【コメントあり】マンガ原作界の巨匠・狩撫麻礼氏の追悼本がいよいよ双葉社より発売!

2018年の1月に亡くなったマンガ原作者、狩撫麻礼(かりぶ・まれい)氏。

漫画アクション編集部 on Twitter

漫画原作者の狩撫麻礼(土屋ガロン、ひじかた憂峰)さんが逝去されました。弊誌では、漫画アクション50周年にお祝いのコメントを頂いたのが最後の原稿となりました。担当になってから22年、沢山の事を教えていただきました。感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。(編集長・H)

1979年『East of The Sun, West of The Moon』(画・大友克洋)でマンガ原作者としてデビューして以降、『青の戦士』(画・谷口ジロー)、『迷走王ボーダー』(画・たなか亜希夫)、『ハード&ルーズ』(画・かわぐちかいじ)など多くの作品の原作を手がけてこられました。90年代半ばには「マンガ原作者、狩撫麻礼」の名前を捨て、土屋ガロンひじかた憂峰など数多くの別名で活動していた作家としても知れています。

狩撫氏が得意としていた泥臭いハードボイルドな作風は俳優や映像業界のファンも多く、これまで多くのマンガ作品が映像化されてきました。

例えば、『ア・ホーマンス』(画・たなか亜希夫)が松田優作監督・主演で映画化、『オールド・ボーイ』(画・嶺岸信明)がパク・チャヌク監督、スパイク・リー監督でそれぞれ映画化(パク監督作は第57回カンヌ国際映画祭グランプリ)、『湯けむりスナイパー』(画・松森正)が大根仁演出・遠藤憲一主演でドラマ化などなど……マンガを読んだことなくても、これらの映像作品を観たことあるという人も多いでしょう。

さて、ここからが本題なのですが、昨年の11月、狩撫氏のファンサイト「ツキノウタゲ」に「狩撫麻礼追悼本が双葉社から刊行される見込みです。複数の出版社の合同企画にて、多くの関係者が寄稿されます。時期はまだ不明。」という書き込みがされて以来、今か今かと待っていたファンみなさん……

ついにぃ〜〜〜〜〜7月23日に発売されるそうですよ〜〜〜〜〜〜!!!!

タイトルは『漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018《そうだ、起ち上がれ!! GET UP,STAND UP!!》』、満を持して双葉社より発売ですっっっっ!!!!!

漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018《そうだ、起ち上がれ!! GET UP,STAND UP!!》』/双葉社

狩撫氏といえば、これまで双葉社、小学館、KADOKAWA、日本文芸社など多くの出版社から作品を出してきました。今回なぜ双葉社からこの追悼本がでることになったのか? マンバ通信はこの追悼本の編集を担当された双葉社の平田昌幸さんにお話を伺いました。

昨年1月に狩撫さんが亡くなった際、双葉社、小学館、KADOKAWA、日本文芸社の各社の担当者が集まり、今後の事を話し合った結果、四社共同で7月に「狩撫麻礼さんを偲ぶ会」を開催しました。

その際、狩撫さんのデビューが双葉社というお付き合いの長さから、双葉社が代表を務めさせていただきました。


追悼本を出そうという構想は亡くなった直後から考えてはいたのですが、当初は双葉社単独で編集する予定で、手伝ってもらえるフリーの編集者さんを探していたところ、ある版元(漫画を出している版元ではありません)の編集者に相談したら「狩撫さんの追悼本を出そうとウチでも企画をしたのですが、狩撫さんは一切表舞台に出ない人だったので、分からないことが多すぎて断念しました。追悼本は、その人となりを良く知る人じゃないと作れないですよ」と言われ、まっさきに頭に浮かんだのが小学館・KADOKAWA・日本文芸社の各社担当者の顔でした。

「偲ぶ会」終了当日の夜、四社共同による追悼本作成をお願いし、みなさんからご快諾をいただいた次第です。

それと同時に、前述の追悼本を断念した版元の編集者の言葉もあり、《作家・狩撫麻礼の実像が浮かび上がる》本にしよう、という基本コンセプトが決まりました。

この追悼本は、参加していただいた皆さん一人一人の狩撫さんへの熱い思い、すべてが見所です。

その中でも、デビュー前の貴重な様子を語っていただいた劇画村塾第一期生の同期である高橋留美子さん、山本貴嗣さんをはじめ、狩撫さんのターニングポイントに関わったかわぐちかいじさん、いましろたかしさん、カネコアツシさん、嶺岸信明さん、松森正さんにはインタビューさせていただきました。

それから、「らくえんのうた」「ツキノウタゲ」というファンサイトに集まった読者の方たちと協力し、《不完全》作品リストを制作しました。狩撫さん本人も把握していなかったので《不完全》とならざるを得ないのですが、読者の皆さんの情熱の結晶です。

実は追悼本を出すこと自体、「けっして騒がぬように」という狩撫さんの遺言に逆らってしまった……という思いはあります。でも、狩撫麻礼という漫画原作者が存在したことを、記録として残さなければいけないという使命感がありましたし、何よりもこの本に関わっていただいたすべての人の狩撫さんへの想いを一冊にまとめることができ、感無量です。

派手なことを嫌い、表舞台へ登場することもほぼ無いままにこの世を去った狩撫氏。

彼のことを心から愛する人々によって作られたこの追悼本には、これまで読者が目にすることのできなかった狩撫麻礼という人間の軌跡がしっかりとおさめられていることでしょう。彼がどのようにしてマンガ家たちと向き合い、数々の原作に取り組んでいたのか……ぜひ、これを機会にこの本を手にとってみてはいかがでしょうか?

【発売情報】

漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018《そうだ、起ち上がれ!! GET UP,STAND UP!!》
狩撫麻礼を偲ぶ会(双葉社・小学館・KADOKAWA・日本文芸社)・編
双葉社より7月23日(火)頃発売(一部書店を除く)/ A5判 定価1800円+税

【寄稿者】※五十音順
相原コージ、秋吉理香子、新井英樹、いしかわじゅん、和泉晴紀、いとう耐、いましろたかし、岩崎夏海、浦沢直樹、江口寿史、大根仁、押見修造、小幡文生、柏木ハルコ、角田光代、加藤広大、カネコアツシ、かわぐちかいじ、きらたかし、王欣太、河野那歩也、櫻井稔文、すぎむらしんいち、鈴木健也、須藤真澄、須本壮一、関川夏央、高橋留美子、田亀源五郎、武田裕明(TKD)、竹谷州史、たなか亜希夫、田辺剛、張慶二郎、寺田克也、ナガテユカ、仲能健児、中村真理子、羽生生純、ハロルド作石、古澤健、ブルボン小林、松本大洋、松森正、嶺岸信明、向井康介、守村大、山崎紗也夏、山下敦弘、やまだないと、山本貴嗣、吉本浩二

狩撫麻礼のマンガ情報・クチコミ

主な作品『バッドブラッド』 『淑女たち』 『マニュアル』 『3ツのお願い』 『BOX ―暗い箱―』など。別名義は「ひじかた憂峰」 「土屋ガロン」 「marginal」など。[月の宴][漫画天国「まんてん」 – 電子書籍はeBookJapan]

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

影絵が趣味
影絵が趣味
2019/01/12
無記名的な、無国籍的な、大陸横断的な
狩撫麻礼の名義でもっとも世に知られる土屋ガロンが原作をつとめているのが『オールド・ボーイ』。韓国の名監督パク・チャヌクにより映画化され、カンヌ国際映画祭では審査員特別グランプリ、さらには映画大国アメリカはハリウッドでもリメイクされ、その際、それら会社間での権利関係で色々と揉め事が発生したようである。 そんな作品のほうが勝手にひとり歩きしている状況は原作者冥利には違いないが、この原作者、狩撫麻礼という名義でもっとも知られている男はじつに変な男である。まず、狩撫麻礼という名はカリブ=マーレー、つまりレゲエ音楽家のボブ・マーリーと彼の生活の拠点であったカリブ海とを掛け合わせたものらしいが、土地や名前などの固定的なイメージをペンネームに使用していながら、当の本人、狩撫麻礼という名義でもっとも知られているこの男は、土地や名前などの固定化したイメージから浮遊して逃げさるかのように極めて無記名的な存在である。いくつものペンネームを使い分けるさまは言うまでもなく、そもそもマンガ原作者であるために絵柄は作画担当に委ねられ、ひとつのイメージに定まることはない。さらにはいっさいメディアに顔を現さないために誰も彼の姿形を知らず、狩撫麻礼は彼のマンガに出てくる登場人物たちのように部屋には冷蔵庫とサンドバッグだけがポツンと置いてある、冷蔵庫の中身はすべてビールで埋め尽くされている、なんていうような妙に信憑性のある伝説だけが勝手にひとり歩きしているのである。そう、作品だけではなく、彼の存在自体も"物語"となり勝手にひとり歩きしているのである。 そもそも物語とは何か。物語とは話し語ることであり、物語の起源とは伝承にほかならない。当然のことだが、物語の伝承には著作権などなければ固有性も何らそなわっておらず、しかし当の物語のほうは極めて匿名的に、希薄にも、希薄であるが故に霧や空気のように所かまわず浸透して、あらゆる隙間を縫って各方面へひろく拡大伝播していく性質をもっている。著作者という概念など人類のながい歴史において近代になってようやく発生したものにすぎない。では、物語の本質とは何か。著作者という概念が発生した近代以降は、それは著作者その本人に帰依するものと一般には言われているようだが、人類のながい歴史からみた物語の場合はそうはいかない。その物語の発話者を遡って探していこうにも、その先には深淵があるばかりである。あるいは都市伝説によくあるように、その物語伝承の起源を仔細に追っていった結果がじつに身も蓋もないことであることも往々にしてあるだろう。すなわち物語の本質とは、その発生の起源ではない。物語の本質とは、むしろ、著作者を置き去りにして、極めて匿名的に、希薄にも、希薄であるが故に霧や空気のように所かまわず浸透して、あらゆる隙間を縫って各方面へひろく拡大伝播していく性質のほうにあるのではないか。それはまさしく物語が勝手にひとり歩きするということである。 そして、まさしく『オールド・ボーイ』はそんな物語の本質を貫くかのように、狩撫麻礼の名を置き去りにして、マンガというジャンルを越えて日本から韓国へ漂流し、ヨーロッパへ渡り、とうとうアメリカ大陸にまで辿り着く。しかも、ひとつひとつ国を跨ぐごとに、その物語の中身は少しずつ改変されているのである。狩撫麻礼とは物語の本質を身に纏い、世界各地をさながら無記名の幽霊のように彷徨い歩く男の仮の名前ではないか。そして、そんな男が、わけもわからずに何十年も監禁されて、そのわけを探すために街を彷徨い歩く、さながら記憶喪失のような男の後ろ姿と妙にかぶさるのである。 ところで、幽霊で思い出したのがロシア文学の代表格ゴーゴリが書いた『外套』という小説である。極寒の地、ロシアで、アカーキイ・アカーキエウィッチというひとりの男が新調したての外套を追い剥ぎに奪われて死んでしまうという小説だが、アカーキイの死後、各地でアカーキイの幽霊が現れて外套を奪っていくという噂が流れはじめる。じっさいに幽霊をみたというひとが遠い街から現れたが、その幽霊の風貌はアカーキイの姿形とはまったく違っていたという。 カリブ=マーレ―から拝借したという狩撫麻礼の名をみるたびに、私にはそれがカリブ海の南国のイメージとはどうしても繋がってこない。むしろ、なぜだか、狩撫麻礼ときくと大陸を横断してはしる極寒のシベリア鉄道を思い浮かべるのである。