号泣保証

一番下のコメントへ

自分は、漫画や映画のようなフィクションに触れてウルウルすること、実際に「涙を流す」ことの多いセンチメタルな人間なのだが、その多くは、あくまで個人的な心情にフィットして、だ。つまり、自分自身の経験や環境と類似するシチュエーションにいるキャラクターに、感情移入をして泣くのである。

だが『遙かなる甲子園』は、あくまで物語内のキャラクター、自分とはまったく異なった存在に作品を読むと同一化させられ、オンオンと号泣させられる。
自分でもおかしいんじゃないかと思うくらい、涙でページが見えなくなってしまう。
感動作という表現がこれほど相応しい漫画はない。

山本おさむ山本おさむはキャリアの長い人で、初期の青春物から近年の『そばもん ニッポン蕎麦行脚そばもん』『赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD赤狩り』まで、篤実な作風とはこのことか、という誠に得がたい才能だが、なんと言っても本作『遙かなる甲子園』『わが指のオーケストラ』『どんぐりの家どんぐりの家』という、聴覚障害や重複障害の人々を描いた「人権三部作」とも呼び得る圧倒的作品群が素晴らしい。

漫画読んで泣きたい人は、ぜひ。
不思議と読後に心がすっきりします。

余談だが、山本には、漫画作品ではないが『マンガの創り方』という隠れた名著があり、これを読むと、その真率に創作に向かう姿勢の一端を知ることができる。簡単に言えば、彼の作品には常に読者への強い心配りがあるのだ。だからこそ、自分と関係のない存在にも、あれほど感情移入させることができるのだろう。(この本、古書でも高額で、あまり薦めにくいのだが)

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー