お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・自由広場検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。

笠辺哲をなんと評価すれば良いだろう。

なに気にキャリアのある人で、もう期待の俊才などと言うのも失礼だろう。

「ゼロ年代コミティア系の良心」?
いや、別にコミティアに「悪心」が他にあるとも思っていないのだが。

SF的なテイストだと宮崎夏次系のほうがハードコアだが、笠辺哲には独自のつかみどころのない気持ちよさがあって、とにかくいつ読んでも絶妙に「宙ぶらりん」な読後感を味わわせてくれる。
絵柄も話も、少しユルいヌケたところがあって、それなのに描いている世界はちゃんと棘があり、読み重りがする。
かつての小説界であれば、「奇妙な味」というのが相応しいような、貴重な才能だ。

それはともかく。

なんでこの人は、このペンネームなんだろう。

どう考えても映画監督・俳優のジョン・カサヴェテスから取って付けていると思うのだが、その作品に、カサヴェテスっぽさは特にない。

この作品集が刊行された時のインタビューがネットで見つかったが、そこでは、自分から「(アイデアの)ベースになりやすいのが映画」と話題を振って、好きなのはタランティーノ『パルプ・フィクション』、黒澤作品、デビッド・リーン作品、キューブリック作品、『天井桟敷の人々』とズラズラ列挙するのに、カサヴェテスのことはまったく触れていない。

音の響きが面白いから借りた…くらいのことなのだろうか?
不思議。

(もちろんそれで全然構わないのだが。自分のように、カサヴェテスの名前に惹かれてコミックス買っちゃったヤツもいて、その辺もまたつかみどころがない感じがして、なかなか良いと思います)

「奇妙な味」の果実にコメントする
『ラタキアの魔女 笠辺哲短編集』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー
1巻を試し読み