icon_reread
また読みたい
フォロー
修羅がゆく(1)
組長殺しの汚名を着せられた男・本郷流一(ほんごう・りゅういち)が、宿敵・伊能政治(いのう・せいじ)を倒すために突き進む修羅の道を描いた任侠コミック!実の親のように慕っていた岸田組組長・岸田巌(きしだ・いわお)が心臓発作で倒れたと聞いて、見舞いに行った本郷の前には刺殺された岸田が!それは跡目を継ぐために伊能が仕掛けた策略であり、嵌められた本郷は組長殺しの汚名を着せられて……!?
修羅がゆく(2)
岸田組長殺しの汚名を着せられた本郷流一(ほんごう・りゅういち)は、岸田組から追われながらも、組長を殺した真の敵・伊能政治(いのう・せいじ)をつけ狙う。そして本郷は、岸田組長の兄貴分であった極道・久須本(くすもと)に真実を伝えるために、若頭・徳丸(とくまる)を九州へ行かせる。しかし伊能もまた、腹心の黒田(くろだ)を久須本の元へ送っていた…。
修羅がゆく(3)
組長殺しの汚名を着せられた本郷流一(ほんごう・りゅういち)は、伊能政治(いのう・せいじ)によって首に賞金をかけられ、極道以外の人間からも襲われてしまう。そして本郷は不良学生から腹を刺されて瀕死になるが、通りすがりのフィリピン人女性・ローザに救われる。しかし女衒の工藤が、賞金首の本郷だと気づいて……!?
修羅がゆく(4)
検事・中堂(なかどう)は、脱税の一斉検挙で光和会をつぶそうと画策していた。しかし伊能政治(いのう・せいじ)により国税調査官・神田(かんだ)が買収されてしまい、計画は頓挫する。その功績を認められて光和会本部長に任命された伊能に、復讐の炎を燃やす中堂は、本郷組の小溝(こみぞ)から伊能を倒す方法を教えられて……!?
修羅がゆく(5)
組長殺しの汚名を着せられた本郷流一(ほんごう・りゅういち)は、無実を証明できる目撃者・静江(しずえ)とともに、大阪の光和会本部へと向かう。組長を殺した張本人である伊能政治(いのう・せいじ)は、本郷達を新幹線の中で抹殺しようとするが失敗する。窮地に立たされた伊能は、本郷の愛人・渚(なぎさ)を人質にして取引を……!?
修羅がゆく(6)
組長殺しの汚名を晴らした本郷流一(ほんごう・りゅういち)は、どこの系列にも属さない本郷組を立ち上げる。伊豆・大浜では、光和会の鉄砲玉として送られた火野組と、山城組と舎弟の盃を交わした大浜一家との抗争が激化していた。大浜を手に入れたい本郷は、火野組組長を殺して山城組の西条(さいじょう)に会いに行くが……!?
修羅がゆく(7)
どこの系列にも属さない本郷組を立ち上げた本郷流一(ほんごう・りゅういち)は、大浜に組事務所を構える。しかし本郷組を叩き潰すために団結した「伊豆連合」は、一色(いっしき)を鉄砲玉として放つ。そして任務に失敗した一色は自決するが命を取り止め、看病をする本郷の男気に触れて、堂島組へ盃を叩き返す決意をするのだが……!?
修羅がゆく(8)
大浜市の祝典に出席する本郷流一(ほんごう・りゅういち)を狙って、攻め込んだ伊豆連合だったが、それは本郷の立てた策略であり、返り討ちに遭ってしまう。残るは堂島組を倒すだけであったが、伊能政治(いのう・せいじ)が堂島組について、岸田組八百人を加勢させる。形勢は逆転し、窮地に立たされた本郷は正面から討って出ようとするが……!?
修羅がゆく(9)
新宿歌舞伎町へと乗り込んだ本郷流一(ほんごう・りゅういち)と、兄弟分だった京本錠児(きょうもと・じょうじ)との抗争は激化の一途をたどる。本郷と京本、それぞれが潜伏するアジトを探す中、京本組組員・タカシは何者かにより本郷組の隠れ家を知らされる。単身で乗り込んだタカシは、シャワーを浴びる本郷に銃口を向けるのだが……!?
修羅がゆく(10)
関東木曜会入りを断った本郷流一(ほんごう・りゅういち)。メンツを潰されて示しがつかないと考えた山城組の横地(よこち)は、山城組組長・渋沢(しぶさわ)の葬儀に乗じて、本郷を葬ろうと計画する。そして葬儀に参加した本郷は京本(きょうもと)たちと離れて、若頭・西条(さいじょう)の元に連れて行かれるのだが……!?