shopping_cart
ストアに行く
common/store_amazon.png
common/store_ebookjapan.png
common/store_dmm.png
common/store_booklive.png
common/store_cmoa.png
common/store_bookwalker.png
common/store_renta.png
common/store_honto.png
common/store_ameba.png
add
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
close
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
notifications
フォローする
メモを登録
close
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
public
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
repeat
また読みたい
『まいにちヘルシンキ』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
content_copy
まいにちヘルシンキ
まいにちヘルシンキ
content_copy
週末北欧部chika
週末北欧部chika
content_copy
あらすじ
「いつか」を夢見て行動を続けていたら、ついに叶った「フィンランドで寿司職人」の夢。首都ヘルシンキで働き暮らす毎日で見つけたもの、考えたことを写真と日記でお届けします。友達からのエアメールのように受けとってほしい、ひとり立ちin北欧エッセイ!『世界ともだち部』も同時連載中!
user_private

Web掲載情報

まいにちヘルシンキ
まいにちヘルシンキの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
北欧こじらせ日記

北欧こじらせ日記

オールカラー・全編書下ろしコミックエッセイ!北欧好きをこじらせた会社員が、寄り道だらけの人生で見つけた、自分だけの夢の道。それはまさかの…フィンランドで、寿司職人?「あの日フィンランドに出会っていなかったら、きっと私の人生は、全然別のものになっていたと思う」北欧の魅力にとりつかれ、通うこと12年。移住のために、会社員生活のかたわら寿司職人の修業を開始。モットーは「とりあえずやってみる」。そんなこじらせライフを、全編書下ろしのコミックエッセイにまとめました。人生を、夢を、自分らしく全力で楽しむ姿に「読むと元気になる!」「ほっこりした」と大反響。フィンランドのおすすめの場所や、日本で楽しむ北欧ライフのコツをまとめたコラムもたっぷり!
試し読み
世界ともだち部

世界ともだち部

私のはんぶんは、ともだちでできている。だから私は、前を向いていけるのだ。(本文より) フィンランドを好きになって10年以上。フルタイム就業+寿司学校通いという修業期間を経てついに北欧移住の夢を叶えた「週末北欧部chika」。信じられないくらい忙しくて、寿司修業先で泣きそうになったり英会話レッスンで言葉に詰まったり… そんなくじけそうになる瞬間も、「がんばればできる気がする!」と謎の前向きさを保てていた理由は、「世界各国にいるともだちのおかげ……!!」 自分と似たともだちとは同じ楽しみを共有し、異なる考え方を持つともだちには感化されることが、また自分らしさのひとつになっていく――。喜びとひらめきを与えてくれるともだちとのエピソードをつづる、前向きフレンドシップエッセイ! 『世界ともだち部』に登場するのは、たとえばこんな友人たち! ・「兄」「妹」と呼び合うフィンランド人のともだち・ハリネズミさん ・「こんな人になりたい!」と思い続けている心のヒーロー、ノルウェーの歌手5人組 ・はじまりは一目惚れ!わたしの“はんぶん”だと感じる韓国人のともだち・キツネさん ・大学時代の寮で、眠れない夜に発足した「インソムニア部」etc… コミックスだけで読める描きおろし漫画も収録! 【大人気SNSアカウント「週末北欧部」とは…】北欧が好きすぎて、会社員として働きながらフィンランドでの就業を目指して寿司学校に通い、ついにその夢を叶えてしまった人。前向きで、何かを愛することが上手な著者のエッセイは優しくてエネルギッシュな読み心地。(自画像のにこにこしたおもちのような生物は、カモメがモデル。)
マイフィンランドルーティン100

マイフィンランドルーティン100

サウナでビール片手にソーセージを食べる! 体が温まったら、目の前にある凍った湖に飛び込む! “好き”を詰め込んだ、最高にピースフルなフィンランド旅をご紹介! フィンランドに通い続けて、12年以上。北欧好きをこじらせた女子が、フィンランドで経験した様々なことの中でも一生続けたいと思えた、愛してやまない100個の本気のルーティンをご紹介。食べて、飲んで、遊んで、買って、ゆるりとした時間を過ごして。読んだら何度でも行きたくなる、どんどんフィンランドにハマっていく……! フィンランドオタクによる、ディープな旅の楽しみ方を詰め込んだコミックエッセイ。【contents】 Part1 食べる 顔より大きいシナモンロールを食べる/純度100%のフィンランド料理ビュッフェに行く/夏だけ現れる幻のカフェに行く Part2 飲む ブルーベリーをアテに水辺で酒を飲む/1人でビールフェスティバルに行く/スーパーで棚中のビールを買い込んで飲み比べパーティを開く Part3 楽しむ 湖畔でキャンプ飯を作って食べる/コテージを借りて数日引きこもる/サウナの後は凍った湖に飛び込む Part4 買う マリメッコを5店舗ハシゴする/フィンランドで靴を買う/蚤の市でレアな北欧アイテムを発掘する …etc. そのほか、自宅で作るフィンランドの定番レシピなどもご紹介! 【著者プロフィール】 週末北欧部 chika 北欧好きをこじらせてしまった会社員。Twitter: @cicasca Instagram: @cicasca

おすすめのマンガ

ちーちゃん

ちーちゃん

中学校に全然来ないちーちゃんが、ふいにボロボロのジャージ姿で虫の死骸を持ってやってきて、クラス中の騒ぎになった日。幼稚園からずっと一緒で彼女を気にかける優愛に、クラスメイトの航大が「俺がちーちゃんを助けてあげようか?」と言い出して…。内藤瑛亮監督の映画『毒娘』の常軌を逸したヒロイン・ちーちゃんの前日譚を、押見修造がオリジナルの漫画『ちーちゃん』として描く、異色のコラボ―ションによる新連載!!
ケモノクニ

ケモノクニ

<隔週水曜更新>人間が獣人の奴隷として虐げられる世界で、海獣と闘うための兵士として生まれ育った少年・灰茶。いつ死ぬかもわからない地獄の日々を孤独に生き抜いていた。そんな幼き少年が理不尽な世界であがく、下剋上バトル始動!
MAN OF RUST

MAN OF RUST

未完の"Twitter"漫画『MAN OF RUST』連載化!!自然の摂理を「心」で捉え、“力”に変える、人はそれを“第六感”と呼ぶ――。地の底“落界”。空を夢見る少年ルオは、ある日、地上のバケモノ“テツジン”の死骸、“遺鉄”を手にする。しかしそれは、触れてはならない禁忌の力だった――!目指すは地上。“ロクデナシ”が世界を変える、≪超王道少年漫画≫堂々開幕!!
POLE STAR

POLE STAR

東京からお母さんと一緒に熱海に越してきた中2の「ややの」。少々ひなびたホテルがお母さんの新しい職場だった。不安だらけのややのだったが、そこでお母さんの驚くべき姿を目撃する…! ややのにとって、これが初めて体験する人生のターニングポイント!? 一本のポールが少女を変える奇跡の物語に、『ハレ婚。』のNONが挑む!
100年の経

100年の経

絶望と決意。孤独と愛。 名もなき小説家が目覚めたのは、AIのみが小説を書く衝撃のSF近未来! デビュー以来、鳴かず飛ばずの小説家・菅井櫓は、ある日突然、余命宣告を受けてしまう。 人生に絶望し筆を折る彼の前に、菅井の作品を愛する一人の女性が現れる。 「彼女のために小説を書こう」 そう決意した菅井は再び筆を執るが、病状は少しずつ悪化。 治療費も尽きかけた頃、コールドスリープの試験体の話が舞い込んだ。 試験体となれば、治療費が賄える。 菅井は、”今”小説を書き上げるために試験体となることを決意。 彼女にはコールドスリープのことは秘密のまま、小説を書き上げた菅井は100年の冬眠につく。 そして2120年。 AIが完全な小説を書き綴る時代に、100年のコールドスリープから目覚めた名もなき小説家が、“大切な人”のために再び筆を執る———
やがて、ひとつの音になれ

やがて、ひとつの音になれ

圧倒的新人作家、初連載! 「才能」という壁と対峙するふたりの青春譚。 ピアノに恋し、そしてそれは呪縛になった…。「天才少年」だった奏は難治性の病でピアノを断念して7年、ライバルが彼の前に有名ピアニストとして現れる。最も会いたくて会いたくない相手との再会を機に、奏は手放してしまった”大切な音”と再び向き合うことになる。左手のみを武器にして。
どくだみの花咲くころ

どくだみの花咲くころ

癇癪持ちで予測不能な動きをする信楽はクラスでも浮いた存在。なんでもソツなくこなす優等生の清水は図工の時間に盗み見た彼の紙粘土の作品に心を奪われる。この日をきっかけに遠くから信楽の観察をはじめることに。ある日、清水は偶然近所の空き地に信楽が入っていく姿を見つける。彼が帰ったあと、こっそりその場所にいくとそこには独創的な形の草人形があった──。優等生と問題児の不穏で愉快な友情物語、開幕!
これからどうする?

これからどうする?

老後のために「いつかやろう」を「今やる」、アンチエイジングエッセイ! ひきこもり気味で面倒くさがり屋の漫画家と、フッ軽で人生ノープランの編集。アラフォーにさしかかった女ふたり、はたと人生の折り返し地点で「このままじゃやばい!」と思い立つ!!お金のこと、体のこと、美容のこと、家族のこと…もう半分の人生を「これまで」のように楽しく生きるには「これから」何をすればいいのか……“老い”への不安や疑問に、思いついた先から体当たりで取り組む、アンチエイジングエッセイ!!