また読みたい
フォロー
「超高校級」の女子高生・大久保ヨリは、高校最後のインターハイ地区予選の決勝で敗退した後も、日本女子バレーの名門・国舞リップスに入団するためにバレーを続けていた。しかし国舞どころか、その他企業からの誘いも来ない日々にヨリの焦りは募るばかりで…。
武田先生の後輩・高崎のもと沢田(リカコ)や阿久津(アケミ)らと共に、オグリ製菓バレー部の一員としてヨリの新たな生活が始まった。そんな矢先、体育館のこけら落としに行われる試合の話が舞い込んできた。対戦相手は「国舞リップス」。因縁の相手に燃えるヨリだったが…。
ヨリの活躍によって国舞相手に善戦する第1セットだったが、セット終了間際、全日本のスーパーエース・梶容子(ヒロコ)の本気のスパイクで倒れてしまうヨリ。ヨリが抜けたオグリは国舞のBチーム相手にまったく歯が立たない!はやく目を覚ませ、ヨリ!!
全日本ユニバのセンター・観音寺忍(ユニバ)が加わり合宿に突入するオグリバレー部。しかし高崎監督は不安を抱いていた…。高崎はその不安を解消するため、リカコにある提案を持ちかけるのだが…。
「スーパーセンター」ヨリのデビュー戦、相手のノエル石油にはヨリの同級生・今井美津子(ミツコ)がいた。スーパーエース・ミツコと高いチームワークでまとまったノエルに苦戦するオグリ。このピンチを打開できるのは、ヨリのスパイクだけだ!!
ついに実業団リーグが開幕!!初戦の相手はアケミの因縁の相手・鳴海蘭が率いるモンテル・ジャパン。圧倒的人気の鳴海蘭への応援団による大声援に、いつものプレーができない…!!
鳴海ユリはヨリに対し、憧れにも似た感情を抱き、強く意識していた。その想いをぶつけるかのように何度もスパイクを打ち込むが、リカコとユニバの2枚ブロックをなかなか破ることが出来ない!!そんなユリに対し、ヨリは……。
フルセットの末にモンテルを下したオグリバレー部。その前に現れたのは次の相手で強豪の明和生命のメンバー、「日本女子バレー界の宝」(自称)の門野真理(かどのまり)。彼女はヨリに劣らぬ問題児だった……!そして、オグリvs明和生命の戦いが始まった!!
明和の選手兼監督・福沢花子(プクちゃん)の策により、ヨリのスパイクが封じられてしまった……!!ワケもわからず焦るばかりのヨリは、このピンチをどう切り抜けるのか――!?
オグリ製菓vsアベノ引越社の試合。アベノには190cmを超える長身ウクライナ人ガリーナ・チーホノワ(チーボー)とアレクサンドラ・ポドゴルナヤ(ドラ)の二人がいた!!この圧倒的な高さの攻守を前に、手も足も出ないオグリの奇策とは…?