タイトルが「○○な××さん」の漫画、『からかい上手の高木さん』のブレイク以降激増した説

水曜日のマンバ通信をご覧の皆様、こんにちは。執筆者が持ち寄った様々な説を検証するこのコーナーですが、今回私が持ってきた説はこちらです。

タイトルが「○○な××さん」の漫画、『からかい上手の高木さん』のブレイク以降激増した説

 

・条件1:主人公の属性や肩書きではなく「名前か名字に」、敬称としての「さん」が付いているもののみにする。

「お兄さん」「お姉さん」「おっさん」のようなものも、タイトルの意味合いとしては「○○な××さん」に近いのかもしれませんが、今回は除外しました。

・条件2:基本は「○○な××さん」もしくは「××さんは○○」のように、タイトルの主が××さんにあるものにする。

『小林さんちのメイドラゴン』や『高杉さん家のおべんとう』など、名字でピックアップされているのが個人ではなく家庭単位になっているものは、名字の部分は「○○な」に相当するだろうということで除外しました。

・条件3:「××さん」や「××さんと△△くん」のように、主への装飾文が無いものは除く。

複数人が並列で主になっていても「××さんと○○な△△くん」のように「○○な」の部分があるものはなるべくピックアップしました。

この条件でピックアップした作品の発売日や傾向を考察することで、説を立証できるのではないかと。検索する方法についてはだいぶ苦心した(例えばWikipediaの「日本の漫画作品一覧」なんかだと、肝心な近年の流行作品が入っていないものが多い)のですが、最終的にはebookjapanさんの「少年・青年」カテゴリを、単純に「さん」で検索してピックアップしました。全てを書き出すとあまりに莫大な量になるので、とりあえず漢字のものだけを集めてみました。(それでも213作品にもなるのですが)

紺野さんと遊ぼう

スーパー主婦 月美さん

森田さんは無口

がんばれ!消えるな!! 色素薄子さん

すみっこの空さん

ニラんで!平田さん

絶対生徒会長!! 大熊猫さん

我妻さんは俺のヨメ

BOOTSの山田さん

百舌谷さん逆上する

時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。

教えて!ふれん道和ん田~さん

鳩子さんとラブコメ

妄想稼業の道長さん

富士山さんは思春期

となりの柏木さん

セレブリティ麗子さん

田中さんちの白米ちゃん

とんちの一休さん

あしたの今日子さん

どうなのっ河本さん!

出番ですよ?近藤さん!

百武さんちの静さん

3LDKの花子さん

大好き 吉村サン!

となりの山田さん

受付の白雪さん

あねちゅう! 溺愛悶絶美奈子さん

犬神さんと猿飛くんは仲が悪い。

からかい上手の高木さん

七瀬さんは前向きになりたい

ラーメン大好き小泉さん

鴨居さんはドキドキしたい

相沢さん増殖

フィールドの花子さん

餅巣菓さんに呼ばれる

ゲスいよ! 花村さん

小森さんは断れない!

唯我独尊 天堂サン!

鑑識女子の葉山さん

おまつり源さん

宮本さん本気でヤメてくださいっ

木倉さんと三人三脚

ラブホの上野さん

自動販売機 戸部さん

辻浦さんとチュパカブラ

黒森さんの好きなこと

仕切るの?春日部さん

主任の一ノ瀬さん

駅近物件 不動さん

ケッパレ松原サン!

ナイショの戸黒さん

くのいち女子高生 音無さん

のぼる小寺さん

ハケンの麻生さん

密着!江坂さん

武蔵くんと村山さんは付き合ってみた。

だけど温田さんはひとりでデキない

おねがい朝倉さん 

社外秘!神田さん

耳袋さんの知恵袋

辻堂さんの純愛ロード

春木屋さんはいじっぱり

木根さんの1人でキネマ

千早さんはそのままでいい

天賀井さんは案外ふつう

もももも百田さん

はんなりギロリの頼子さん

猫戸さんは猫をかぶっている

ヤンキー西宮さんはちょろい

鉄板OL千賀さん

S渡さんとM村くん

駄能力JK成毛川さん

音無さんは破壊神!

寺島さんは悟っている 

鈴木さんのたてがみ

琴ノ葉さんが恋してる

笑って!外村さん

今日の早川さん

かわいそうな真弓さん

トンネルの華子さん

ゆらぎ荘の幽奈さん

ちいさい梅小路さん

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?

八雲さんは餌づけがしたい。

紅井さんは今日も詰んでる。

北島さんの難儀な日常

上野さんは不器用

猫のお寺の知恩さん

マル勇 九ノ島さん

古見さんは、コミュ症です。

化野さんはすでに死んでる。

結崎さんは投げる!

三成さんは京都を許さないー琵琶湖ノ水ヲ止メヨー

篠崎さん気をオタしかに!

人身御供の緋山さん

君花さんのスイーツマッチ

麻衣子さん、ちょっと!

すこしふしぎな小松さん

高岡さんの妄想経理メモ

高嶺さんはモテたい

文野さんの文具な日常

大上さん、だだ漏れです。

木になる森さん

松風さん、走ってる。

佐倉さんご指名ですよ

ボクだけ知ってる一宮さん

阿波連さんははかれない

和泉さんはわりと魔女

江戸の蔦屋さん

美人上司滝沢さん

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

宮尾さんは生えている

和牛○○の小池サン

浜咲さんなら轢いている

ちょろこいぞ!休刊さん

僕の歌子さん

イケナイ菜々子さん

窓香さんの天然なゆーわく

名探偵コナン 犯人の犯沢さん

築城院さんハシャギ過ぎ

井地さんちは素直になれない

長谷部さんのいる野球部

ほぐされ紳士、揉井さん

ふしぎの国の波平さん

きょうの猫村さん

稲川さんの恋と怪談

イジらないで、長瀞さん

やんちゃギャルの安城さん

なぜ備さんはいつもいやらしいことばかり想定して危機管理しているの?

佐伯さんと、ひとつ屋根の下

金剛寺さんは面倒臭い

がんくつ荘の不夜城さん

世話やきキツネの仙狐さん

浦見さんは今日も危うい

黒森さんはスマホが使えない

弁当やばいよ 水無瀬さん

佐伯さんは眠ってる

瀬戸際女優!白石さん

姫野さん、くいだおれる。

幽子さんは見られたい

開田さんの怪談

鬼桐さんの洗濯

変な知識に詳しい彼女 高床式草子さん

A子さんの恋人

自意識過剰な桐谷さん

死んデレ彼女の萌奈美さん。

起きてください、草壁さん

レンタル彼女月田さん

美乃さんのそれ、さわってもいい?

バーサス魚紳さん!

美魔女の綾乃さん

高梨さんはライブに夢中

枕田さんの悪夢はしょうがない?

世直し源さん

長身ぽっちゃり女子校生「高田さん」

顔に出ない柏田さんと顔に出る太田君

おしかけメイドの白雪さん

わざと見せてる? 加茂井さん。

佐藤さんはPJK

井の中の本子さん 

しゅきしゅき大手記さん

豹藤さんは攻略(おと)したい

小林さんは地味だけど。

天王寺さんはボドゲがしたい

邪剣さんはすぐブレる

ニセ記憶喪失の蜂夜さん

絶対に下着がみえない花屋敷さんの研究と考察

剥かせて!竜ケ崎さん

可愛いだけじゃない式守さん

倉本さんはどうして死体をつくるのか?

終末の貞子さん

トイレの花園さん

死なないで!明日川さん

便利屋斎藤さん、異世界に行く

となりの布里さんがとにかくコワい。

泉さんは未亡人ですし…

隣の席の佐藤さん

田舎暮らしの若美さん

花園君と数さんの不可解な放課後

春川さんは今日も飢えている

男殺しの音頃さん

花野さんとの縁結びは難しい

まんが御絵伝 蓮如さん

履いてください、鷹峰さん

冠さんの時計工房

里村さんの欲望ダダ漏れごはん

ちょろいですよ鬼殺さん!

闇~10年間、殺され続けた山下さん~

深沢さん、ありがとう。

浅海さんと死んでもイキたい。 

こころのナース夜野さん

満月さんのネガティブ日常

ギリギリ遮る片桐さん

恋屍川さんは肉食系

多田依さんはホメられない!

久保さんは僕を許さない

恋愛経験値ゼロの乙女さん

一見クールだけど普通可愛い篠田さん 

お近づきになりたい宮膳さん

香好さんはかぎまわる

怪談部の京香さん

大人をだめにする看護師北野さん

雛野さんは友達です…?

暗殺組合の山田さん

蕗ノ下さんは背が小さい

乱したい戯谷さんと乱れないタダミチ

きょうも黒咲さんのターン!

信号さんはそこにあり

帰ってください!阿久津さん

水島さんと触れ合いたい

桜井さんは気づいてほしい

橘花さんは抜きたくない!~女子校生剣士・異世界血風録~

みなさんは何作品読んでいたでしょうか。ちなみに、名前が被っているのは山田さん(BOOTSの山田さん、となりの山田さん、暗殺組合の山田さん)、花子さん(3LDKの花子さん、フィールドの花子さん)、佐藤さん(佐藤さんはPJK、隣の席の佐藤さん)、白雪さん(受付の白雪さん、おしかけメイドの白雪さん)、音無さん(くのいち女子高生 音無さん、音無さんは破壊神!)、上野さん(ラブホの上野さん、上野さんは不器用)、佐伯さん(佐伯さんと、ひとつ屋根の下、佐伯さんは眠ってる)、桐谷さん(桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?、自意識過剰な桐谷さん)、の8種類でした。山田さんや佐藤さんはまぁやむを得ない所でしょうし、白雪さんや音無さんなどのいかにも漫画っぽい名字が被っているのはなるほどと思わされましたが、佐伯さんや桐谷さんあたりは「被ってしまった」感がありますね。もしこれから始める漫画のタイトルを「○○な××さん」系にしようと思っている方は、被らないように気を付けてください。

これらの「○○な××さん」タイトルを、単行本1巻の提供開始日で並べたのが以下のグラフになります。

ebookjapanさんが2010年頃までどの程度のタイトルが用意されていたのか分からないという問題はありますが、2013~2014年頃から徐々に増えだしていますね。なお、「からかい上手の高木さん」の単行本1巻の2014年6月12日発売です。アニメの放送は2018年1月からですが、2017年には単行本の特別版が作られたりスピンオフの連載が始まっているので、2017年からすでにブレイクしていたと言っても過言ではないでしょう(しかし、いつどの時点で高木さんがブレイクしたかとハッキリ言い切るのかが微妙な時点で、そもそも説として破綻している気もしますね……)。2017年5月から2020年4月までは、毎月何かしらの「××さん」の単行本1巻が発売されているあたりは、高木さんの影響とまでは言えないものの、完全に「○○な××さん」のタイトルがブームになっていたと言えるのではないでしょうか。

また、今回調べたのは「さん」だけですが、「くん」(闇金ウシジマくん、将棋の渡辺くん、月刊少女野崎くん、湯神くんには友達がいない、可愛そうにね、元気くん、武士スタント逢坂くん!、思春期ルネサンス!ダビデ君、県立海空高校野球部員山下たろ~くん、などなど)や、「ちゃん」(宇崎ちゃんは遊びたい!、干物妹!うまるちゃん、ちおちゃんの通学路、ヤンキーJKクズハナちゃん、恋に恋するユカリちゃん、ふだつきのキョーコちゃん、淫らな青ちゃんは勉強ができない、悪魔のメムメムちゃん、姫乃ちゃんに恋はまだ早い、などなど)や、「様」(かぐや様は告られたい~天才たちの恋愛頭脳戦~、柊様は自分を探している。など)では調べていないため、これらも含めたらさらに数は増えることでしょう。誰か時間に余裕がある方は、「くん」「ちゃん」「様」なども全て含めた完全版を作ってください……。

ところで、私が他の人より少し詳しいとしているのは麻雀漫画というジャンルなのですが、「麻雀をしていて面白ければ、わりと何をしてもいい」タイプのジャンルなので、時事の流行やパロディを積極的に取り入れがちです。もっとも、専門誌である近代麻雀系列誌は月刊誌2種が休刊になり、近代麻雀本誌も月2回刊から月刊に変わったため、その分だけ発表の場が少なくなっていますが……。それでも、近年のラブコメ作品を中心とした「○○な××さん」ブームにしっかり乗っかった漫画が2本、KADOKAWAのComicWalkerで始まっています。それが「鳴かせてくれない上家さん」と「一色さんはうまぶりたいっ!」です。いずれも高校の麻雀部を舞台にした、男女の恋愛感情にうまく麻雀を重ね合わせた良作となっており、単行本が出るのが楽しみです。麻雀漫画と言うと、いまだに「大金や身体が賭かったギャンブル」や「裏社会」などのイメージを持つ人も多いのかもしれませんが、もうその段階は通り越して、麻雀が1つのゲーム・競技として存在する世界に違和感を持たれない時代になっているのかもしれませんね……。

というわけで、そろそろ強引にまとめさせていただきます。

タイトルが「○○な××さん」の漫画は、「からかい上手の高木さん」の1巻が発売されたあたりから増え出して、麻雀漫画にも登場するほどになった。

記事へのコメント

面白い視点ですが、漫画自体が増えてる可能性もあるので
含まないものの数も見ないと増えてるとは言い切れないかもですね。
(母数が増えていて、割合は変わっていないパターン)

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

影絵が趣味
2019/07/06
大きくなったり小さくなったりする女のはなし
先日のこと、昼休みにヤングジャンプを読んでいると、新卒のコーハイが「何読んでるんですか?」と声をかけてくる。目障りだと思いつつも「キングダムだけど」とだけ応えると、 「うまるちゃんは読んでないんですか?」 「ああ、あの大きくなったり小さくなったりする女のはなしね」とぶっきらぼうに応える。 「それはそうですけど、バカにしてるんですか!」 「いや、だって本当にそうじゃん」 という会話があった。 マンガを読んでいるところを邪魔されたから無愛想ではあったものの、バカにする気などはさらさらなく、むしろ、"大きくなったり小さくなったりする女"は個人的に漫画史においての重大なテーマですらある。"大きくなったり小さくなったりする女"をもう少し丁寧に定義して言い表すならば、比較的に写実的に描かれていた主に女性のキャラクターが一時的にデフォルメ化されることで頭身が縮小する現象とでも言えるだろうか。 近年でもっとも印象的な"大きくなったり小さくなったりする女"の代表としては、やはり『君に届け』の黒沼爽子が挙げられる。基本的には清潔で純情なラブロマンスだが、爽子の恥じらいがギャグとして描かれるときに彼女はデフォルメ化されて縮小している。先の定義で"主に女性のキャラクター"としたのは、このデフォルメ化による縮小が当初は少女マンガの表現方法として漫画史に浮上したのではないかとの推察からなっている。まず手塚治虫にはこの手のデフォルメ化はみられない。唐突なヒョウタンツギの挿入は、おそらくはこのデフォルメ化に近い要素を持っていそうだが、じっさいにキャラクターがデフォルメ化されて縮小しているわけではない、そもそも手塚治虫のキャラクターは始めからだいぶデフォルメ化されている。そこでもう少し先にすすんで「少女漫画の神様」と称される萩尾望都をはじめ、"花の24年組"の大島弓子や竹宮惠子や山岸凉子はどうかというと、描かれるキャラクターはデフォルメ化を遠く離れ、頭身は実寸サイズになってはいるものの、彼女たちが何かの拍子に不意に小さくなることはいまだみられない。そこでさらに時代を進めて川原泉のマンガを読んでみると、ここではもう明確にデフォルメ化によるキャラクターの縮小が起きている。しだいにこのマンガ表現は男性マンガにも活用されていき、たとえば、マンガ史上もっとも写実的なマンガのひとつといえる『スラムダンク』では、ファールで退場しそうな桜木花道が逃げ腰のディフェンスになり、その様子がデフォルメ化の縮小として描かれているし、当のうまるちゃんではもっとも過激で大胆なデフォルメ化の縮小が行われている。そのほか印象的なものを挙げるなら、津田雅美の『彼氏彼女の事情』、吉田秋生の『海街diary』に連なる連作などがあるだろうか。吉田秋生のデフォルメ化は、その顔が松本零士『銀河鉄道999』の星野鉄郎みたいになるというオマケ付きである。 では、いったい、いつどこで誰が、このデフォルメ化による縮小というマンガ表現を使いはじめたのか、ここを明らかにすることは漫画史を俯瞰するうえでとても有意義な試みだと思うのだ。
sogor25
2019/05/04
祝・秋本治先生賞受賞!(そんな賞は実在しません)
主人公は30代独身OL・木根真知子。会社では課長という役職もあり、キャリアウーマンとして完璧に擬態しているが、趣味は映画鑑賞と映画感想ブログの更新という、ゴリゴリの映画オタク。という木根さんの日常を描くコメディ作品。 「怒りのロードショー」「シネマこんぷれっくす!」「私と彼女のお泊まり映画」「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」「映画大好きポンポさん」等々、近年名作が多数登場している"映画マンガ"の中でも草分け的な存在のマンガであり(単行本基準。1話の発表自体は「怒りのロードショー」のほうが先みたい)、かつテーマ的には「トクサツガガガ」に近いものがあり、映画を知らなくても何かしらの趣味を持つ人であれば誰でも楽しめる作品。 この作品の1番の魅力は主人公・木根さんの"オタクとしての"性格の悪さ(笑)。ブログの内容に反する意見を受けてボロクソに罵ったり、ナチュラルに萌えアニメを見下してたり、木根さんはかなり面倒くさいタイプのオタク。だからこそ職場では擬態しているわけだが、(ここは「トクサツガガガ」とは明確に差別化できる点だけど)映画の場合はオタクじゃなくても嗜んでいる人間が周囲に普通に存在していて、だから職場でもナチュラルに映画になったりして、でも"映画を全く見ない"という体で擬態しているため、例えば「スター・ウォーズどこから見るのがベスト?」「ジブリ作品で何が1番好きか?」という話題に対して、"擬態した状態での正解の回答"と"映画オタクとしての自身の回答"とでせめぎ合ったりする。この絶妙なテーマ設定が、この作品を純然たるコメディ作品へと仕上げている。 ちなみに、先日発表された第23回手塚治虫文化賞で、マンガ大賞選考委員の秋本治さん、桜庭一樹さんが動画コメントで自身のイチオシ作品として(大賞ノミネート作品でもないのに)この「木根さんの1人でキネマ」を挙げており、主に私の中で話題になりました。このコメントがうまい具合にバズってこの作品が広く知られるきっかけにならないかなぁと密かに期待してたりします。 6巻まで読了