合いが始まる!!
ACMA:GAME(7)
トップアイドル・式部紫(しきべ・ゆかり)の“演技力”の前に苦戦を強いられる照朝(てるあさ)。極限の攻防の果てに“隠蔽看破”ついに決着!!照朝はアクマゲームトーナメントを勝ち進むことができるのか!?そして人質となっている紫の母の安否は!?
ACMA:GAME(8)
照朝(てるあさ)のアクマゲームトーナメントの対戦相手・式部紫(しきべ・ゆかり)の母をグングニルから奪還するため、イタリアンマフィアのマルコ・ベルモンドが立ち上がる!死闘を繰り広げる仲間のため、そして救えなかった父のために──!
ACMA:GAME(9)
グングニルに家族を誘拐され、織田(おだ)グループを壊滅させると脅迫された眞鍋悠季(まなべ・ゆうき)は、アクマゲームトーナメントに参戦を決意。しかし対戦相手は、仲間である上杉潜夜(うえすぎ・せんや)だった!卑劣な陰謀と仲間との絆に揺れる、悲しき戦いの幕が上がる――!!
ACMA:GAME(10)
グングニル主催のアクマゲームトーナメントは1回戦が終了。2回戦を前に、今後の策を練る照朝(てるあさ)達に思わぬ内紛が勃発!? そして続々と明らかになる参加者たちの正体!! さらに2回戦に課せられた新ルールとは!? トーナメントから目が離せない!!
また読みたい
フォロー