あらすじ

ついに颯汰の存在が、幕府重臣の耳に…!! 幕府から、御領を占拠している高山家の者達を制圧する命を受けた横山宗長は挙兵。それに対し颯汰たちは御領に入る前に迎え撃つことに成功した。だが彼らが勝利に沸く頃、御領では姫を奪い去るために送り込まれた忍びが襲いかかる。そして姫が幼い頃から一緒だった侍女・きよが、姫を護ろうとして無残にも命を奪われた。悲しみに沈む姫に颯汰は…!? さらに、家康の御落胤である颯汰の存在が、幕府の耳に入ろうとしていた…!! 次々に襲い来る過酷な事態に、颯汰たちは生き抜けるのか…!?