漫画では結構に昔から作画家と原作者の分業は
行われていますよね。
それは掲載誌の発行ペースにあわせての
スピードや効率を重視した分業だったり、
ストーリーを作るのは上手いけれど絵が描けない、
絵は上手いけれどもストーリー作りがイマイチ、
そんな2者を組み合わせて活かした、とか、
それぞれに色々な例があるでしょう。
また、ストーリーも作画もこなしていた漫画家の先生の二人が、
あえて?作画とストーリーを分業・合作した作品もありますし。
それらでも大ヒット作もあれば超駄作も生まれたでしょう。

そういった、
この作画と原作の組み合わせは最高!とか逆に、最低!とか、
意外にやってみたらあっていた、とかその逆とか、
定番だよねとかコレは無いわーとか、
作画と原作の妙とか味わいとかの感想はありますか?

私としては、
定番ですが、梶原一騎先生が多数の作家さんと組んで
名作を生み出したことが凄いと思いますし、
なかでも「あしたのジョー」は
原作の梶原先生と作画のちばてつや先生が
がっぷり互角に組み合いながら更に偶然も作用して
生まれた奇跡の名作だと思っています。

武論尊先生&原哲夫先生の「北斗の拳
大ヒット作で名作だと思います。
けれど個人的には平松伸二先生との
「ドーべルマン刑事」のほうが両先生の
持ち味が、余すところ無く発揮されている良作とも思っています。

小池一夫先生。
作画・池上遼一先生との作品が印象が強いのですが、
他のペンネームとかで多数の作品があるみたいですね。
作画の先生の側からしたら、面白いし作画しやすい先生だったのかな?

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
「奈緒子」は読んだことがないのですが、 坂田信弘の良くない部分が、というのはなんとなくわかるような気がします。 「風の大地」で前半は無邪気な明るいキャラだった主人公が、 後半では物静かな哲学者みたいになったりした、あんな感じ? 坂田信弘だと「IMPACT(インパクト)」(作画・竜崎遼児) が好きですね。ゴルフに職人とか日本刀とかの要素がうまく融合した感じで。

「奈緒子」は読んだことがないのですが、 坂田信弘の良くない部分が、というのはなんとなくわかるような気がします。 「風の大地」で前半は無邪気な明るいキャラだった主人公が、 後半では物静かな哲学者みたいになったりした、あんな感じ? 坂田信弘だと「IMPACT(インパクト)」(作画・竜崎遼児) が好きですね。ゴルフに職人とか日本刀とかの要素がうまく融合した感じで。

@名無し

そうですね沖田のように少し悟り感が出てくるというか。奈緒子の続編では辛い展開がたくさん起こって、キャラクターたちが坂田信弘の言いたいことを代弁する感じになってくのがキツかったです。

後に「坂田ゴルフ塾」という塾があることを知ったのですが、そこの指導方針というか思想が独特すぎて、それが漫画原作にも活かされてるんだなあと思いましたね。

どっちが原作でどっちが作画? どっちでも凄い組み合わせだな、と思って試し読みをしましたが、 原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきお、だったのですね。 そしてやはり凄そうな作品。 登場人物の目つきだけでも一人ひとり多彩で凄味がある。

どっちが原作でどっちが作画? どっちでも凄い組み合わせだな、と思って試し読みをしましたが、 原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきお、だったのですね。 そしてやはり凄そうな作品。 登場人物の目つきだけでも一人ひとり多彩で凄味がある。

@名無し

そうなんです、キャラ一人一人の個性がものすごく強くて胸焼けしそうなほど。笑
羊の木、おすすめです。

谷口ジローと久住昌之

谷口ジローと久住昌之

@名無し

谷口先生と久住先生は、名タッグでもあるけれど、
それぞれがどんなだれと組んでも良い作品が出来る先生という感じ。
その両先生が組めばそりゃ、孤独のグルメは面白くなりますよね。

同棲ヤンキー 赤松セブン 作画: 奥嶋ひろまさ 原作: SHOOWA ヤンキー漫画の名手とBL界の革命児がタッグを組んでBL作品を描くって、すごすぎて未だに夢じゃないかと思うことがありまあす。 https://manba.co.jp/boards/99565

同棲ヤンキー 赤松セブン 作画: 奥嶋ひろまさ 原作: SHOOWA ヤンキー漫画の名手とBL界の革命児がタッグを組んでBL作品を描くって、すごすぎて未だに夢じゃないかと思うことがありまあす。 https://manba.co.jp/boards/99565

@たか

奥嶋ひろまさ先生って、自分は理解に悩んでいるんです。
成り上がり飯が、あまり好みではなくて、
アシスタントアサシンが凄く面白くて。
その奥嶋先生がBL界の革命児とタッグ結成ですか。
凄そうですけれど、私同様に世間の評価は分かれそうな・・。

『アダムとイブ』 作画:池上遼一 原作:山本英夫 全二巻でヤクザと異常な何かを掛け合わせているのが最高! https://manba.co.jp/boards/62016

『アダムとイブ』 作画:池上遼一 原作:山本英夫 全二巻でヤクザと異常な何かを掛け合わせているのが最高! https://manba.co.jp/boards/62016

@名無し

いや、面白い設定だけれども異常すぎるのでは(笑)
臭覚に長けた男が結成した秘密結社って。
そこにヤクザ社会が絡むって。
それをまた大御所の池上先生が描くとか。
読んでみたいと思います。

> この作画と原作の組み合わせは最高!とか逆に、最低!とか、 沢山の漫画家とタッグを組んできた、坂田信弘の作品の中から一つ挙げたいと思います。 個人的に最高だったと思う作品は、『奈緒子』(作画・中原裕)ですね。 坂田信弘の厳しさが、駅伝というテーマと噛み合って、最終回までひたすら真面目に誠実に走り抜けた印象があります。 ところが、続編の『奈緒子 新たなる疾風』では、坂田信弘の良くない部分が発揮されて「最低!」と言いたくなる気持ちにさせられましたね…。

> この作画と原作の組み合わせは最高!とか逆に、最低!とか、 沢山の漫画家とタッグを組んできた、坂田信弘の作品の中から一つ挙げたいと思います。 個人的に最高だったと思う作品は、『奈緒子』(作画・中原裕)ですね。 坂田信弘の厳しさが、駅伝というテーマと噛み合って、最終回までひたすら真面目に誠実に走り抜けた印象があります。 ところが、続編の『奈緒子 新たなる疾風』では、坂田信弘の良くない部分が発揮されて「最低!」と言いたくなる気持ちにさせられましたね…。

@ひさぴよ

坂田信弘の厳しさが

これはありますね。
賞賛も批判も受ける部分ですね。
結局はヒットしている坂田作品ですが、
確実に、ある種の「厳しさ」があるし、それが味を出しています。
嫌いな人は嫌う作風ですけれど。
かざま鋭二先生その他の作画の先生と上手く合うと
凄くいい漫画に仕上がると思います。
ただ同一作品とか続編で作風が激しく換わると読者はついていけないし。
それと坂田先生のポエマー的な表現は、読者からしたら
好き嫌いは分かれるでしょうね。

狩撫麻礼/かわぐちかいじの「ハード&ルーズ」 奇跡の組み合わせだと思う

狩撫麻礼/かわぐちかいじの「ハード&ルーズ」 奇跡の組み合わせだと思う

@マンガトリツカレ男

両先生ともに後々には大先生になるべくしてなったと思うけれども、
その途上での奇跡的にコラボして生まれた作品かもしれませんね。
あくまで印象ですが、とくに、かわぐちかいじ先生は、
この作品で狩撫麻礼先生に触発されて得たモノは多いんじゃないかな。

『アダムとイブ』 作画:池上遼一 原作:山本英夫 全二巻でヤクザと異常な何かを掛け合わせているのが最高! https://manba.co.jp/boards/62016

『アダムとイブ』 作画:池上遼一 原作:山本英夫 全二巻でヤクザと異常な何かを掛け合わせているのが最高! https://manba.co.jp/boards/62016

@名無し

池上先生つながりでトリリオンゲーム
まだ1巻だけど名タッグだと思う

池上遼一(作画)
稲垣理一郎(原作)

味師銀平妖刀伝 原作:ビッグ錠 作画:橋本孤蔵 このタッグは漫画はもっとみたい

味師銀平妖刀伝 原作:ビッグ錠 作画:橋本孤蔵 このタッグは漫画はもっとみたい

@マンガトリツカレ男

包丁人味平」のビッグ錠先生と「きららの仕事」の橋本狐蔵先生かあ。
「きららの仕事」は嫌いではないがもう一味あったらいいな、と
思っていたので、そこにビッグ錠先生の味が加わるというなら
凄く読んでみたい。

「包丁人味平」のビッグ錠先生と「きららの仕事」の橋本狐蔵先生かあ。 「きららの仕事」は嫌いではないがもう一味あったらいいな、と 思っていたので、そこにビッグ錠先生の味が加わるというなら 凄く読んでみたい。

「包丁人味平」のビッグ錠先生と「きららの仕事」の橋本狐蔵先生かあ。 「きららの仕事」は嫌いではないがもう一味あったらいいな、と 思っていたので、そこにビッグ錠先生の味が加わるというなら 凄く読んでみたい。

@名無し

まさに「きららの仕事」にビッグ錠の一味が追加された感じです。
「きららの仕事」は坂巻がライバルだけど、こちらはビッグ錠先生しか思いつかない名キャラクターでした

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする