reread
また読みたい
フォロー
勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ……。「雀聖(じゃんせい)」蘇る!!伝説の勝負師、無頼作家・阿佐田哲也(あさだ・てつや)の青春!昭和20年――終戦。16歳の哲也は生きる希望を見失うが、博奕場の真剣勝負を体験することで気力を取り戻す。もっと強くなりたい!もっと勝負がしたい!そんな哲也は運命の糸に導かれて、進駐軍の米兵が支配する横須賀の裏通りに向かった。命をやり取りする闇麻雀の世界で、駆け出しの“坊や哲”は生き残れるのか……。
今の俺なら……誰にも負けねえ!横須賀を去り、哲也(てつや)が新たな勝負の舞台と定めたのは新宿。順調に勝ち進んでいたかに見えた哲也の前に、一人の男が現れた。「おめえのは所詮(しょせん)昼間の麻雀だ。“遊び”なんだよ」。玄人(げいにん)の“力”が哲也を打ち砕く――。強くなりたい!!師匠・房州(ぼうしゅう)から様々な技を吸収する哲也は、真のギャンブラーとして目覚めはじめた。
新宿で、師匠である房州(ぼうしゅう)とコンビ打ちをはじめた哲也は、負けしらずの快進撃を続けていた。怖いものなどなにもないと思っていた哲也だが、ある日、房州がサイ振りをしくじってしまう。「俺の頂点(ピーク)はおわった」。突然ツキを失った房州を気遣いつつ、その勝負で天性の強運を発揮した哲也。「もう教えることはなにもない」。そう告げて房州は新宿を去っていった。また一人になった哲也はいつしかこう呼ばれるようになる――“坊や哲”と。
新宿にその人ありとうたわれる凄腕の玄人(バイニン)、その名も“坊や哲”!!そんな哲也(てつや)の前に、新たなる敵が忍び寄る……。「俺には牌(はい)が透けて見えるんだよ……」死神のような姿となり、新宿最強となった哲也の前に現れた旧友・印南(いんなみ)。その百発百中のガン牌が、哲也を窮地に陥れる!!
声と引替えに天から強運を授かった女雀士“不死身のリサ”と、坊や哲のコンビは、連戦連勝の快進撃だった。だが、とある男を見かけた途端、突然リサの力が消えた!「玄人(バイニン)ってのは、落ち目の奴の逆を行くんだ……!!」リサの勘を信じず、自力で勝ちを呼びよせた哲也は、リサとのコンビを解消する。東京の賭場(とば)で出入り禁止をくらうようになった哲也とダンチは、千葉まで遠征することに。その賭場で哲也は、思わぬ男と再会した!!
かつての師・房州(ぼうしゅう)の葬式の最中、過去の勝負の清算をしろと乗り込んできた男。彼は“ドラ爆の鷹”と名乗った。房州の名誉のため、ドラ爆との勝負に応じる哲也(てつや)。「博奕ってのはな。運を比べて生死を決める場なんだ!!」房州の麻雀を貧乏くさいと言い放つドラ爆に闘志を燃やす哲也。しかし、和了(アガ)る度にドラが乗る“ドラ爆”の強運に、哲也とダンチはピンチに!ドラ爆の正体とは!?
「今日限り俺達コンビは解散だ!」両親を破滅させた玄人(バイニン)への復讐の念に駆られるダンチは、暴走した挙げ句、哲也(てつや)と袂(たもと)を分かってしまう!荒(すさ)みきり、汚い麻雀を打ち続けるダンチ。二人はこのまま終わってしまうのか!?玄人としての自覚が、ダンチを大きく成長させる!そして二人は新たな敵を求めて大阪へ。まるで磁石のように牌(ハイ)を吸い寄せ、和了(アガ)りへの最短の道を突き進む、“ブー麻雀の達人”ブー大九郎。その底知れぬ力の前に、哲也完敗か!?
大阪のブー麻雀に一矢報いた哲也(てつや)の前に、かつて横須賀の米兵相手にチームを組んでいた近藤が立ちはだかる。勝負運の無さを逆手に取った近藤は、闇タバコの仲介で一財産築き、その勢いを駆ったまま社会党の議員にのし上がった。國士無双(こくしむそう)がブンブン出る近藤の麻雀に秘密はあるのか!運を味方にする者と運をワザと手放す者――卓上で2つの型(フォーム)が火花を散らす!!
「おまえこそ運命の女神だ!」哲也(てつや)のオヒキ・ダンチが賭場(とば)で知りあった男爵の娘・カン子は、ツキを呼ぶ女神だった!ツキまくるダンチは、次第に大勝負ばかりを狙うようになり、“半ツキ”状態と呼ばれる状態へと突入してしまった。大味な博奕(ばくち)にハマり、次第にツキから遠のくダンチ。そしてカン子の本当の狙い――。二人の恋、そして未来を賭けた勝負の行方は――!?
女のために借金を背負ったダンチ。冷酷非情をモットーにする金貸しの信(しん)は、相棒の哲也(てつや)にひとつの条件を突きつけた。信が融資したビルに巣くう悪質な玄人(バイニン)をやっつけて追い払う。それが借金をチャラにする条件だった。哲也は雀ボーイのトリックを見破って倒したが、さらに上の階には謎の通しを使うサトリのコンビ打ちが待っていた!“あなた達には勝てないわ……この人達、人の心が読めるんだから……”。