ガラスの花束にして

岩館真理子