名古屋って言うな!知ってるようで知らない愛知『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』

最近は地方を舞台にしたご当地4コママンガの勢いを強く感じます。

静岡県の『ローカル女子の遠吠え』。

石川県の『のみじょし』。

和歌山県の『下を向いて歩こう』。

山梨県の『mono』など。

そして今回ピックアップする佐野妙先生の作品『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』も、その流れを汲んでいます。

佐野妙先生といえば、アニメにもなった『森田さんは無口』をはじめ『ちょい能力少女あゆむ』、『小悪魔さん』、『ウリとツメ』などかわいい女の子が活躍する4コママンガが得意な作家さんです。

現在まんがライフ連載中の『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』は佐野妙先生の出身地、愛知県豊橋市が舞台です。

シングルになった母親と一緒に豊橋に引っ越して来た主人公「国元はるか」は周りになじめないでいました。

ある日、はるかは地元愛の強いボランティア部の部長「吉田ちぎり」と出会いボランティア部に誘われて入部します。

部のメンバーはもう一人の先輩で家がキャベツ農家の「安曇潤」、はるかと同じ外様のクラスメイトの「矢越奈々」の計4人です。

はるかはボランティア部の活動を通じて豊橋のことを知りだんだんとなじんでいきます。

ボランティア部の活動は、学校の雑用や他の部の手伝いです。

もっとも、活動よりもその後の報酬のおやつがメインになってます。

おやつには、豊橋工場で作られたブラックサンダーを始めとして豊橋名物が多く出てきます。

『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』1巻より

「ブラックサンダーあん巻き」とか「八雲だんごのチョコマント」とか実際に食べてみたいですね。

豊橋愛の強すぎるちぎりと名古屋出身の奈々、岡崎出身のボランティア部顧問の「津島先生」とのバトルが必見です。

奈々は天然であることに加え名古屋は豊橋より上的な発言が多いのでちぎりとよくぶつかります。

津島先生とは愛知のNo.2の座争いでバトルになります。

津島先生が岡崎出身の将軍「徳川家康」の名前を出すと対抗してちぎりが豊橋出身の別の将軍の名前を出しました。

その名前に大爆笑しました。

将軍の名前は実際に単行本を読んで笑ってもらいたいですね。

それでも、なんだかんだ言っても同じ愛知県民なのでボランティア部の面々は仲良しです

愛知県民以外は意識していない「尾張」「東三河」「西三河」の区別なども知ることができて面白いです。

このように知ってるようで知らない愛知、そして豊橋のことを笑いながら知ることができる作品です。

また聖地巡礼で訪れなければならない場所が増えました(笑)。

記事へのコメント
コメントする

話題に出た作品のクチコミ

user_private
名無し
2020/07/19
東京は遠きにありて想うもの
camera「負け犬の遠吠え」という言葉からは あまりいい印象を受けない。 その点でこの「ローカル女子の遠吠え」という題名は 上手いネーミングだな、と思った。 「田舎女子の遠吠え」とか「静岡女子の遠吠え」では 田舎や静岡の人から怒られれそうだし。 とあるイチ・ローカル出身女子の話ですよ、と チョットだけネタ対象をぼかしたわけだが、 どうせ一読すれば「静岡かよ!」と ディスり対象は丸判りで、それで問題はないし。 (いや、静岡をディスって良いと言う意味ではないが) 逆に静岡ディスりをもっと前面に出すのであれば 「シゾーカ女子の遠吠え」でも良かったかなとも思うが(笑) 私は「ローカル女子の遠吠え」を読んで、 瀬戸口先生って都会と地方、東京と静岡の 比較感覚とかギャグセンスも含めてリアルだと思い、 眼の付け所とかバランスとかいいなあ、と思いました。 はい、私も静岡県出身です。 子供のころはゴールデン・ウィークは茶摘ばかりで ほとんど遊びになど行けませんでした。 GWに遊びに行けない不幸?とかその他とかで、 私も子供のころは、やはり田舎はメンドクサイ、 都会はいいだろうな、とは想ったりしたわけです。 しかし現実には都会は便利で娯楽も多いけれど お金と時間の両方に余裕があるならば楽しめる、 という面が大きい。 その点、田舎は収入や娯楽は少なくても、 適度に生活を成り立たせて暮らす余裕は確保しやすい。 なので静岡の特徴的なところを 「それが普通」と思えば苦にはならんし、 「そこが良い」と思えば楽しくもなるのですよね。 その辺について主人公の有野りん子さんは 東京生活で疲れて静岡に戻りながらも 東京全否定でも静岡全肯定でも、その真逆でもないスタンスで、 静岡の独特なところを、りん子さんの独特な思考回路で 実感して見つめなおして評価します。やや自虐的に。 その流れとか結論とかが面白すぎる(笑) 漫画ですし、りん子さんがそういうキャラだから 面白いのだからこの漫画はそれでいいしそれがいい。 リアルでは静岡に限らずそれぞれの地方のローカル民は 東京とか都会はいいなあと言いつつ、 地元の独自性を自虐ネタにして笑って生活している 人が多いんじゃないかと思いますけれどね。
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/08/26
海辺で宝探し女子高生! #1巻応援
この作品は「ビーチコーミング」という趣味を取り上げています。ビーチコーミングとは、海辺で漂着物を拾ったり、観察したりする趣味のこと。私はこの趣味をマンバ通信の記事で知り、作品に興味を持ちました。 https://manba.co.jp/manba_magazines/11307 そんな趣味を楽しむ女子高生達。 ●ビーチコーミングが好きな旅館の娘・硝子 ●スイスから越してきた碧眼娘・シエル ●硝子の幼馴染で科学部所属・さざれ 今まで一人で浜を探索していた硝子は、シエルにぐいぐい押され、二人をくっつけようとするさざれと三人で海岸に繰り出します。 キラキラした物、不思議な自然の造形が沢山出てきて飽きさせません。地面に視線を這わせて宝を発見するのは、例えば山菜やきのこ、鉱物や化石趣味と似た楽しみでしょうか。 面白い物を見つけて、感じたことを共有し、互いにツッコみ笑い合うのは楽しそう。自ら孤独を選んできた硝子がシエルに明るく迫られながら、人と関わり始める物語は優しく愉快! 恐らく2巻以降、さらに面白くなると思うんですよね。その鍵となるのは、途中参加の ●ちょっと怖い手芸部のすさみん ずっと海岸で拾うばかりだった三人に、すさみんは「加工」という概念をもたらします。そのショックは、素敵すぎて硝子が涙するほど。1巻でも少し出てきますが、2巻以降、拾った物を「加工」する「物作り漫画」に化けていくのか……という観点でも、注目していきたいと思います。 和歌山・白浜(2巻以降、串本も)ご当地漫画としても、注目!