東京サラダボウル ー国際捜査事件簿ー 1巻
東京都の外国人居住者の割合、3.98%。パーセンテージではたったそれだけ。でもそれだけの人が確かにここにいるーー。さまざまな事情で日本にやってきて、犯罪に巻き込まれた、または犯罪を起こしてしまった外国人による事件と向き合う、警視庁 国際捜査係の鴻田麻里と警察通訳人の有木野了。言葉がわからない国でいきなり逮捕されたらどうしたらいい…!? 自宅で子供が誘拐された…!? 日本でこんな事件が起きているなんて知らなかったーー2人の捜査の中で明らかになる、知られざる日本での国際犯罪の姿と、浮き彫りになる犯罪関係者たちの過酷な現実。破天荒な女性警察官とゲイの警察通訳人の最強バディによる、これまでにない新たな警察漫画!!
東京サラダボウル ー国際捜査事件簿ー 2巻
東京都の外国人居住者の数、55万人。いろんな人種が入り混じるこの町は、まさに人種のサラダボウル。さまざまな事情で日本にやってきて、犯罪に巻き込まれた、または犯罪を起こしてしまった外国人による事件と向き合う、警視庁 国際捜査係の鴻田麻里と警察通訳人の有木野了。ある日、幼児誘拐事件が発生。「どうしてうちの俊俊が誘拐されたんですか!?」有木野にそう語るのは中国からの帰化者である、被害幼児の母。誘拐犯の目的。そこには古くから世界で問題視される「人身売買」や「臓器売買」が絡んでいた。その頃、薬局で潜入捜査をする鴻田の前に赤ちゃんおむつを買いにくる謎の男が現れーー。破天荒な女性警察官とゲイの警察通訳人の最強バディが挑む!! 国籍、人種、そして事件を超えた“人と人との向き合い”を描いた警察漫画、第2巻!!