北見けんいちのプロフィール

北見 けんいち(きたみ けんいち、本名、北見健一〈読み同じ〉、1940年12月11日 - )は、日本の漫画家、青年コミック誌を中心に活動している。満州に転勤した両親(東京出身)のもと、満州・新京(現在の中国・吉林省長春市)にて生誕。代表作に『釣りバカ日誌』(原作:やまさき十三)。多摩美術大学付属芸術学園卒業。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
▼第1話/青空のボール▼第2話/ひもじいボール▼第3話/野球雲見えた▼第4話/傷ついたボール▼第5話/友情のボール▼第6話/さよならのボール▼第7話/ふれあうボール▼第8話/最後のボール ●登場人物/野原広太(亡き父のようにプロ野球選手になるべく、毎日練習に励む野球少年)。●あらすじ/終戦まもない昭和21年、人々の生活もまだまだ貧しかったころ、野原広太は巨人軍の選手だったという父が戦地から帰ってくるのを母、姉、兄とともに待っている。ある日、草野球に興じる少年たちの仲間入りをした広太だが、父から野球を教わったことのない広太は、投げるのも打つのもヘタクソなのだった。家に戻った広太は、父の写真の前で「上手になるからね」と誓い、練習に精を出す。そして数日後、隣町との試合で広太は逆転サヨナラヒットを放つが、その頃、家には父の戦死の知らせが届いていた(第1話)。▼巨人軍の仕事をしている大島氏が野原家を訪問し、戦争で亡くなった選手の家族を巨人VS阪神戦に招待するとチケットを置いていった。喜ぶ母だが、その頃広太は、野球チームの仲間たちとヤミ市で盗みを働く計画をたてていた(第2話)。▼広太はヤクザの稲垣と知り合う。彼は元・中等野球の花形選手で、戦争さえなければプロ野球の選手になっていたかもしれない人だ。広太たちのチームはちょくちょく稲垣から野球の指導を受けるようになるが、彼はヤクザ同士の抗争のために死んでしまう(第4話)。
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
1巻を試し読み
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
「誠心誠意」がモットーの南大阪信用金庫、通称ナンシンの新人渉外マン・中井信吉。雨にも犬にも上司にも負けず、本日も愛車のカブで大阪の町を駆け回ります!!▼第1話/まいど! ナンシンです!▼第2話/現金その場限り▼第3話/一足す一は=?▼第4話/必死の誠意▼第5話/画家志望▼第6話/お母ん!!▼第7話/瓢箪から…!?▼第8話/理事チョー!!▼第9話/河内の首領!!●登場人物/中井信吉(まごころと誠意で奮闘する、ナンシンの駆け出し渉外マン。愛称“ナカやん”)、安藤支店長(ナンシン河内台支店長。一見厳しそうだが、優しく部下を見守る人情派)、大場佳代(ちょっとおっちょこちょいの窓口担当)●あらすじ/毎日毎日、大阪の町をあっちへこっちへの新人渉外マン・中井信吉、愛称“ナカやん”。元気よく「まいどー、ナンシンです!!」と外回りで立ち寄った家で、番犬にズボンをかじられ、お尻がまる見えに。お尻を隠しながら、なんとか会社にたどり着いたものの、ハルさんにズボンのお尻を縫ってもらっているところを、そそっかしい佳代ちゃんに「ふん!! 不潔!!」と誤解されてしまう。さらには安藤支店長に「ズボンをネタに定期預金のひとつも取ってこんかいっ!!」とお叱りを受ける始末。踏んだり蹴ったりのナカやんだが、本日一番のトラブルが目の前に迫ってきていて…(第1話)。●その他の登場人物/ 巽課長(河内台支店営業課長。もの分かりのよい、理想の上司タイプ)、高田次長(「成功は自分の手柄、失敗は部下のせい」という、どこにでもいる嫌な奴)、 ハル子(ナンシン河内台支店勤務。ナカやんや佳代ちゃんの“お母さん”的存在)、中井登紀子(信吉の母親。食堂を経営している)、藤谷理事長(変装して支店を抜き打ち視察するのが趣味!? のナンシン理事長)
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
著名人・漫画家の色紙約80点をネットで展示&入札販売『朝日チャリティー色紙展』
北見けんいち、きむらゆういち、清原なつの、くぼまちこ、 隈研吾、小林有吾、小山愛子、ザ・キャビンカンパニー、 佐々木啓子、佐藤邦雄、三遊亭円楽、三遊亭小遊三、 シゲタサヤカ、島倉二千六、下瀬澪、釈徹宗、 住野よる、千玄室、千宗室、千宗守、千宗旦、反田恭平、 高田明浦、多川俊映、田島征三、谷川浩司、谷口智則、 俵万智、ちばてつや、趙治勲、tupera tupera、 唐仁原教久、中原誠、にごたろ、西村敏雄、野村俊夫、 萩尾望都、羽生善治、はまのゆか、ヒサクニヒコ、 日野西光尊、平野美宇、廣嶋玲子、堀米雄斗、松本大洋、 美樹本晴彦、水谷隼、溝呂木陽、三田紀房、三好貴子、 村上康成、森清範、やくみつる、八代亜紀、安彦良和、 山口哲司、山口マサル、山崎章郎、山村浩二、山村東、 吉田類、蓬田やすひろ、loundraw、和久井健
【過去ログ】きょうの新連載&読切まとめ
北見けんいち 《読切》「強能力者の日常」石原まこちん 【ゲッサン】 《読切》「オレの初恋は叶わない。」遊維 【別冊少年チャンピオン】 《新連載》「きみのご冥福なんていのらない」松尾あき 《読切》「おしりに頭を乗っけちゃえ」米原秀幸 《読切》「推しは異星人!?」オオゾネサトシ 《読切》「間隔女」渡辺大輝 【漫画ゴラク】 《読切》「みんな○○どうシてる?」小谷真倫 【ヤングアニマル】 《読切》「みたむらくんジェネシス」えりちん 《読切》「さやかちゃんはおしっこがしたい!」堀田阿伴 《読切》「かぶけ!「いちご同盟」」コニシリュウイチ 【コミックビーム】 《読切》「ジャガイモ畑の子どもたち」辻恵 《読切》「へき週」西家康隆 ◇◇◇2021年2月10日(水)◇◇◇ 【週刊少年サンデー】 《読切》「そして世界に平和が訪れた。」渥美駿 【ビッグコミック】 《読切》「卒業試験」太田基之 【モーニ ング】 《読切》「未来保険」樺ユキ 【週刊ヤングジャンプ】 《読切》「貝殻」宇和野そら 【週刊少年チャンピオン】 《読切》「全滅パーティ回収屋」togekinoko ◇◇◇2021年2月9日(火)◇◇◇ 【イブニング】 《新連載》「ラストジェンダー ~何者でもない私たち~」多喜れい 【別冊少年マガジン】 《新連載》「金の糸」稲妻桂 《読切》「海月のうた」三香見サカ 《読切》「もしもし二葉ちゃん」真波 ◇◇◇2021年2月8日(月)◇◇◇ 【週刊少年ジャンプ】 《新連載》「ウィッチウォッチ」篠原健太 《読切》「カモしれない刑事」前田良平 【FEEL YOUNG】 《読切》「クローゼットシンドローム」瀬戸内咲 《読切》「シャパリュ」青化 【プチコミック】 《読切》「こんな冴えない僕ですが。」相川ヒロ ◇◇◇2021年2月5日(金)◇◇◇ 【good!アフタヌーン】 《新連載》「六道闘争紀」小田世里奈 《読切》「バイオリウム」藤あきなか 【ヤングマガジンサード】 《読切》「レンタル○○な人してみよう。」カレーとネコ 【月刊少年マガジン】 《読切》「SNSまで完璧な彼女」塚本夢浩 【月刊少年チャンピオン】 《読切》「VISITOR」水戸南行 《読切》「見るMAKE後輩」降本孟 【ミステリーボニータ】 《新連載》「P.As.~風と共に来たりぬ~」赤石路代 【月刊プリンセス】 《新連載》「春秋宮廷アンティーカ〜偽りの麗人、蹊を成す〜」ひかり旭 【週刊漫画ゴラク】 《新連載》「戸村助教授のアソビ」富田童子/都伊カオル 《短期連載》「メストアップ」大槻閑人 【月刊コミックフラッパー】 《新連載》「FX戦士くるみちゃん」炭酸だいすき/でむにゃん 【webアクション】 《新連載》「風街のふたり」カシワイ 《読切》「夢間失踪」鈴木真澄 ◇◇◇2021年2月4日(木)◇◇◇ 【モーニング】 《新連載》「インビンシブル」瀬下猛 【週刊ヤングジャンプ】 《読切》「腐っても父親」森藤渉 【ジャンプSQ.】 《新連載》「めいしす!!! トラブルメイドシスターズ」永田愁 《読切》「KELBELO」園見喝 ◇◇◇2021年2月3日(水)◇◇◇ 【週刊少年マガジン】 《新連載》「戦隊大失格」春場ねぎ 《読切》「姉ぶるいろねの色じかけ」N松 【グランドジャンプ】 《新連載》「マリッジグレー」轍平 【なかよし】 《新連載》「トロピカル~ジュ!プリキュア」東堂いづみ/上北ふたご ◇◇◇2021年2月1日(月)◇◇◇ 【週刊少年ジャンプ】 《新連載》「アイテルシー」稲岡和佐 《読切》「BLACK MILK」松井琳 【コミックゼノン】 《読切》「覆面刑事譚」モモカステラ
情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この著者に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。