また読みたい
フォロー
千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!!『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!
幼いトルフィンの暮らすアイスランドの小村に巨大な軍船が来た。ヨーム戦士団と名乗る彼らはトルフィンの父・トールズを“戦鬼(トロル)”と呼び、イングランドで始まる戦に参戦せよと通告してきた。平和に暮らす一家に落ちる不穏の影。父はなぜ死んだのか。なぜ、父の仇とともにいるのか。トルフィンの過去が今、明らかに!
西暦1003年以降、デンマーク・ヴァイキングによるイングランド攻撃は激化の一途をたどる。そんななかトルフィンは父の仇であるアシェラッドと行動を共にしながら進軍に参加していた。だが堅固な守備を誇るロンドンでトルフィンたちの前に立ちはだかったのは、一騎当千の戦士・トルケルだった!知将アシェラッドと猛将トルケル。ヴァイキング最強戦士の人生が激動のうちに交錯する!!
山に火を放ち、トルケルに捕らわれたデンマークのクヌート王子を奪取することに成功したアシェラッド兵団。このまま王子を護衛しながら軍の本陣へ向かうにはイングランドを北上しなければならないが、すぐ背後からはトルケルの兵団が迫っている!敵地のド真ん中でこの圧倒的な劣勢を切り抜けるアシェラッドの策とは……!?
裏切り、謀略、そして多くの血。一千年前から変わらぬ戦の真実――。不測の雪に見舞われたアシェラッド兵団は小さな村を襲撃し潜伏する。だがその情報を得たトルケルに発見され、万全でない状態で再び進軍することを強いられてしまう。深い雪のなか募っていく疲労と不安は、次第に戦士たちのアシェラッドへの忠義心を揺るがし始めて……!?
終わりなく繰り広げられる戦士たちの殺し合い。一面に広がる雪と屍のなかでクヌートは夢を見た。最愛の人を失った彼に神父は問う。「愛とはなんですか?」――。一方、トルケル軍に捕捉され、アシェラッドを人質にとられたトルフィンは、当代随一の剛力武将トルケルに一対一で対決を挑む!生死を賭けた決闘の行方は……!?
デンマーク第二王子クヌートは、かつて敵であった猛将トルケルを従えて本営へ帰還した。以前の王子とは別人のような変貌ぶりに人々が驚くなか、父であるスヴェン王と再会した彼は、戦を終わらせるために王の暗殺を画策する!クヌート、アシェラッド、そしてトルフィン。それぞれの心に秘めた父への思いは交錯しながら、血まみれの玉座をめぐる闘争が始まる!!
アシェラッド、死す!生きる目的を失ったトルフィンが進む道とは――!?デンマーク王スヴェンの開いた宴は、王子クヌートを亡き者にするための罠だった。アシェラッドはクヌートを守るため、一瞬のうちに決断し、衆人環視の中でスヴェンの首をはねる!クヌートは、アシェラッドの意思を汲み、自ら剣をとる!そして、物語は新章へ!
アシェラッド亡き今、トルフィンは戦場を離れ、いつしか奴隷として生きるようになった。森を切り開き麦を作る、静かだが無気力な毎日。人生で初めて友人と呼べる者が現れ、力を合わせて朝から晩まで農場で働く。そんな時、彼は農場主の息子にまるで遊びのようにして殺されかけ、気付く。本当は死にたくないのかもしれない、と。彼は希望を取り戻し、新たな人生を生きることができるのか。新章〈奴隷編〉開幕!
奴隷に身を落とし、何の希望もなく生きるトルフィン。人生で初めてできた友と、彼は森を切り拓き麦を作る静かな毎日を送っていた。そんな時、何者かによって畑が根こそぎ荒らされていることが判明。明らかな悪意を前に彼は、首謀者と思しき奉公人を怒りにまかせ殴り倒してしまう。またしても暴力に頼ってしまった彼は父の言葉「本当の戦士」の意味を悟り、新たな人生をつかみ取ることを決意する!
store