父のなくしもの

父のなくしもの

かつては海ほど大きく感じた父親は、どうしようもないさみしさを抱えた、ひとりのちいさな男だった。家族、故郷、仕事、若さ、記憶、感情……手の平から少しずつ零れ落ちていくように、大切なものをなくしていく父。その人生と、別れを描いたエッセイコミック。
目玉焼きの黄身 いつつぶす?

目玉焼きの黄身 いつつぶす?

夜の町に灯る家々の光、そのひとつひとつに、それぞれの人生が、暮らしが、目玉焼きがあることを、きみは知っているか…。“あたりまえ”だと思っていたその食べ方は、“あたりまえ”ではないかも知れない。ギャグ界の暴走天使おおひなたごうが全日本人に問う、衝撃のフード・ソウル・ロマン!
新訳 桃太郎

新訳 桃太郎

むかしむかしあるところに、鬼退治へと向かう桃太郎一行がおりましたが、既になにやら不穏な空気が……。(月刊コミックビーム2019年8月号)
試し読み
その時の彼女が今の妻です

その時の彼女が今の妻です

全然ロマンチックじゃないけれど、なんだかグッとくる出会いの瞬間を激写する、様々な「出会い」を描いたショートオムニバスラブコメディ開幕!
試し読み
平成最後の赤ずきん

平成最後の赤ずきん

令和になっても決して忘れてはいけないのは、平成の教訓と、平成最後の赤ずきん……。(月刊コミックビーム2019年8月号)
試し読み
うたちゃんの宿題

うたちゃんの宿題

元気でやんちゃなはなちゃんと、おっとりしていてやさしいうたちゃん。ふたりが大親友である理由って?(コミックビーム2019年7月号)
試し読み
猫の色

猫の色

宮殿の後宮で起きた、猫と女たちのエキゾチックなお話。(コミックビーム2019年7月号)
試し読み
ものするひと

ものするひと

柴崎友香(作家)「生活と、書くこと。世界と、言葉で遊ぶこと。絡みあって、隙間があって、移り変わっていく。ひそやかに楽しくて、ひりひりと幸福で、ずっと読んでいたい」姫乃たま(地下アイドル)「ああ、『滋味掬すべき作品』ってこれのことだったんだ」雑誌の新人賞を受賞後、警備員のバイトをしながら、小説を書いている杉浦紺(30)。“先生”でも“天才”でもない、若き純文作家の日常をのぞいてみませんか?◎巻末対談 「ものするひとたちのリアリティ」 滝口悠生(作家)×オカヤイヅミもの・する【物する】ある動作をする。ある物事を行う。「言う」「食べる」「書く」など種々の動作を湾曲にいう語。(『広辞苑』第七版より)綿矢りさ、朝井リョウなどの人気作家15人に、理想の「最期の晩餐」を聞いた話題作『おあとがよろしいようで』のオカヤイヅミ、初のオリジナル長編作。
吉祥寺キャットウォーク

吉祥寺キャットウォーク

『憂国』『蘭丸ロック』『至福の街』『パンクドラゴン』…その革新的で豊饒な足跡により、漫画史にその名を刻む“巨匠”が、長き“眠り”から今、ついに覚醒する。誰よりも知り尽くした町を舞台に選んで、漫画家いしかわじゅん、本格マンガ連載作、ここに開幕。
銀河宅配便マグロ

銀河宅配便マグロ

週刊少年チャンピオン、TVBros.の連載など、多岐に渡る創作活動で人気の作家・おおひなたごうの、コミックビーム初連載作、遂に電子書籍化!10分1000円カットをしたり、ワープで遊んだり、配達先の星で駐禁取られたり、ブログつけたり、本来の仕事である宅配稼業もそこそこなマグロ便の面々。銀河を翔ける彼らが壮大な宇宙を舞台に繰り広げる無責任宅配ギャグドラマ、開幕!連載時に大反響を呼んだ「チクワの回」など11話+αを収録し、宇宙感溢れるキラキラ仕様でお届けします!※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを改変しております。※
恋煮込み愛つゆだく大盛り

恋煮込み愛つゆだく大盛り

道端でちんこ(?)を拾った女。ホテルでするのが好きな2人。セフレと過ごす夏。女友達に初めて好きな人ができた男の話。セックスだけの関係を楽しむ女。ぬるま湯に浸かり続けたカップル。描き下ろし満載の初短編集がついに発売!
空飛べ! プッチ

空飛べ! プッチ

「ママに会いたい!空を飛びたい!」雲の上にある、空飛ぶウサギの国・ネザーランド。飛べないウサギのプッチは行方不明のママを探すため、健気に練習に励むけどなかなか飛ぶことができません。かわいそうなプッチは今日もひとり、つらい現実から目を背けるため、エアクッションをプチプチプチプチプチプチプチ……。ギャグ漫画家おおひなたごうが初めて少女漫画誌に連載した隠れた名作が、大量の未収録作品と感動のフィナーレを収録した完全版として、ここに待望の新生!さらに特別収録!月刊コミックビーム掲載の、プッチ誕生の秘話に迫る番外編「エピソードゼロ」と、完全版への思いを綴ったあとがきを収録。※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを改変しております。※
華子のこと

華子のこと

あの頃、僕らは、何者かになりたかった。(月刊コミックビーム2019年3月号)
試し読み
マリアの棲む家

マリアの棲む家

「異常密度の地獄絵巻が読者に襲い来る超展開ホラー!こ、これは…俺に映画化させろぉお!」白石晃士(ホラー映画監督)五年前、突如として姿を消した少女・マリア。しかし、彼女は確実に、その家に居る……。不条理ギャグの巨匠・鮪オーケストラが名を新たに贈る、ド直球のホラーコミック!
銃座のウルナ

銃座のウルナ

彼女の名はウルナ・トロップ・ヨンク。遠い村から、辺境の地に赴任したスナイパー。彼女は、初めての戦場で、なにを知るのか…。第49回ちばてつや賞大賞受賞、第5回漫画アクション新人賞入賞を経て、『ミツバチのキス』『エイス』など、漫画シーンから熱い注目を浴びる意欲作を発表し続ける鬼才・伊図透が、そのすべての才能を込めて解き放つ、マージナルなイマジネーションに溢れたSF巨篇。新しい物語の始まりを“目撃”せよ!
store