icon_reread
また読みたい
フォロー
がんばれ元気(1)
堀口元気はプロボクサーである父親の影響をうけて、5歳からボクシングをはじめた。しかし、父親は後に世界チャンピオンとなる「天才ボクサー」の異名を持つ関拳児(せきけんじ)との死闘の末、この世を去ってしまう。父親の果たせなかった夢……世界チャンピオンを目指して、元気が駆け抜ける!熱く燃え続ける男の感動ドラマ!
がんばれ元気(2)
元気の父親・シャーク堀口は5年前にボクシング界を引退。しかし、彼は31歳で再びボクシング界に復帰する。カムバック後は不屈の根性で勝ち続けるが、17歳の大物新人・関拳児(せきけんじ)との対戦で強烈なパンチを受け、意識不明になってしまう。
がんばれ元気(3)
父の死後、祖父母のもとに引き取られた元気は、二人の大反対にもかかわらず、ひそかにボクシングのトレーニングを続けていた。そんな元気にあたたかい声援をおくる担任の芦川先生は、元気をボクシングジムに連れ出す。
がんばれ元気(4)
元気は担任の芦川先生の恋人で、強烈なパンチ力を持つ、元全日本学生チャンピオンの三島栄司と知り合う。すさんだ生活を送る三島は、ふとしたことから傷害の罪を犯してしまい刑務所へ。別れの日、三島は元気にいつの日かボクシングを教えると約束をする。
がんばれ元気(5)
日々激しいトレーニングを続ける元気に、芦川先生や同じジムの山谷勝三は暖かい声援を送る。さらにクラスメイトの石田ともこは、ほのかな恋心を抱いて元気に近づく…。そんなある日、傷害罪で服役中だった三島英司が5年ぶりにジムに復帰するのだが…。
がんばれ元気(6)
元気は高校進学よりもプロボクサーへの道を選ぶと宣言したことから、やさしかった祖父母との間に微妙な変化が生じる。そんなある日、元気はふとしたことから学校一秀才の・岡村と言い争いになり、決闘を申し込まれてしまう。
がんばれ元気(7)
岡村との決闘は元気の圧勝に終わった。しかし、一緒に早朝ランニングをするなど、元気と岡村には友情が芽生える。そんなとき、三島の病状が悪化し、ついに入院してしまう。元気は三島との約束を破り芦川先生に知らせるが…。
がんばれ元気(8)
病状が悪化し入院していた三島が退院した。死を覚悟した三島は元気とスパーリングを行い、リング上で壮絶な最期をとげる。亡き父と三島のためにも、元気は強く生きようと決心する。そして、高校入試も無事に終わった。
がんばれ元気(9)
高校入試の合格発表の当日、元気は父の果たせなかった夢・世界チャンピオンを目指し、やさしい祖父母や住みなれた町に別れを告げて一人東京へ向かう。上京した元気はふとしたことから寿司屋に就職し、かつて父が所属していた永野ジムに入門する。
がんばれ元気(10)
待望の17歳になった元気は、プロテストを一発KOで飾り、幼なじみののぼると共にプロライセンスを手にする。そして、かつてのライバル・火山からスパーリング・パートナーの指名を受け、実践さながらの試合がはじまった。