icon_reread
また読みたい
フォロー
子供はなんでも知っている(1)
それぞれの親の再婚によって兄妹になった沙羅ととうた。しかし、兄妹なんていらないと沙羅は不機嫌。全く仲が良くならない二人を心配する両親だが、実は沙羅ととうたは親同士よりも前から付き合っていて、将来を約束した仲だった。そんな事情を知らない両親に、東京の友達に会いに行くと言って出掛けた沙羅だが、密かに会っていたのは年上の男で!?
子供はなんでも知っている(2)
一緒に暮らし始めて1年になる沙羅ととうた。相変わらず仲が良い二人だが、そんな彼らの家に母・ゆかりの妹で画家の八重子がやってきた。性格が暗い上、最近失恋もして落ち込んでいた八重子は、料理中にうっかり沙羅に火傷を負わせてしまう。責任を感じる彼女を気にかけるとうた。そして、とうたと八重子が手を握り合う姿を見た沙羅は…!?
子供はなんでも知っている(3)
とうたは女の言いなりになるサイテ―な男だと言うのを学校で聞いた沙羅。自分がわがままな女にされているのが悔しくて、皆の前で私を殴ってほしいと言う。取り合わないとうただが、こんな変なことを言う沙羅との付き合いを考え始める。そして以前、夏の海岸で出会った赤いワンピースを着た別のクラスの秋吉和子のことを思い出して…!? 【同時収録】ネコのいる生活
子供はなんでも知っている(4)
ある日突然、沙羅が変わった。女王様になってあれこれ命令したり、不良になって家中を荒らしたり。手がつけられずに困っていた家族だが、その原因は3年生になり同級生の進路が決まって行く中で、自分には何もないという現実からの逃避だった。沙羅を落ち着かせるため、卒業後に沙羅との結婚を母・ゆかりに約束させられてしまったとうただが…!?