ネタバレ
天才とは「子供の遊び」である。

一番下のコメントへ

松本大洋松本大洋が『ZEROZERO』と『花男』をスピリッツに連載していた時、本当に幸福だった。
まったく新しい、スペシャルな才能が、今ここにいる…と、毎週感じさせてくれたのだから。

松本大洋のテーマは、かなり一貫している。
「天才の営為とは畢竟‘子供の遊び’であり、秀才はそれに決して追いつけず、ただ憧れるしかない」というようなもので、この初期長篇二作で、ある意味それは描き尽くされている。
最大ヒット作『ピンポンピンポン』は、そこをもっとも大ぶりに描いた集大成だろうし、最新傑作『SUNNY』は、その「先」(あるいは、その「前」)への美しいチャレンジだと思う。

しかし個人的には、『花男』を偏愛しているのです。
初長篇『ストレート』や『ZERO』『ピンポン』というスポーツ物の亜種のように見えながら、この優しい詩情に彩られた「野球漫画」ほど、スポーツの持つ「奇跡」を鮮やかに読む者の心へ染みこませてくる漫画を、他に知らない。

また『花男』は、大友克洋大友克洋谷口ジロー谷口ジローによって日本漫画界に提示されたメビウスメビウスに代表されるヨーロッパ・コミックの豊穣さ、それをさらにはじめの一歩一歩進めた可能性を見せてくれた作品でもあります。
Pradoが好きなんだろうなあ。そこがまた凄いよなあ。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー