一番下のコメントへ

秋の夜長はやっぱりサスペンス、と思い立って探したらひっかかったのがこの作品。とでんか=とでん課=都伝課=都市伝説課って伝わりにくいタイトルだな、表紙も狙い過ぎ、と第一印象は良くなかったですが、ページをめくったら意外やこれがツボを突かれまくりでした。民俗学を専攻していたことがきっかけで都職員として働くことになった月極(つきぎわ)。しかしその職場は都市伝説問題を処理する課だった…という内容。冒頭から普通に出てくるのは口裂け女に人面犬、ダルマ男など伝説の怪人たち。そして起きる事件も怪人赤マント、リトルグリーンマン、神隠しといった新旧の都市伝説をモチーフにしたもの。さらに小ネタで噂の広がり方の実験や、都市伝説風の病気、謎の映像などを解説してくれる。その手の話が好きな人にはたまらないでしょ? しかも一見コメディタッチな構成ながら、裏サイトや戸籍売買などの情報を絡めてあるので、妙に納得できる話になっているのがニクい。毎日欠かさず東京スポーツを愛読している私にとって、ホント楽しく読める作品です。そのうちゴム人間も出るかな?

こういう漫画は、どうしたって設定に
細かい無理や矛盾はありますし、
読んで面白いと思うかくだらないと思うか、
その境界はワリと微妙で人それぞれだと思います。
例えば、
「口裂け女も赤マントも、どっちもいねーよ」とか
「口裂け女でも赤マントでもどっちでもいーよ」とか
感じちゃう人は、この漫画は楽しみづらいでしょうね。
私は
「口裂け女と赤マントが両方出てくるなんて凄いよ」
と感じて、楽しめました(笑)。

口裂け女の噂を聞いたのは、自分が中学生のときだった。
最初は
「なんか、小学生に切りつける、口が裂けた女がいるらしい」
みたいな噂だったと思う。
その噂があっという間に拡大拡散して、
多分1週間後くらいには
「岐阜の山奥の精神病院に入院していた
 双子の姉妹の片割れが脱走した。
 生まれつき口が裂けていて周囲に虐げられ
 その復讐で殺人鬼と化している。
 紅いコートを着てマスクを着け、
 背後から現れて、私キレイ?と聞いてくる。
 キレイと答えてもキレイじゃないと答えても
 結局は切りつけられる。
 ポマード!と叫ぶか、菓子のコンペイトウを
 投げつければ逃げていく」
みたいな話になっていたと思う。
自分は噂が、最初の頃の殺人鬼が出没する、
とか、岐阜に精神病院があって、
という段階あたりのときはワクワクしていた。
しかし次第に噂が無駄に細かくなるというか
100mを6秒で、とかになってしまうと
「いや、誰が計測したんだよ」と冷めたし
ポマードやらコンペイトウとかも興ざめした。

都市伝説とか怪異譚が好きな人って
あるていどの屁理屈というか小理屈は
楽しむために必須に感じると思うんです。
全くの荒唐無稽、ありえない世界の話では楽しめない。
たとえトンデモ理論でも浅はかな論理でも、
少しはその都市伝説が真実っぽく感じられる根拠がほしい。
それが全くないとか、逆に無理がありすぎる論理だと
白けてしまうんですよ。
とでんか」はその辺の按排がちょうど良い。
民俗学的にはとか心理学的にはどうだとか、
かなり屁理屈ではあるけれど、その都市伝説を
楽しんでやろうというノリ気にさせるネタは提供してくれる。
話の展開が強引なところもあるのだけれど、
重箱の隅をつつくよりは、目出たい気持ちになります(笑)。

コメントする

このクチコミも読まれています

むかしむかし新宿に・・・
影絵が趣味
影絵が趣味
1年以上前
ビレッジバンガードというジャズ喫茶がありました。時代は学生運動の隆盛極まる1960年代の終盤。ここに学生運動にはどうも熱心にはなれない青年が集います。小説家を目指す中上健次、映画監督を夢見る北野武、そして連続射殺魔の永山則夫。さらに学生運動の側から永田洋子が合流。 社会の爪弾き者同士、ふしぎと意気投合する北野と永山。いつも言い訳ばかりでなかなか映画を撮ろうとしない北野が永山に出演依頼をかけ、脚本に着手し始めます。そして紆余屈折ありながら出来上がった脚本は、三億円を乗せた現金輸送車を襲う内容でした。 さあ、どこまでが真実で、どこからがフィクションなのか。 三億円事件は1975年に時効成立。 永田洋子については山本直樹の『レッド』を参照されるべし。 中上健次は1990年に獄中小説家としての永山則夫を擁護。 永山則夫は1997年8月に死刑執行。 北野武は1997年9月に自身が警察官に扮して銀行強盗をする映画『HANA-BI』でヴェネチア国際映画祭のグランプリを獲得。
都市伝説問題処理係「とでんか」のスピンオフ作品
マウナケア
マウナケア
1年以上前
都市伝説問題処理係を舞台にした「とでんか」から飛び出したスピンオフ作で、こちらは少年・田村くんが主人公。口裂け女や人面犬など都市伝説なんてそもそも子供っぽい話が多いので、むしろこちらのほうがなじむかな、なんて思いましたがなかなかにハードな内容です。ストーリーがカードゲーム仕立てなのはイマドキの子供が主人公だからしょうがないとして、登場する都市伝説の中心は宇宙人関係。ミステリーサークルから始まりキャトルミューティレーションにアブダクトなどのフレーズが次々飛び出します。ロズウェルはともかく、フー・ファイター、フラットウッズ・モンスターにウンモ星人ってどれだけの人がついていけるかは疑問ですけどね。E.T.やMIBなど宇宙人映画ネタもちょこちょこ入っていてオチもあの名作なので、映画ファンも楽しめるのではないでしょうか。まあ、私は鈴木さんが登場していることで満足なんですが。NHKで『バリバラ』なんて番組もある時代ですから大丈夫ですよ、OVAくらいにはできる…かな?
黒鷺死体宅配便
マウナケア
マウナケア
1年以上前
うわあ、これは読む人をえらんじゃうなあ。タイトル通り、全編に死体がゴロゴロ。バラバラ死体やミイラはまだいいとしても、ウジ付き腐乱死体や臓器を抜かれたツギハギ死体、生首ご一行様に耳人間(?)…。スレスレですね…。しかしながらこれがちゃんと漫画として成立しているのは、登場人物がそんな死体を特別なものだと思ってないから。生きている人や単なる物質と変わらない接し方をしているのです。また、設定も寺の跡継ぎではない仏教大学の学生が特技を生かして起業する、とい今ふうで、湿っぽいところがない。さらにその特技もハッキングやチャネリング、エンバーミングにダウジングと横文字でなんともクール。主人公・唐津だけは日本古来の降霊術・イタコなんですけどね。そんな彼が死者の声を聞き、望む場所へ死体を運ぶことで、さまざまな人間ドラマが生まれるという寸法。唐津に憑く謎の霊など先への伏線あり、ニヤリとするサプライズあり、シャレの効いたオチもありと乗せ方もうまい。なので先入観なしに読んでほしいなあ。
また読みたい
フォロー