高森朝雄のプロフィール

梶原 一騎(かじわら いっき、1936年〈昭和11年〉9月4日(正確な生年月日には疑義もある)- 1987年〈昭和62年〉1月21日)は、日本の漫画原作者・小説家・映画プロデューサー。本名:高森 朝樹(たかもり あさき)。高森 朝雄(たかもり あさお)の筆名も使用した。格闘技やスポーツを題材に、男の闘う姿を豪快に、ときには繊細に描き出し、話題作を次々と生み出した。自身の型破りで豪快な生き方や数々のスキャンダルでも話題を呼んだ。 
著名な作品として『巨人の星』(画:川崎のぼる)、『あしたのジョー』(画:ちばてつや)、『タイガーマスク』(画:辻なおき)、『愛と誠』(画:ながやす巧)、『空手バカ一代』(画:つのだじろう影丸譲也)、『柔道一直線』(画:永島慎二・斎藤ゆずる)、『侍ジャイアンツ』(画:井上コオ)など。
戦前の『少年倶楽部』の熱血を復権させ、少年のみならず大人にも大きな影響を与え、劇画ブームの担い手となった。

あしたのジョー
今更ながら読みました!
あしたのジョー ちばてつや 高森朝雄
star
star
star
star_border
star_border
酒チャビン
酒チャビン
まず、ジョーのキャラが思ってたのと全然違ってびっくりしました! もっと寡黙で、周りがぎゃあぎゃあ言っているところを「黙って見てろ」みたいな渋めのキャラだと思っていたのですが、どちらかというと自分がぎゃあぎゃあ一番騒いで、周りに制される感じの跳ねっ返りキャラだったのですね。 後半、前記のような渋めの部分が出てくるので、そこが世間でクローズアップされているため、そのような印象を持っていたのかもしれません。 そんな跳ねっ返りキャラを中心とした前半は、読んでてイマイチジョーが魅力的に感じられませんでした。メンドーサ選手にも絡み、「礼儀知ラズノ黄色イ獣ニハサワルノモゴメンダ」と言われて激昂するのですが、わたしもどちらかというとメンドーサ選手の意見には頷け、ジョーには同じ日本人で尚且つ主人公とはいえどもちょっと庇いきれない蛮行が多く。。。 「当時の読者はこういうキャラが好きな人が多かったのかな?当時の時代ってのもあったのかな?」とか「自分も歳をとって、やんちゃくれやはみ出し者を良しとしないフニャ○ンになってしまったのかな」など感じていましたが、どうなのでしょうか? ただ、物語は前半からかなり面白く、後半に進むに従ってジョーにもだんだんと魅力を感じはじめ、ハリマオ戦後からラストまでの展開は、さすが語り継がれる名作!と、わたしも相当シビレました!!!最後の最後の葉子さんとの心の邂逅には、わたしもむせび泣かずを得ませんでした。金竜飛戦も好きです!!
あしたのジョー
初めて読んだ感想
あしたのジョー ちばてつや 高森朝雄
かしこ
かしこ
ジョーってこんなに不良だったんだ…って思いました。有名作品なのでキャラクターの名前と名セリフくらいは知ってましたが、実際に読むまでジョーってもっといい子だと思ってました。力石徹との出会いも少年院なんですね。自分みたいに勘違いしてる人は世の中にたくさんいそうです。恥ずかしながら力石の死がクライマックスだと思ってたので、終生のライバルがこんなに早く死んでしまうのかと驚きました。でもそこから力石に致命傷を与えて殺してしまったトラウマをジョーが乗り越えていくという、さらに踏み込んだ物語になっていくのがすごく面白かったです。トラウマがフラッシュバックしてリングでジョーが吐いてしまうシーンが印象的でした。ジョー以外は黒塗りのシンプルな見開きなんですけど、ジョーのショックの大きさが見えて辛い、けどそれを乗り越えていかなきゃいけないんだって思いました。もう一つ好きなのはやっぱり紀ちゃんとデートするシーンです。あれも存分にページを取って一日デートした最後に「わたしついていけそうにない…」と紀ちゃんが言うなんてガーンときますね。これもちばてつや先生がよくおっしゃってる漫画の「間」の効果なのでしょうか。前半は自分が感情移入しやすかったのでチビ連のサチが好きでしたが、脇役って言っちゃうのが失礼なくらい全員が登場人物として必要なキャラになっているので、読み終わると全員好きになりますね。こんなにどのキャラも人生を持ってる漫画は初めて読みました。
皆で自分の考える日本名作漫画ランキングを作って検討しあってみませんか?
※ネタバレを含むコメントです
高森朝雄・ちばてつや) 4位:ドラえもん(藤子F不二雄) 5位:王ドロボウJING(熊倉裕一) 6位:昭和元禄落語心中(雲田はるこ) 7位:聖戦記エルナサーガ(堤抄子) 8位:BEASTARS(板垣巴留) 9位:小学館版学習まんが 少年少女 日本の歴史(児玉幸多 あおむら純) 10位:ネ暗トピア(いがらしみきお) 出来るだけ色々なジャンルから各作者作品は一つのみ、未完結作品は除いて第一に自分の好みで検討。 火の鳥はシリーズでは未完結だが、各編は単発として完結済みな事から入れた。 少女漫画は多少読んでるけど、10位以内に入れたいと思う作品は落語心中だけで、ユニセックス的な漫画の方が好み。
テレビ出演する漫画家・漫画関連番組まとめ
高森朝雄さんとコンビでこの名作を生み出した漫画家のちばてつやさんが、作品に描かれた東京・下町を旅します。主人公・ジョーが練習に励んだ山谷地区の泪橋(なみだばし)、人情あふれる昔ながらの乾物屋さんに、元気いっぱいの子どもたち。ちばさんが描いた漫画のキャラクターのような人たちの50年と今を見つめます。
テレビ出演する漫画家・漫画関連番組まとめ
高森朝雄、ちばてつや「あしたのジョー」 http://megalobox.com/ 「ヲタクに恋は難しい」 フジテレビ●木曜24時55分 原作:ふじた「ヲタクに恋は難しい」 http://wotakoi-anime.com/ 「ゲゲゲの鬼太郎(6期)」 フジテレビ●日曜9時 原作:水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」 http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/ 「キャプテン翼」 テレビ東京●月曜25時35分 原作:高橋陽一「キャプテン翼」 http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/captaintsubasa2018/ 「蒼天の拳 REGENESIS」 TOKYO MX●月曜24時30分 原作:辻秀輝(作画)、原哲夫(原作)、武論尊(監修)、八津弘幸(脚本)「蒼天の拳 REGENESIS」 http://www.souten-regenesis.com 「東京喰種 トーキョーグール:re(3期)」 TOKYO MX●火曜23時 原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール:re」 https://www.marv.jp/special/tokyoghoul/index.html 「食戟のソーマ 餐ノ皿 -遠月列車篇-(3期後編)」 TOKYO MX●日曜24時30分 http://shokugekinosoma.com/ 「デビルズライン」 TOKYO MX/日曜25時35分 原作:花田陵「デビルズライン」 http://devilsline.jp/
情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この著者に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。