icon_reread
また読みたい
フォロー
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(1)
料理には人生を変える力がある――。北丘蒼太(きたおかそうた)、20歳。銀座の名店“富み久”で、厳しいけれど情に厚い親方のもと、板前目指して奮闘中。いつの日か、人の心に届く料理を作るために……。そんなある日、高校の同級生・加賀美がアルマーニのスーツに身を固め“富み久”を訪れる。ブランド品を輸入する会社を立ち上げ成功し、追加出資を申し出た久米社長の接待に使いたいと言うのだが……。
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(2)
銀座の名店“富み久”で修行中の北丘蒼太。親方や先輩、後輩との関わりの中で時には衝突しながらも、料理人として大事な「技」、そして「心」を身につけて行く。追い回し(板前見習い)から、焼き方に出世した青柳は、念願の焼き方になったことと初めて客に出す料理を作ることもあり、気合いが空回りしてしまう。“このまま見ていては、板場全体が噛み合わなくなる”そう判断した親方・富田久五郎は一計を案じるが……。板前は、ひと皿の料理に命を懸ける!!
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(3)
一人前の板前を目指し、厳しい修行に明け暮れる北丘蒼太。そんなある日、同じ追い回し(板前見習い)として、苦労を共にした先輩・青柳に引き抜きの話が持ち上がる。はたして兄弟子は“富み久”を去ってしまうのか!?複雑な心境の蒼太だが……。青柳の動向を描いた「旅立ちの日」の他、蒼太にとって終世のライバルとなる花ノ井清一の登場エピソード「西から来た天才」など10編を収録。
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(4)
技を身に付け心を磨く、包丁修行に終わりなし!!板前を目指す北岡蒼太は、銀座の名店“富み久”で数多くの人と出会い、和食の奥深さを学んでいく。和食のノウハウを金を出してでも知りたいという人間に情報を売って稼ごうとした男・魚見は、蒼太に祖父が癌で余命いくばくもない、という話をし、“富み久”の味の秘訣を盗もうとする。コツや秘訣は店の財産であることを脇板である山村から聞かされた蒼太は、悩んだ末に魚見に何かを告げる。
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(5)
包丁ひとつで素材の力を引き出す━━それが“和”の料理人。厳しい修行のなかで、着実に板前への階段を登る北岡蒼太。刺身を引けるようになったら一人前。その日を目指して、代用品のカマボコやコンニャクで練習する。そして、ついに蒼太は“富み久”に修行に出る前に父から贈られた柳刃包丁を手に、マグロの赤身を引くことに挑戦するが……。親方のひとり娘・富田さつきへの恋心と修行の身である自分との葛藤を描きこんだ、若き料理人の瑞々しい青春模様!!
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(6)
北丘蒼太を慕って、幼馴染みの吉屋純子が北海道から上京してきた。“富み久”で仲居として働き始めたが、仕事に不慣れなため失敗の連続。常連客の近藤が忘れていった携帯電話に気づきながら、用事が立て込んでいたこともあって、そのまま物入れの陰に置いてしまっていたのだ。「接客サービスは女将の責任」と、近藤への携帯の返却を買って出る“富み久”の女将・富田キクヨ。純子も同行を志願し、その帰りにキクヨからあんみつをご馳走になる。が、あんみつが苦手な純子は……?
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(7)
マスコミで“若き天才”と、もてはやされる料理人・月野洋次郎が“富み久”を訪れた。月野に焼き物と天ぷらを出した蒼太はその感想を月野に聞くが、月野の回答は素っ気ないものだった。月野のことが気になる蒼太は、数日後、月野が花板を務める“つき野”を訪ねる。自分の作った料理の味が気になる蒼太は、どうしても再び会って話がしたいと思い、彼の自宅を訪れるが……。悩み、もがきながらも料理の世界で生きていこうとする若者達の青春グラフィティ!!
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(8)
蒼太の先輩・青柳のところに、結婚を控えた女友達が訪ねてきた。料理を習いたいという彼女に青柳は「ブリ鍋」を伝授しようとするが、なぜか上手くいかない。はたして、その理由とは……?“富み久”の親方・富田久五郎が包丁を置く日の出来事を綴った「新しい朝」の他、「温かいカツオのタタキ」をめぐる「黒潮の贈り物」など10編を収録。和食の世界で板前を目指し、修行に励む若者達!!
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(9)
「温かいカツオのタタキ」「トロより美味なマグロの部位」――。日々の仕事の中で、常識を覆す和食の奥深さに触れる北丘蒼太。しかし、それは同時に職人として、やりたいことと出来ることの違いを知ることでもあった。一方、思いを寄せる親方のひとり娘・富田さつきとの関係は……。夢に向かって己の道を切り拓いていく若者達の修行の日々!!
銀座・板前修業日記 蒼太の包丁(10)
厳しい修行の中、着実に板前への階段を踏む北丘蒼太。ところが、父の口から思いも寄らない話を聞かされる。それは、実家の料亭“きたおか”を売却する――というものだった!!この話を聞いた“富み久”の常連客・実日堂が、“きたおか”を支援してくれる可能性のある若宮グループを紹介してくれ、若宮の経営陣に料理を振る舞うことになるが……。