“SFっぽさ”という曖昧さに流されず、実在感にこだわって描かれた伊図透『銃座のウルナ』[第21回文化庁メディア芸術祭]

写真:池ノ谷侑花(ゆかい)

第21回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門のトークイベントの様子をレポートするシリーズ。

最後は『銃座のウルナ』でマンガ部門優秀賞を受賞した伊図透さんに関するトークイベントレポートです。
イベントは伊図透さんご本人のほか、マンガ部門審査委員でマンガ家の白井弓子さん松田洋子さんがモデレーターとして登壇しました。

まずは、受賞作品『銃座のウルナ』についてご紹介。

『銃座のウルナ』

一年のうち、わずかしか晴れることのない風雪にまみれる島、リズル。そこに世界の覇権を握る国家レズモアの女性狙撃手、ウルナ・トロップ・ヨンクが赴任することから物語は始まる。島は歯茎がそのまま歩いているような異形の蛮族ヅードの住む地と定められており、ウルナの仕事は、雪の中から襲い来る彼らと戦うことであった。しかし、ウルナと同じく基地に赴任する生物研究者・ラトフマはヅードと秘密裏に通じていた。密会の現場の目撃者となったウルナは、ヅードのグロテスクな姿の秘密と、レズモアの持つ国家的な陰謀に、極限の地での戦いを通じて近づいていく。これまで『ミツバチのキス』(2008-09)、『エイス』(12-14)などで、熱狂的な人気を獲得してきた作者によるSF作品。

もちろん、今回のトークイベントの内容は『銃座のウルナ』に関する制作話やストーリーについて語られています。
副読本的にこの記事を読んでもらえると「ナルホド〜」と思っていただける話がたくさんあるので、まだ『銃座のウルナ』を読んだことないって方は、ぜひぜひ本作を読んでみてください(9月12日には新刊の6巻が発売しました!)。

白井 伊図透さん、この度は受賞改めておめでとうございます。

伊図 ありがとうございます。正直過分な賞をいただいて感謝の言葉とか見つからないんですけど。「ウルナ」の前に描いた作品がちょっと色々あって、マンガ家生命終わりかなってところに立ってたんですが、月刊コミックビーム編集部さんが拾ってくれて好きなように「ウルナ」を描かせてくれたとも言えるので、この賞はそういう意味でもとても嬉しいです。ありがとうございます。

白井 伊図透さんはこれまであまり露出のない方でしたので、かなり謎に包まれている存在だったんですけど、今回は貴重な機会なので色々なお話を伺えたらいいなと思います。まず『銃座のウルナ』という素晴らしい作品なんですが、これを描き始められたきっかけはどういうものかお伺いしたいのですが。

伊図 最初は、自分の好きなモチーフとして、ある一つの場所があって、そこに男がいる。よくある話だと橋を守る、灯台を守るみたいな原風景的なイメージがあったんですよね。そこから始まって、なぜかジャンプ台っていうのが急に出てきて、その目の前で何かを狙っている男……というイメージが自分の中にあって。そこからいろいろと付け足していくうちに性別が変わったり、戦争になったりしていきました。だから、この作品はジャンプ台から始まっているって感じですよね。

白井 意外と理詰めじゃなくて、情景から物語を作られるんですね。

伊図 絵からですね。

白井 このジャンプ台すごくインパクトがあるんですけれども、ここから始まったんですよね。

ストーリー序盤の要となるヅート族のジャンプ台(『銃座のウルナ』1巻より)

伊図 最初は男だったし、こんなに人は出てこない予定でした。「ジャンプ台」を出すって決めた後に「飛ぶ」という行為の持つ意味みたいなのがあるじゃないですか。最終的には物語を全部そこで縛っているとは思いますね。この後のことはまだ言えませんけどね。

白井 この作品を象徴するのはこのジャンプ台ですよね。見慣れているモノが別の意味を持ってあらわれるっていうのがすごく面白いなと思います。ここに登場する部族が飛ぶ際の翼のデザインやジャンプ台のデザインが特徴的ですが、元々のお仕事はそういったデザイン関係ではない?

ヅート族の「蛮躍の翼」(『銃座のウルナ』2巻より)

伊図 学生時代やプーやっていた時とかに何をやっていたかっていうのは、あまり言いたくないですね。だけど一応、美術系の仕事でデザインに関わっていたりとかはしました。羽のデザインは、美術系大学の卒業制作であんな感じの照明を作ったんです。それをちょっと直して出した感じです。

白井 具体的な国とか部族のイメージとかいうんではなくて、全部自分の頭から出たものなんですか?

伊図 具体的なものはないです。HONDAのロゴやレッドウイングの商標がああいう感じですよね?

白井 伊図さんは靴好きですか?

伊図 靴ですか? 靴の話をし出すと多分一時間じゃ足りないです。

白井 最初、靴のデザインの方だったのかなと。どの作品でも靴がきっかけになってるところがあるので。

(『銃座のウルナ』4巻より)

伊図 そうですね。靴は基本的に40年代から50年代のアメリカの古い靴です。

白井 展示までされていたから、かなりこだわりがある…

伊図さんが作画の参考にした靴(国立新美術館に展示)

伊図 あれは40年代、第二次世界大戦の時のアメリカ軍のブーツなんですよ。その後のページに出てくるもの(エンジニアブーツのような靴)はドイツ軍のジャックブーツですね。

松田 今回登場する靴はご自分でデザインされたんですか?

伊図 いえ、こういうのはほぼあるんです。

松田 ちゃんと好きなものがある方はマンガに強いんですよね。

伊図 あー。

白井 よく言われているんですよ。趣味があったり好きなものがあるっていうのは、そこから話が出てきたり広がったりするから、作家としてお得なんですよね。

伊図 もうちょっとなんか売れるものがいいなと思いますけどね。

白井 いや、それがある日売れる可能性があるんですよ。

伊図 いやいや、巨乳とかね。

白井 そこですか(笑)。

伊図 そういうものが好きだったらさ、もっと売れるのにと思いますけどね。

SFっぽい怖さではダメだと思っていた

白井 『銃座のウルナ』には、とてもインパクトあるものが色々と登場するんですが、その中でも外せないのが「歯」の話です。

異形の蛮族として敵対するヅート族(『銃座のウルナ』1巻より)

伊図 これは話したくてしょうがなかったんですが、当時なんで歯茎にしたかったいうと、人間であることがなんとなくわかるんだけど、嫌いになるものってあると思うんですよ。ちょっと比喩的に嫌な話でいうと、「にきびを潰す」っていう行為がありますよね。それってやったことない人はそんなにいないと思うんですけど、他人がにきびを潰しているのとか見ると「うわっ!」ってなるじゃないですか。だからそのにきびっていう図像自体が嫌ですよね。それを自分で潰したりとか、潰れた時とか、あるいはできた時の嫌悪感があるから嫌なわけですよね。だけど、これが単にクリーチャーとかエイリアンみたいなやつとかだと自分と違う恐怖があるじゃないですか。嫌悪感の質が。でも自分で何か知ってる嫌悪感っていうのかな。自分の身体的な嫌悪感みたいなもの。

白井 自分で実感できるっていう。

伊図 そうです。彼女たちが見せられているものが差別や憎悪を煽るものでないといけない必要があると思っていたので。最初はこういう感じで考えたりしていたんです。
これだとなんかデザインしすぎていて、怖さが怪獣ぽいじゃないですか。

ヅート族のラフ画

白井 怖いですね。

伊図 怖さによった生物っぽかったりデザインしすぎていたり、別の要素が入りすぎちゃってますよね。SFっぽいのかな……一言でいうなら。

白井 SFっぽいって良くないですか?

伊図 本当ありがちなクリーチャーぽい感じじゃダメなんです。嫌悪感というよりは敵意に繋がるものじゃないと。そう思って全部ボツにして、見た瞬間バカっぽい感じ……そうだ、歯茎、歯茎!? みたいな(笑)。だけどやっぱり結局負けて具象的にはしてしまったけど、しりあがり寿さんの出しそうな感じで歯茎出しちゃうと、今度登場人物たちがそれを信じられなくなって騙されなくなるじゃないですか。だから「え、歯茎!? この作者は本気で言ってんの?」みたいな印象を残しつつ、登場人物たちはそれが実在することをなんとなく一瞬でも信じちゃうくらいのバランスで考えたのが、あの形になったということですかね。すごいバカっぽい感じ。

白井 しかもニオイつきなんですよね。

松田 口臭が。

伊図 でもあれニオイはすごい重要な要素で、嫌悪を煽るにはやっぱニオイですよね。

松田 「おめぇくせぇんだよ」というのが嫌悪の基本ですよね。

白井 このシーンは歯なんですけど、人にも見えてゾッとしました。

松田 歯なのに見つめてるっていう感じがすごい……

伊図 なんか人影っぽく見せようとして外した感じありますね。

松田 歯が螺旋にも見える感じがすごくいいです。

伊図 歯をフィーチャーした作品ってちゃんと歴史があるじゃないですか。エイリアンはあの歯がぐーっと出てくる。そこからさらに歯が出てきて相手を殺すみたいな、ああいうものからはじまって、エヴァンゲリオンの量産機とか。

松田 ジョーズとかも歯ですよね。

伊図 完全にそうですね。

白井 恐怖の対象としてはある意味王道で、飲み込まれる恐怖っていうのはわかりやすいですよね。

松田 そうですね。

伊図さんの描く女性はちゃんと肉と骨があって実在感がある

伊図 でもなんか、乳首のとこちゃんと描くとこなんて怪しいですよね。

松田 急にその話ですか? こだわらないわりには胸好きですね。

伊図 そうなんですよね。キモいですよね。でも女性の目線とかそういうところ結構気になるんですよね。これは性的なのかなぁ。

松田 ポリコレ的な!

伊図 でもあんまり指摘する人がいないので、助かってますけど。

白井 ウルナの顎と胸と下っ腹のたるみとか、全部最高に好きなんですけど。

伊図 どうもありがとうございます。

松田 白井さんも「女性をこんな二重アゴに描く人はそんなにいない」ってすごい言うんですよ。

白井 大体のマンガって必要なところしか描かない傾向があるんです。胸とお尻があればOKで、あとは全部極小になっていくっていう……鼻と口も極小でセクシーなところがだけが強調されるというのがあるんですけど。だけど伊図さんは女性の身体をすごくしっかりと描いていて、ちゃんと骨と肉がある。全体にとても実在感があるんですね、ウルナのような二重アゴのヒロインってなかなか見たことがないなって。伊図さんが二重アゴの女性を主人公にしようと思った理由はあるんでしょうか?

伊図 順序立てていうと僕が描いた『エイス』というちょっと悲しいマンガがあるんですけど、それをやっていた時の話です。些細なコマで脇役の女先生のキャラをちょっとあおりで描いた時に、講談社の中の誰かが「いや~このアゴいいね!」って言っていたと編集の方が伝えてくれたんです。それが連載中に3回くらいあったんですよ。僕自身は単に立体的に描いたつもりなんだけど、「あっ! そういう人って世の中にいるんだな」っと思ってから、ちゃんと描くようになったんです。編集がマンガ家を褒めるって結構大切なことかなと。それがなかったらそんなに意識して描くようになったか怪しいので。その後『エイス』が終わってウルナを始めるまでの間に女子野球マンガを描こうとして全部ボツったんですけど。その時に『ドカベン』の女版みたいな、太めの子を主人公にしようとしてて、その子を描いている時に二重アゴを少ない線でどう描くかという技術を会得したんだよね。あまり描きすぎると気持ち悪いじゃないですか。

松田 そうですね。描きすぎるとおばちゃんになっちゃうんですよね。

伊図 一番はじめに考えていたウルナって現行の状態だったんです。だけど、最初ウルナのアイデアを練っていたときに、あるインターネット系マンガの編集長と話をしていたら、ちょっとこれじゃ首が太いとか、こんなゴツいキャラじゃなくて、アイドルっぽい首の細い目のぱっちりした17歳くらいのキャラクターにしてくれないかみたいなことを言われて、僕なりに精一杯がんばってやったのがこれなんですよ。ロリ巨乳と真ん中はよくわかんないけど、一番左が一瞬OKが出そうになった目がぱっちりした子。

白井 すごいがんばりを感じます。

伊図 いかにこういう努力が向いてないかってことが全開な感じですよね。

松田 どうしてもアゴが丸くなってしまうという。

伊図 それで「やっぱり、ごめんなさい!」って感じで逃げてきたんですけど。結果、そういう注文を出されたことで萎えてwebでそれを公開したらビームさんで描くことになったという流れですね。

松田 太くていいよと言われて。

伊図 ビームさんはそういうこと言わなかった。「太いの好きなんだ。じゃあこの映画でも見なよ」みたいな感じで、太めのキャラが出てくる映画を語る(笑)。

白井 その前の「このアゴいいね」って言われたり、編集さんにちょっとずつ持ち上げられて育てられていくという感じがいい。

伊図 まさにそうですね。ありがたいっす。素晴らしいですよ。

白井 泣いてますよ、編集長。

松田 シリアスなマンガを何百ページと描くんですから自分が自然に描けるキャラじゃないとすごく辛いものがありますよ。

伊図 確かにそうです。

白井 あと、女性の身体に浮き出た背骨を見て「恐竜みたい」って言うシーンがありますよね。

(『銃座のウルナ』3巻より)

伊図 僕なんか男だから女の人を性的な眼差しでしか見てないわけですが、女の人の性的じゃない眼差しみたいな感じがあったほうがいいんじゃないかと思って、結果として背中の変な骨になったんですよね。

白井 女の私から見ても元々の女の体のままに描かれている感じがしました。

伊図 描いてた後に気がついたんですけど、背骨の恐竜がうんぬんっていうのは、たぶん高野文子さんの『絶対安全剃刀』にこういうセリフがあったような気がするんですよね。銭湯でおばあちゃんの背中を見て恐竜みたいっていう。

松田 恐竜じゃなくて、背骨が丸いってシーンありましたね。

伊図 そうそうそう。昔、高野さんのそのマンガを読んだのが刷り込まれていて、ここに出てきたんじゃないかなと後で思いました。

『銃座のウルナ』の1〜3巻は映画『ワイルド・アパッチ』の影響を受けて描いている

白井 今回のウルナはSFだと思うんですが、ご自分ではSFっていうものはどういう風に描かれているのでしょうか?

伊図 そうですね……SFの真髄を極められている白井さんには言いにくいんですが、僕はそんなにSFとは思ってないんです。例えば『ミツバチのキス』(※1)の時の話をすると、全然企画も通らなくて、マンガ家目指すのやめようかなぁくらいな感じだったんですよ。それで思い返したときに、これまでオッサンしか描いてないな、独りよがりすぎるなと思ったんです。マンガ家をあきらめるギリギリのところで、もうちょっと自分にないものに挑戦して、それでダメならしょうがないというつもりで、女の子を主人公にして、思春期的(神秘的?)なテーマに描いてみようかなと思って。それで『ミツバチのキス』の企画が通ったんですよね。『ミツバチのキス』は超能力ものっぽいけど、あそこにある設定はコミュニケーションの難しさや距離の難しさで、他人の言っていることを過剰に受け取っちゃう、あるいは全然わからない。そういうコミュニケーションのうまくいかなさを設定にしてるんですよね。相手の思っていることが全部自分に入ってきちゃう設定が結果として超能力になっているだけで、思春期的なマンガっぽくしただけなんですよね。ウルナはSF的要素がひとつしかなくてね。

松田 はい。そうですね。

伊図 結局、イヤリングみたいなものが見せる図像だけですよね。あとはみんな普通に戦争モノっぽい。ここでちょっとアピールしたいんですけど、ウルナの最初の3巻というのはロバート・アルドリッチの『ワイルド・アパッチ』というベトナム戦争に影響を受けた西部劇映画なんですけど、それの影響がすごく大きいんですよね。戦場の憎悪みたいなものを描く、テーマ自体がね。だから、もしみなさん暇だったらぜひ『ワイルド・アパッチ』見て欲しいなと。

白井 そうですね。実在する戦争のようなものが一番描きたかったところなのかなっていう。私はSFを描いているとたくさんギミックを出したくなるんですね。設定のリアリティを保つために次々とギミックを出してって。それ自体が楽しいことなんですけど、後付けっぽくなったりする時もあって。ウルナの場合、そういうのがほとんどなくてですね、本当に敵が何に見えるかという憎悪を煽る姿になるっていう、そこがすごくテーマとして一点に絞られているのが素晴らしいところかなと思います。

伊図 ありがとうございます。

空間をうまく描くことの大切さは谷口ジロー氏の『神々の山嶺』から学んだ

白井 じゃあちょっと話題を変えて、作画の方法や美術的なところをお伺いしていこうかと思います。今回の展示もご覧になられたと思うんですけど、ネームがすごく大量に展示されていて格闘の様子が見てとれるんですけど、普段はどういう感じでネームはされているんですか?

伊図 ネームはネームだけじゃなくて……

白井 プロットとかも。

伊図 プロット、ネーム、あと鉛筆で描いた下書きをコピーして、鉛筆の線を生かしながら水性ボールペンで描いているんです。

白井 ベースとして鉛筆の線を使うというのを聞いてすごくびっくりしました。一からペンで描かれているわけではないんですね。

伊図 そうですね。だけど、鉛筆感を残すほど技術に自信があるわけではないので、コピーする段階である程度は除去して、鉛筆の独特の揺れは味として残しつつ描いてます。

松田 セーターのもしょもしょしたシワとか縫い目は、鉛筆感かなと思いましたけど。

白井 展示ではネームらしきものが山になって積んでありましたよね、ネームって全部とってあるんですか?

伊図 いや、あれは近々のものを今回の展示用に送っただけで、基本は全部捨てちゃってるんですよね。

白井 いつも伊図さんのマンガを読んで思うんですけど、すごく流れるようなネームで、読みやすくてそこから助走をつけるようにして見開きの風景とかヅート族がジャンプするところとか、読んでいて気持ちが良いですよね。伊図さんは天才で、スルッと描けているんじゃないかという風に思っていたんですけど。

伊図 勘弁してくださいよ(笑)色んな人がそうだと思っているんでしょ。井上雄彦さんとかみんな四苦八苦しながらやっていると思いますよ。

白井 私はいつもパースで苦労していて、空間の感じがなかなか出せないんです。伊図さんの作品を見ると、すーっと向こう側に抜けるように上手く描かれているので、どのようにしてパースを描かれているのかなと。

伊図 パースを合わせる合わせないってことは全く意識してません。バニシングポイントとか絶対とらないし。

白井 とらないですね。

伊図 まあ見た目がいい感じにあってるっぽく見えればいいやぐらいの感じなんです。ただし、空間性はすごく大切だと思って描いています。僕は谷口ジローさんの『神々の山嶺』は、マックスで空間性を表現しきったマンガの一つの例だと思っているんです。『神々の山嶺』って山マンガの中でも特別だなと思っていて。山が持つ神々しさや、人間の運命なんてちっちゃいものなんだというところまで、あの背景があるから表現できているんですよね。人間ドラマ自体ももちろんですけど、そこを超越したなにかを感じさせるのは、空間がきちんと表現できているからなんです。だから空間はうまく描ければいいなとは思っています。

松田 背景の線も全部同じのようですが、伊図さんはアシスタントさんを使っていない?

伊図 使っていないですね。

松田 お弟子さんもアシスタントさんも使わず、すべての線も絵も描いて仕上げもトーンも全部自ご自分で?

伊図 そうです。PCになってからトーンは楽になりましたよ。

白井 だけど、削りとか結局手作業になりますよね? 楽になったとはいえ、全部一人でやっているのがすごいと思います。

伊図 ありがとうございます。

松田 さきほどストーリーのベースとして『ワイルド・アパッチ』の話が出ましたが、その他にイメージの元になった作品があったりするんでしょうか。

伊図 そうですね。『ワイルド・アパッチ』に登場するインディアンの女性がケニティという名前なんですが、それを基地の名前として引用したり、死に方や殺し方の部分は『ワイルド・アパッチ』をそのままやっているところがあります。赤裸々に言うと『ワイルド・アパッチ』をみんなにもっと観てほしい。あとは、ウルナを描いてたときに『アメリカンスナイパー』を観てましたし、『マリア・ブラウンの結婚』は戦争時の銃を持った女の話なんですが、ちょっと同じものを感じるかな。明らかに意識していますね。

白井 ありがとうございます。

ウルナはナウシカに似ているのか?

伊図 あと、皆さんが気になっていることで、宮崎駿さんのナウシカと外見的に似ているところがあるというのは承知しているんですけど、ストーリー的には全然違うものなんですよ。直接影響受けたってことはないですが、自分のマンガを描いている行為の中には影響を受けて今があるんだなって思うことろはあります。それが、70年代終わりから80年代頭のアニメシーンなんです。出崎統さんが『あしたのジョー2』などをやっていて、宮崎さんはコナンよりちょっと前かな。あの辺りを通ってきたことで受け取ってきた人間を描くときの距離、カメラの距離感というのはあるんですよ。

(『銃座のウルナ』1巻より)

松田 最後なので話をマンガの内容に戻しますが、3巻までは戦争で4巻からはすごい展開が変わるんですよね。

伊図 ウルナがトホマという青年と結ばれるんですが、トホマの正体が何者かわかる寸前のところで支配されるされないみたいな会話しながらセックスするじゃないですか。例えばウルナの身体を自分の部族を滅ぼしたレズモアに見立てて恨みを晴らす……といった描写を考えていたんですけど、そういうことをする勇気がなくてね。きっと新井英樹さんならそこまで描くだろうな、しかし俺にはできない! みたいな感じで。要はSM描写に近いものなんですけど結局描けなかった。作家的な限界がここに露呈したなと思って。

白井 いえ、十分残酷ですよ。

伊図 でもちゃんと描いた方が絶対売れたと思うんですけど(笑)。

白井 ふたりは大恋愛だと思っていたんですけど、そうではなかったんですか。

伊図 ええ、もちろん大恋愛ですが、引き裂かれているので……まあひとつのかたちですよね。

白井 なるほど……まだまだ今後も続きが気になる作品です。

※1『ミツバチのキス』……“触れる”ことで、“すべて”が視える草野慧。その特別な“能力”によって孤独の中で生きることを運命づけられた女性を描いたヒューマンSFロマン。

銃座のウルナのマンガ情報・クチコミ

銃座のウルナ/伊図透のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!6巻まで発売中。 「第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門」を受賞。

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

影絵が趣味
影絵が趣味
2019/09/28
だから野球マンガは面白い!
当初は柔道マンガとして始まり、いくつものシリーズを経由しながら、ひじょうに長い年月を経て、とうとう『ドカベン』に終止符が打たれた。最終巻の最終話では、第一巻の第一話における山田と岩鬼の出会いをそのまま回想としてなぞり、このあまりにシンプルでありながら、これしかないという演出には言うにいわれぬ感慨を憶えたものだった。 『大甲子園』を含めたドカベンシリーズの本流だけで全205巻。それ以外の支流からドカベンシリーズの本流に合流してきたものを合わせれば300巻に迫る勢いである。じつは、こち亀の200巻の記録をゆうに超えてしまっているのだ。 この途方もない事態は、おそらく『ドカベン』にのみ関わるものではない。すべての野球マンガに、野球マンガというジャンルに関わるものであると思う。マンガには様々なジャンルがあるが、そのなかでも野球マンガというジャンルは、マンガという体系に対して、ある特権的な位置を占めていると思うのだ。これはハリウッドが西部劇というジャンルとともに映画産業を発展させてきたのとよく似ているような気がする。すなわち、ここでは映画が西部劇を撮るのではなく、西部劇という土壌が映画を撮らせているというある種の逆転現象が起きている。映画においてもっとも重要な光線の処理の問題、これをハリウッドはその近郊の年中天候の変わりにくい荒涼地帯で西部劇を撮ることで解決してきたのだ。天候がほいほい変わればそのたびに撮影を中断せねばならないが、西部劇ならばそんな心配はしないでどんどん撮影をすすめ、作品を量産することができる。つまり、こうした西部劇の量産で興行した潤沢な資金を次の撮影にまた注ぎ込むというサイクルがハリウッドにはできていたということだ。 では、マンガはどうかといえば、マンガ制作に天候はあまり関係がなさそうだが、やはり手塚治虫の登場いらい体系の整えられてきたコマと記号の処理という問題が"大友以降"のマンガにおいても頭をもたげてやまないはずなのだ。というより、マンガにおける諸問題はコマをいかに処理し、記号をいかに処理するかに集約されるはずだ。あれだけマンガというものに抗ってみせた『スラムダンク』の井上雄彦もけっきょくはコマからは逃れられないし、記号には頼らざるを得ないところがあった。そもそも井上がマンガに抗わざるを得なかったのはマンガ家という身分でありながらバスケが好きだったという不幸に由来する。マンガでバスケの動きをどう表現するか、それは文字通りマンガへの過酷な抵抗であったことだろう。『スラムダンク』の美しさは、このマンガへの過酷な抵抗と山王への果敢な挑戦がダブるところに集約されるだろう。ただ、あくまでも井上に許されていたのはマンガへの飽くなき抵抗という姿勢までで勝利ではなかった、だからこそ湘北が山王に奇跡のような勝利をおさめたときに連載を止めねばならなかったのだ。その点で、マンガは野球に愛されていると言わざるを得ない。愛に守られてスクスクと育ち、野球マンガに特有の素晴らしき楽天性でもって『スラムダンク』とはまたちがった豊かさを随所で花開かせている。そのことは近年ますます豊饒となった野球マンガのひとつ『おおきく振りかぶって』にもよく描かれている。すなわち、打者のほとんどが打ち上げてしまう三橋くんのまっすぐ、打者はボールの運動をじっさいに目で正確に追っているのではなく、その軌道を経験的な記号として捉えてバットを振っている、と。このことは野球を外からみる側にもいえる。投手が構えて、ボールが投げられる、打者が構えて、バットが振られる、この一連の運動を隈なく目で追っているひとなどいないはずなのだ。わたしたちが見ているのは、投手が構えて、次の瞬間には、構えていた打者がスイングし終えていて、マウンドの投手はまるでバレエでも踊るみたいな不可思議な格好になっている。この野球をみるときの呼吸はマンガの呼吸とぴったり合いはしないだろうか。コマからコマのあいだの欠落を敢えて埋めようとはしなくてもマンガは野球を経済的に語る術をはじめから心得ていた。つまり野球マンガは、あるいはバスケマンガのように、マンガそのものに抵抗する必要があらかじめなかった。この追い風を受けてマンガは野球という物語を幾重にも変奏して量産することができたのではないかと思うのだ。
影絵が趣味
影絵が趣味
2020/02/01
孤立する宮崎駿
漫画史というものを俯瞰してみるにあたり、その位置づけにいつも困り果ててしまう漫画家がふたりいる。ひとりは楳図かずお。彼はいったいどこから来て、どこへ行ったのだろうか。唯一、遠い縁戚として認められそうなのは『洗礼』を平成の世に蘇らせた岡崎京子の『ヘルタースケルター』のみ。彼の漫画は漫画と呼ぶには、どうもしっくりこなくて、『楳図かずお』と、カッコ付きの固有名詞をあてはめたほうが相応しいような気がする。そして、もうひとりが宮崎駿だ。 コミック版の『風の谷のナウシカ』は、どう考えてみても、漫画史において一章を丸々割いてでも語られなければならない。にもかかわらず、その位置づけにどうしても困り果ててしまうのだ。一応、縁戚としては宮崎駿自身も大いに影響を受けたと語る諸星大二郎がいる。あるいは宮崎駿とは相互に影響を受け合い、ついに娘にはナウシカと名付けてしまったメビウス(=ジャン・ジロー)がいるが、諸星大二郎はあきらかに手塚治虫の系譜からうまれているし(しかし、宮崎駿はどこから?)、日本の漫画が大いに影響を受けているのは宮崎駿ではなくメビウス(=ジャン・ジロー)のほうだ。比較的近年では、黒田硫黄を筆頭に、小田ひで次、五十嵐大介らの一派が宮崎駿の縁戚であるかのように語られているが、おそらく彼らは漫画というよりは映画から霊言を受けて漫画を描こうとしている。大友克洋が革命をもたらした記号からカメラのレンズへの変遷のような影響の受け方ではなく、映画ならではのカットの問題、このカットがいかに繋がって、いかに繋がらないかをコマの問題に援用しようとしているように見受けられる。小田ひで次の漫画では、唐突に拳銃を構えるコマがよく挿入されるが、この唐突さはまるで北野武の映画のようだ。 北野武は映画を4コマ漫画の連続のように捉えているというが、なるほどと思う。パン1、パン2、パン3、パン4、と、そのたびに何が動く。この変化そのものが重視されていて、まるで肉のない骨関節だけのヘビが連なっているかのようなザラザラした印象を受ける。たけしが血を浴びたりしても、次のカットではいつのまにか着替えていて、血がないなんてこともザラである。つまり、動き、変化の連なりが、ある種の質感をとどめておくことをしない。 それを思うに、宮崎駿はきわめて質感を重視しようとする作家なのではないか。漫画においても映画においても、物語を繋ぐための変化を描くのではなく、いつもそこにとどまっている質感を描こうとしている気がしてならない。たとえば、風や空気の質感がメーヴェの飛ぶことで描かれ、土や大地の質感がトリウマの駆けることで描かれる。とりわけ印象的なのが、森の人たちのからだを覆っているスーツの表面の質感だ。おそらく腐海の植物から作ったと思われるあのスーツの質感が物語の内容以上に脳裏にこびりついて離れないのだ。
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/01/24
黄昏の世界の生命賛歌
cameraあまりにも有名なアニメ映画の原作にあたる、宮崎駿先生の漫画作品。映画上映後も連載が続いたこの漫画は、主人公ナウシカが世界の秘密に到達するまでを、緻密に活き活きと描いています。 映画版と内容が違うので、ちょっと世界観を整理します。 ----- 栄華を極めた人類文明は千年前、「火の七日間」と呼ばれる破滅的戦争と、突如として現れた毒を吐く森「腐海」により、多くの人命と住む土地を失い、技術も途絶えました。 千年の内に三回の、腐海の爆発的拡大「大海嘯」と、その後の土地を巡る戦争で、人類文明は黄昏の時を迎えます。 大海嘯に沈んだ古の大国エフタルの残存部族は、北のトルメキア王国の実質的支配下に置かれました。風の谷や工房都市ペジテも、そんな部族の一つです。 南には宗教国家の土鬼(ドルク)があり、首都のシュワにある「墓所」には、火の七日間や腐海に連なるロストテクノロジーが眠ると目されてきました。トルメキアは墓所を入手しようと土鬼に侵攻。さらに、ペジテで発見された生物兵器「巨神兵」の奪取を目論み、第四皇女クシャナを派遣します。 風の谷の族長の娘・ナウシカは、ペジテとトルメキアの巨神兵を巡る諍いに巻き込まれ、そのまま土鬼へ侵攻するクシャナの軍に従軍します。土鬼による蟲を操る作戦を止めた時に、ナウシカは大いなる蟲・王蟲の友愛に触れ、彼らの「南の森を救う」という声を聞きます。 ナウシカの奮闘虚しく、繰り返される愚行。王蟲への友愛と人類への絶望から、森の一部になろうとするナウシカでしたが、王蟲と愛する人間に生かされます。 探求の行軍を続けるナウシカが辿り着く、世界の深淵とは……。 ----- ナウシカの行動力の源泉は「すべての命への愛情」。常に彼女は生命の生きる意志を尊重して、生命を愚弄する存在に抗います。 まるで再生医療や遺伝子工学の危険性への警鐘のように私達に響く、ナウシカの怒りと生命賛歌、そして世界の秘密を、震えながら共有したい。 (画像は2巻79ページより。映画版とは、この台詞を言っている人が違うのが、おわかりいただけるだろうか?)