『鬼滅の刃』無限列車編の次に来る列車バトル漫画は『麻雀バクチ列車!』だ!

『鬼滅の刃』無限列車編の次に来る列車バトル漫画は『麻雀バクチ列車!』だ!

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が2020年10月16日に公開されており、公開一週間で107億円という前人未到の記録的大ヒットとなっています。『鬼滅の刃』の魅力については今さら私が語るまでもないことですが、今回の劇場版の副題にもなっている戦いの場である「無限列車」については少し話を広げてみたいと思います。

列車・電車を舞台でのアクションシーンがある映画作品というのは、崖へと向かって加速し続ける機関車上での駆け引きに手に汗握った『バック・トゥ・ザ・フューチャーpartⅢ』のような超名作の他にも、近年ではゾンビものと掛け合わせた『新感染 ファイナル・エクスプレス』や、カイジがなぜかピエロに変身して電車内でバトルを繰り広げる妄想シーンがある『カイジ 動物世界』という中国版実写映画など、枚挙に暇がありません。また、少年漫画においても、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部のフィレンツェ行き超特急や「からくりサーカス」の大陸横断鉄道など、数々の名勝負が生まれてきました。ああ素晴らしき列車上の高速移動バトルアクション。

ただ、私が人より詳しいとしているジャンルは、肉体的なバトルアクションとはやや縁の薄い麻雀漫画です。「列車上でのバトルの話をする」「麻雀漫画の話をする」、両方やらなくっちゃあならないってのが麻雀漫画ブロガーのつらいところです。しかし、こうして文章を書き始めている以上、そんなことは覚悟の上です。そんな悩みを一発で解決する麻雀漫画が存在するのですから! それが、『麻雀バクチ列車!』原恵一郎です!

この『麻雀バクチ列車!』は、あくまでコンビニ版の単行本が発売されたときのタイトルであり、雀聖・阿佐田哲也の『麻雀放浪記』を大胆な解釈で再構成した意欲作『麻雀放浪記 凌ぎの哲』が元々の作品名となっています。

作画の原恵一郎先生は後に、「アカギ」からの狂気のスピンオフと言われる『ワシズ-閻魔の闘牌-』で大ブレイクしましたが、それ以前にもこうして原作がある麻雀漫画を連載していたのです。この『凌ぎの哲』ですが、コアな麻雀漫画ファンにはとても人気があったものの、いかんせん時代がまだ原先生に追いついていなかったため単行本の売り上げはあまり良くなかったらしく、こともあろうに単行本の発行が7巻までで打ち切られるという目に遭っていました。しかし、その後に発行元の竹書房は「コンビニ売りの廉価版コミックス」という麻雀漫画の売れる場所を見つけたおかげで、単行本ではなかなか売れずに発行が打ち切られていた隠れた名作が掘り起こされ始めました。その流れから、『凌ぎの哲』の単行本未収録部分も『麻雀バクチ列車!』というタイトルで発売されるに至ったのです。ちなみに、タイトルだけではなく表紙デザインなども目を引くようにと大胆に変更されており、背表紙や裏表紙には作中には一切登場しない人面魔列車が描かれています。フェニックスの尾で一撃死させるぞw

そんな麻雀バクチ列車ですが、それが生まれた表向きの理由としては、「警察は縄張り意識が強く県境を越えては手を出してこないため、賭博場を移動式にすれば警察に踏み込まれることもなく安心して高レートの賭博場にできる」という理に適ったものになっています。さらに、麻雀バクチ列車の奥のコンテナでは、麻雀で飛ぶ(=点数が無くなる)ことになってしまったら、走行中の列車から3分以内に自ら飛び降りなければならない、というさらにムチャなギャンブルが行われており、主人公達はなんやかんやでそこに参加することになる、というストーリーになっています。

『麻雀放浪記』が原作なので、主人公は皆さまご存知「坊や哲」なのですが、週刊少年マガジンで連載していた『哲也』のような、クールでたまに不器用な優しさを見せるようなツンデレを想像しちゃいけません。原恵一郎先生の手にかかればこんな極悪人顔になってしまいます。


『麻雀バクチ列車!』(原恵一郎,阿佐田哲也 竹書房)より

まぁこれは、宿命のライバル・ドサ健の裏切りによって一度列車から飛び降りさせられた所を命からがら戻ってきての表情なので、ドサ健の方も悪いのですが……。

他にもドサ健や李億春やダンチなどの愉快な奴ら(「同類」ではあるが「仲間」というわけではない)とともにこの麻雀バクチ列車に挑むことになってしまう哲ですが、主人公がこうなら敵だってさるものです。

『麻雀バクチ列車!』(原恵一郎,阿佐田哲也 竹書房)より

まずは上弦の弐くらいの強さで勝負の場を取り仕切る中ボス・三井さん。常人以上の感覚を得るために自ら列車から飛び降りて、その時にケガした左目には闇医者に何か適当な動物の目を移植させられてしまい、こんなステキなビジュアルになったそうです。この麻雀バクチ列車のコンセプトも三井さんがこの時に思いついたのかもしれませんね。顔が動物という点は嘴平伊之助と共通していると言っても過言ではないですが、勝負の最中でも髪型を気にするオシャレボーイな一面もあります。絶対に親父の敵を討つぞ!

『麻雀バクチ列車!』(原恵一郎,阿佐田哲也 竹書房)より

そして、このバクチ列車のラスボスがブー大九郎さん。

両目を自ら縫って盲目になるのと引き換えに、超人的スピードのすり替え技術や人間離れした聴力・味覚などを得ただけではなく、人間ポンプのように身体の中に麻雀牌でもなんでも潜ませたり、釘や歯を口から超高速で吹き出して武器にするなど、まさにラスボスに相応しい最強の雀士です。もはや人間じゃない。セリフ回しからして完全にラスボスのそれです。「安いのはあなたの腕ですよ」なんてのはまだまだ優しいセリフで、物語が進むともっと恐ろしいセリフを吐いてきます。


『麻雀バクチ列車!』(原恵一郎,阿佐田哲也 竹書房)より

「死に物狂いでかかってくるがいい!!」

「うぬら3人、物言わぬ肉片にしてくれるわっっっ!!!」

RPGのラスボスかよ! 麻雀漫画のキャラが言うセリフじゃねーだろw 最終的には自分のことを「神」とまで言い出しますが、そのラスボスとしての迫力は言葉通りで、鬼舞辻無惨もかくやというスケールの大きい敵キャラだったものです。

ここまでわりとネタ的な部分だけ取り上げてしまいましたが、イカサマを中心とした敵味方入り混じっての独特の駆け引きや、機関車と同様に圧倒的な高テンションで突っ走る物語や台詞回しは最っっっっっっ高に面白いです!!!!! 無限列車の次にはぜひ『麻雀バクチ列車!』も読んでみてください! 麻雀をあまり知らないという方には麻雀漫画はやや敷居が高く感じるかもしれませんが、勝負はイカサマや駆け引きがメインのため、麻雀の細かいルールまでは分からなくても楽しめると思いますよ。

最後に、大正コソコソ噂話!

「週刊ヤングマガジンで「サタノファニ」を連載中の山田恵庸先生( @yamadayoshinob)は権々会編からバクチ列車編まで原恵一郎先生のアシスタントをされていて、ブー大九郎が死んだシーンの背景を描いていたらしいですよ。禰豆子、ビックリだな?」

「ムー!(驚)」

「禰豆子、今度『麻雀バクチ列車』と一緒に『サタノファニ』も読もうな!」

「ムー!ムー!(喜)」

 

記事へのコメント
コメントする