デコボコ親子が刑事としてコンビを組む

一番下のコメントへ

しょっちゅう意見は対立するものの、互いを認め合っている父・勘太郎と息子の文吾。そして個性豊かな下ノ町警察署の面々。そこには泣ける人情話もありクスリと笑える楽屋落ちもある。一話完結で読みやすく、恋も友情も出会いも別れもあって、どんな年代でも楽しめるはず。現存するカラーページをすべて復刻版したもので、またそのカラー原稿の美しいこと。こんなもん見せられたらやっぱり復活させてくれた人々に感謝ですよねえ。

カラー復刻版、読んでみたいです。

子供の頃に読んだ好きな作品でした。
最初は文吾とかタレさんとかカッコイイなと思い、
やがて勘太郎やポパイさんもかっこいと思うようになりました。
女性キャラも綺麗でしたね。
私好みの絵柄だったということもあったのでしょうが、
人情話系、アクション系、その他色々なエピソードがあり、
いまだに思い出すシーンとかあります。
タレさんが、街中でコンタクトを落として
困っていた女性と出会い・・
という話の終わり方とかとても記憶に残っています。

各話それぞれ話が纏まっているというか、
笑いや涙、怒りや悲しみのバランスが
よく取れているというか、緩急が上手いというか、
話も絵も完成度が高い、という感じ。

大人から子供まで読める刑事物語ですね。

カラー復刻版いいな
昔俺が読んだバージョンはなんか順番はおかしくて、殉職したはずのポパイがその後もちょこちょこ登場してたんだよな

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner