日本一短い母への手紙

引野真二