病めるときも、健やかなるときも、ずっと変わらず愛せますか?『ジョセフへの追想』

病めるときも、健やかなるときも、ずっと変わらず愛せますか?『ジョセフへの追想』

「自分の分身みたいなパートナー」とか「魂の触れ合う仲」って憧れですよね。そんな相手がいるならもう一生もんじゃないですか。

そんな相手を、何があっても、生涯愛し続け、思いやり続けられるものでしょうか、そんな深い愛は、どうすれば証明できる……?

いやー、渡辺多恵子先生といえば、『風光る』が一番有名でしょうか。男装して新選組に入隊しちゃった女子のお話です。新選組が活動してたのって6年程度ですが、連載は23年も続いたんだからすごい。『壬生義士伝』に先駆け、平成の新選組ブームを作った作品ですよね。

だがしかし私は、渡辺多恵子先生といえば短編の方が好きなのです。特にこれ、『ジョセフへの追想』。初めて読んだのは確か中学生の頃で、泣きじゃくって心揺さぶられて3日くらい頭がボーッとしてました。しびれるくらい若々しい話ですね!

舞台は『赤毛のアン』と同じ、プリンス・エドワード島です。カナダにある、農村地帯の広がる美しいところです。知ったようなこと書きましたが、この作品でしか見たことありません。

ユニスとジョセフは幼なじみで、それはそれは仲睦まじく育ちます。ジョセフは厳しいこともあるけど優しくて、ユニスがいじめられればとっくみあいして反撃してくれる。シロツメクサで作った指輪で結婚を誓ったりしてくれます。おいジョセフ、たかが6〜7歳で将来を決めていいのか? 

2人は何事もなく仲睦まじいまま、高校生になりました。

このままなにも起こらなければ、物語になることもなく、「ちょっとうぜえ隣のいちゃいちゃカップルの話」で終わったはずです。

もうとにかく2人のラブラブっぷりがひどいんですよ。

ジョセフの両親が事故で亡くなったときのこと。慰めようとするユニスが「何かあたしにできることない?」と聞くと、ジョセフはこう答えます。

「きみをひとりじめしたいな」

っカーッ!!

してくれ! してくれひとりじめ!!

そしてユニスはこう言うんです。

「……あきれた…… ジョセフ してないと思ってたの?」

なんだお前らほんっと両思いじゃないか!

ところがね、そうはうまく行かないんですよ。ジョセフが18歳になった誕生日から、どんどん雲行きが怪しくなっていきます。次々と事件が起こっていきます。ローラースケートを履いたままうっかり下り坂に入ってしまったみたいに、猛スピードで転がっていくんです。

それでも、ジョセフはユニスを想い続けます。強く、強く。

2人はどうなるのでしょうか。

そして大都市バンクーバーから越してきたケヴィンは、物語にどう関わるのでしょうか。

2人を中心にぐるぐる展開するラストはもう切なくてたまりません。

冒頭のふたりのイチャイチャは、待ち受けている展開への布石だったんですね。短編なので細かな伏線はすべて回収され、きれいにまとまります。短編は最初から最後まで計算されて物語がスタートするので、コマ割りもコンパクトで、話がサクサク進み、読みやすい。短編がうまい作家は実力があるといいますね。渡辺多恵子先生、サイコーです。

この作品はまた、日常的な物語の中にSFの要素が混入されているという、80年代あるあるの設定です。そしてラストは、また80年代あるあるというか、似たような展開をいくつか知ってますが、鉄板で切ないです。「今ある自分は、ほんとうに自分の知っている自分なんだろうか?」と疑問に思うことがあります。

読むとプリンス・エドワード島に行きたくなりますよ。作品で見た光景がいくつも見られそうです。

記事へのコメント
コメントする