ネタバレ
漫画の最高峰

一番下のコメントへ

…は、なにかと考える時、一番頭に浮かぶ機会が多いのが、この『カムイ外伝』である。
(当然、その日の気分によって、この選択はコロコロ変わるのですが)

もちろん、白土三平白土三平であれば、正篇の『カムイ伝全集 第一部カムイ伝』『忍者武芸帳』『サスケサスケ』『赤目』…なんでも最高!であることに議論の余地はないのだが、でも、初めて通読した時に「漫画って、本当にすごいものだなあ」と感じ入り、今も一番心に残っているのは、『カムイ外伝』。ちなみに、岡本鉄二岡本鉄二がからんでると思われる第二部まで含めてこその、最高!である。なんつったって「スガルの島」と「黒塚の風」、最高!

この外伝はもともと、雑誌ガロに大作『カムイ伝』を執筆するにあたり、原稿料が少ない(あるいは「出ない」)ため、生活費を稼ぐべく大手の週刊少年サンデー週刊少年サンデーで連載を始めた…と読んだ記憶がある。

そのため、エンターテインメント性がかなりビシっと意識されていて、主人公である抜け忍カムイとその追手たちとの戦いメイン、超カッコイイ技もバンバンある、読んで嬉しい見て痺れる「漫画」なのだ。
(だから、アニメ化されたり松山ケンイチケンイチ主演で映画化されたりしたわけです。正篇の『カムイ伝』は絶対無理ですもんね)

白土三平を知らない今の読者にとっても、きっと、『カムイ外伝』は最高!、な素晴らしい漫画であると心からお薦めいたします。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー