icon_reread
また読みたい
フォロー
あしたのジョー(1)
ある日ふらりと下町のドヤ街に現れた、天涯孤独の少年・矢吹丈。腕っぷしの強さが元ボクシングジム会長の飲んだくれオヤジ、丹下段平の目に止まる。段平は丈に自分の果たせなかった夢を託し、名ボクサーに育てようと熱心に面倒を見る。しかし、段平の願いをよそに、丈は毎日、ドヤ街の子供達を引き連れ、無法な行動を繰り返すのだった。漫画史上の最高傑作、ついに登場!!ジョー、そのパンチで叩き出すんだ、すばらしい明日を!
あしたのジョー(2)
数々の非行を繰り返すジョーは、ついに逮捕され、少年鑑別所へと送られてしまう。段平は、面会できないジョーのため、「あしたのために」と記し、ボクシングの練習方法を書いた手紙を送った。鑑別所でも問題ばかり起こすジョーは、更正施設の東光特等少年院に収容されることとなった。ジョーはそこで、生涯のライバル・力石徹に出会う…!
あしたのジョー(3)
ライバル・力石との出会いがジョーを変えた!力石のクロス・カウンターで昏倒させられたジョーは、リベンジに燃える。院生たちの慰問に現れた白木葉子を巡り、再び力石とジョーは拳を交えることになった。「1週間後の日曜日」、残された時間は余りにも少ない。段平はジョーの体に、必殺のパンチを刻み込むが…
あしたのジョー(4)
力石に挑戦したジョーは、数えきれぬダウンをしながらも、試合を引き分けた。院内の寮対抗ボクシング試合で、ジョーと力石は引き分け試合の決着をつけようと練習にはげむ。しかし、段平は、ジョーのコーチを断り、院内一の弱虫・青山のコーチに熱を入れるのだった。試合が始まり、青山はジョーが段平から教わっていない戦法を次々と繰り出して…!?
あしたのジョー(5)
ジョーと力石は寮対抗のボクシング大会で、決勝戦に勝ち残り、試合が1週間後に行われることになった。しかし、その直後、力石の出所が三日後と決まり、勝負の決着を急ぐ二人は決闘をはじめた!葉子や段平の説得で、たがいに出所後、プロボクサーとして堂々と対決することになった…。そして、ジョーにも待ちに待った出所の日がやってきた…
あしたのジョー(6)
泪橋の下に作られた丹下拳闘クラブから、プロボクサーへの道を歩き始めたジョーと西。だが、ボクシング界から追放された段平が作った拳闘クラブは、ボクシング協会から認められず、ジョーたちはプロボクサーへの道を閉ざされてしまう。全日本新人王決定戦、ジョーはある策を秘めて会場に乗り込んだ。バンタム級の新人王、ウルフ金串の楽屋でクロス・カウンターを決めたジョーは…!?
あしたのジョー(7)
新人王決定戦で、ウルフ金串を相手に一策を講じ、ついにプロのリングへ上がったジョー。力石と葉子の見つめる前で、ジョーは必殺のクロス・カウンターを放ち、見事プロ初勝利をKOで飾った!破竹の連勝を続けるジョーに、因縁の相手・ウルフ金串がクロス・カウンター破りの秘策を胸に挑戦してきた。相手の手の内が読めない段平とジョーは、イライラを募らせるが…
あしたのジョー(8)
ウルフ金串との壮絶な試合はジョーのKO勝ちで幕を下ろした。連戦連勝をしていながら、ジョーとの対戦に執念を燃やす力石は、体重をジョーと同じバンタム級に下げるために、飢えと乾きの耐えがたい減量と戦いながら練習を続けていた。一方、ジョーも力石のアッパーカットを封じるため、血ヘドを吐いて練習していた。ジョーVS力石、宿命の対決の火蓋がついに落とされる!
あしたのジョー(9)
死闘が続いたジョーVS力石の試合だったが、最終回、ジョーは力石にKOされ、無念の涙を呑んだ。しかし、勝った力石は、ジョーの強打と、あまりにも過酷な減量による体力の消耗が元で息絶え、宿命の一戦は悲壮な幕切れとなった…力石が死んだ…!!ライバルの悲壮な最期に、ジョーは返らぬ友への痛恨の情と、はげしい虚脱感におそわれ、リング生活をすてる決意をする…
あしたのジョー(10)
力石の死のショックから、自暴自棄の放浪生活を続けていたジョー。しかし、リングへの復帰こそ、力石の死を生かす道と説く葉子や段平の忠告で、ジョーの心に、再びリングへの意欲が蘇ってきた。対戦相手を次々にKOして、一見順調なカムバックぶりを見せていたジョーだったが、力石の死の影は消えなかった。無意識のうちに、ジョーは相手の顔面を、攻撃できなくなっていた。