最近、稲井カオル先生がフルデジタルに移行されて、全く違和感なかったというツイートが面白かったのですが

あの先生がデジタル!?敢えてアナログ!?移行したら変わった!?などの情報が纏まったら面白いかと思いました。

また
●作画はクリスタ?フォトショップ?
●デジタル/アナログとアシスタント分業の変化
●出版社、編集部の対応の苦労
●印刷所へクリスタ(CLIP STUDIO)直接入稿できるの?
●デジタル原画の美術館アーカイブってどうする?

などなど、マンガとデジタル/アナログについて、なんでも話題をお寄せください!

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
東村アキコ先生がデジタルに移行したら、いままでおとなしくだんまりしてた若いアシスタント達がキビキビ生き生きと働くようになったって話好きです。 (海月姫かなんかのあとがきに書いてあった)

東村アキコ先生がデジタルに移行したら、いままでおとなしくだんまりしてた若いアシスタント達がキビキビ生き生きと働くようになったって話好きです。 (海月姫かなんかのあとがきに書いてあった)

@天沢聖司

なるほどーデジタルネイティブな世代の活躍の時が来ちゃったわけですね、いい話!

そう考えると、若いアシスタントを確保する為にデジタル導入というのも、ありえない話ではないですね…

うーん私は見分けつかないですねぇ。見分けつかないくらいアナログと遜色なくなったから、デジタル移行が進んだのかな?とも思いますし。…枠線がはみ出さないとか? 俺は見分けがつくぜ!という強者、見分け方教えて〜!

うーん私は見分けつかないですねぇ。見分けつかないくらいアナログと遜色なくなったから、デジタル移行が進んだのかな?とも思いますし。…枠線がはみ出さないとか? 俺は見分けがつくぜ!という強者、見分け方教えて〜!

@あうしぃ@カワイイマンガ

枠線はデジタル作業かどうか分かりやすいですよね。描き文字のフチ取りとかも注意して見てしまう(笑)

自分の印象ですが線画は紙に描いて、それ以降をスキャンしてデジタル仕上げっていうパターンが結構多い気がします。
原画展やるときも線画までは生原稿だけど仕上り展示は複製原画ってケースが増えていくのかな〜とか。

枠線はデジタル作業かどうか分かりやすいですよね。描き文字のフチ取りとかも注意して見てしまう(笑) 自分の印象ですが線画は紙に描いて、それ以降をスキャンしてデジタル仕上げっていうパターンが結構多い気がします。 原画展やるときも線画までは生原稿だけど仕上り展示は複製原画ってケースが増えていくのかな〜とか。

枠線はデジタル作業かどうか分かりやすいですよね。描き文字のフチ取りとかも注意して見てしまう(笑) 自分の印象ですが線画は紙に描いて、それ以降をスキャンしてデジタル仕上げっていうパターンが結構多い気がします。 原画展やるときも線画までは生原稿だけど仕上り展示は複製原画ってケースが増えていくのかな〜とか。

@名無し

そうか、フルデジタルか仕上げのみデジタルか、というのも知りたいところですね。

やっぱりペンのタッチが出せない場合は、線画だけアナログを選択される作家さんもおられますよね、きっと。

それにしても先日の漫勉neoの坂本眞一先生のデジタル作画は圧巻でした。髪型素材ライブラリすごすぎる

(8)「坂本眞一」 - 浦沢直樹の漫勉neo - NHK 「マンガ誕生」の瞬間を同時体験する異色のドキュメント。第8回は超絶技巧の坂本眞一。▽「イノサン」シリーズに続く新作を執筆。デジタル作画の驚異の舞台裏を初公開! ...

あ、デジタルだなって気づくのは ・背景に加工した写真素材を使っている ・吹き出しの形が綺麗すぎる ときですかね。

あ、デジタルだなって気づくのは ・背景に加工した写真素材を使っている ・吹き出しの形が綺麗すぎる ときですかね。

@名無し

背景の写真素材ありますね〜
あれって自分で撮影したのをトーンに加工するんですかね、それともああいうのが売ってる…?

それにしても先日の漫勉neoの坂本眞一先生のデジタル作画は圧巻でした。髪型素材ライブラリすごすぎる https://togetter.com/li/1638177

それにしても先日の漫勉neoの坂本眞一先生のデジタル作画は圧巻でした。髪型素材ライブラリすごすぎる https://togetter.com/li/1638177

@名無し

とても緻密な絵の作家さんなんですね…そしてデジタルの特性を最大限に活かしてらして、すごいなぁと、ちょっと唖然とするくらい。放送観たかった…

背景の写真素材ありますね〜 あれって自分で撮影したのをトーンに加工するんですかね、それともああいうのが売ってる…?

背景の写真素材ありますね〜 あれって自分で撮影したのをトーンに加工するんですかね、それともああいうのが売ってる…?

@あうしぃ@カワイイマンガ

自分と加工するのと売ってるのどっちもありますね〜!そしてフリー素材で配布されるものもあります。

バクマンとかに出てきた背景カタログっていま画像データも付属しててホントすごい時代です。

定価 2,860円 (本体 2,600円+税) 商業誌・同人誌に自由に使える! 高校&中学の校舎・教室・廊下、大学、小学校、田舎の分校など、学校を舞台にしたシーンに使える線画&写真データが満載! 漫画・イラスト・アニメ等で背景を描く際に便利な背景線画データと、写真データを同時収録したデジタル素...

ミンゴの線の味わいが大好きだったんだけどやっぱアナログだったんだなー 漫画家の机に大量のコピックがあるの見てるとワクワクする https://twitter.com/peppedesu/status/1312606603040841730?s=20

ミンゴの線の味わいが大好きだったんだけどやっぱアナログだったんだなー 漫画家の机に大量のコピックがあるの見てるとワクワクする https://twitter.com/peppedesu/status/1312606603040841730?s=20

@名無し

味のある絵ですね!確かにアナログ的かも。

そしてコピックは、絵を描く人も描かない人も、ワクワクさせるツールですね!百何十本のセットとか、買いたくなります。

先ほど鹿子木灯先生(『今日どこさん行くと?』『私の魅力がわからんと!?』)のTVインタビューを見ていたんですが、先生は取材中もタブレットで作画されてました。 背景もお一人で描かれているようなのですが、時間や場所の制約もないから効率的でいいなと思いました。 https://www.youtube.com/watch?v=CJ-YVA9KM3E&feature=youtu.be

先ほど鹿子木灯先生(『今日どこさん行くと?』『私の魅力がわからんと!?』)のTVインタビューを見ていたんですが、先生は取材中もタブレットで作画されてました。 背景もお一人で描かれているようなのですが、時間や場所の制約もないから効率的でいいなと思いました。 https://www.youtube.com/watch?v=CJ-YVA9KM3E&feature=youtu.be

@あうしぃ@カワイイマンガ

背景を実際の場所で撮った写真を元にして描くのって、前までは「楽でいいな」程度に考えてたんですけど、鹿子木先生の話を聞いて、ちゃんと目的があるからそのやり方を選んでると知って、ハッとしました。

最近喧嘩商売読んでるんだけど木多康昭先生ってだいぶ初期からデジタル使ってるよね 背景はともかくキャラクターにもCGモデル使ってる気がするんだが、だとしたらすごいなっていう…まだ2000年代だよな

最近喧嘩商売読んでるんだけど木多康昭先生ってだいぶ初期からデジタル使ってるよね 背景はともかくキャラクターにもCGモデル使ってる気がするんだが、だとしたらすごいなっていう…まだ2000年代だよな

@名無し

内容の割に細かい作画だと思ってましたが……意外です。

2000年代にも驚き。マシンスペックキツいと思いますけど、どうされてたんですかね……

背景を実際の場所で撮った写真を元にして描くのって、前までは「楽でいいな」程度に考えてたんですけど、鹿子木先生の話を聞いて、ちゃんと目的があるからそのやり方を選んでると知って、ハッとしました。

背景を実際の場所で撮った写真を元にして描くのって、前までは「楽でいいな」程度に考えてたんですけど、鹿子木先生の話を聞いて、ちゃんと目的があるからそのやり方を選んでると知って、ハッとしました。

@nyae

写真を使った作画も、上手くないと実はできないですよね(割と身に染みている…)拘りがあってこその、あの細かさ、そして自分での作画なんですね。

私的には取材写真はスマホなのが気がかりでした。あのひろびろ爽快感はスマホの広角画角にも理由がある?

内容の割に細かい作画だと思ってましたが……意外です。 2000年代にも驚き。マシンスペックキツいと思いますけど、どうされてたんですかね……

内容の割に細かい作画だと思ってましたが……意外です。 2000年代にも驚き。マシンスペックキツいと思いますけど、どうされてたんですかね……

@あうしぃ@カワイイマンガ

多分キャラごとにモデル作ってるんじゃないかなと思います。すごいですよね。
作業場のようすとかもおまけマンガに載ってるんですが、パソコンやペンタブなどしっかり置いてある印象でした。オーバーテクノロジー…

よふかしのうたの7巻でコトヤマ先生が「ペン入れまでは基本アナログだけどフルデジのページもあるから見つけてみてね」って書いてましたね。外出中にiPad作業する頻度が増えてきてるからそういうことになってるとか。

よふかしのうたの7巻でコトヤマ先生が「ペン入れまでは基本アナログだけどフルデジのページもあるから見つけてみてね」って書いてましたね。外出中にiPad作業する頻度が増えてきてるからそういうことになってるとか。

@名無し

まさかまさかの、ペン入れからデジアナ混在!?

違いってわかる物ですかねぇ…

ヴィンランド・サガもフルデジタルになったんですね…!

ヴィンランド・サガもフルデジタルになったんですね…! https://twitter.com/makotoyukimura/status/1395928521390792707?s=20

ヴィンランド・サガもフルデジタルになったんですね…! https://twitter.com/makotoyukimura/status/1395928521390792707?s=20

@名無し

幸村誠先生も急遽、という事はコロナ禍のリモート環境構築の為なのかな?

省スペースは本当に恩恵として大きいですよね。素材も何も全て小さい箱(板)に収まってしまう奇跡!

【1話】長谷川智広のデジタル作画奮闘記~アナログの申し子、デジタルに挑む~

集英社が費用を出して、超アナログな漫画家に、デジタル作画チャレンジさせるという斬新な企画が始りましたが、ギャグテイストで中々面白かったです。無事デジタルに移行できるのか結末が楽しみ。ちなみにこの漫画自体はアナログで描かれてるとのことです。

王様ランキングの作者さんの自伝漫画「脱サラ41歳のマンガ家再挑戦 王様ランキングがバズるまで」の中で、初めてペンタブを買って絵本や漫画を描き始めるエピソードがありますね。機材を買った後のテンションの高さが面白いです。元々はアナログ派でありながら、デジタルに移行して見事に成功された事例になるかと思います。

大暮維人のデジタル移行の思い切りの良さエピソードがあまりに大暮維人っぽすぎて好き。ダイナミックすぎだろ

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
マンガのデジタル/アナログ事情教えて!にコメントする