本能に訴えかけるマンガ4選 週刊マンバ  No.19 2020年3月22日(月)〜2020年3月29日(日)

秒でいいマンガが見つかるクチコミサービス「マンバ」の、1週間のクチコミ投稿・アクセス数の変化を振り返ることで、マンガ界の動きがサッとわかる連載がこの「週刊マンバ」。 今週はマンバスタッフ・高橋が3月22日(月)〜3月29日(日)を振り返ります!

今回、ピックアップしたのはこちらの4作品。恐怖・性欲・食欲…本能に訴えかけるテーマが揃いました!

今週のおすすめ4作品

先週よく読まれた『クチコミ』

『モンキーサークル』原作: 志名坂高次 / 作画: 粂田晃宏

3月18日、マンバで大人気の山岳パニックホラー『モンキーピーク』より、外伝『モンキーサークル』(全2巻)が発売となりました!

本編である『モンキーピーク』の舞台設定は製薬会社の登山レクリエーションでしたが、今回は動画配信者グループ「りょうちゃんねる」による森での撮影。

“猿”に襲われるという設定はそのままに、新しいメンバーでスリル満点の惨劇が繰り広げられます。

現在連載中の続編『モンキーピーク the Rock』ともつながりがあるみたい…。「モンピク」ファンなら外せないスピンオフです!

▼みんなの反応

 

つづいてはこちら! 

『先生で○○しちゃいけません!』武者サブ

3月19日に第1巻が発売された『先生で○○しちゃいけません!』。初めはパッとタイトルと表紙を見て「う〜ん、あまり興味ないかもなぁ」と思ったのですが、タイトルにマンバが行っている#1巻応援 企画のタグが見えたので「応援したいという熱意を信じて、とりあえず1巻読んでみっか」と読んでみたところ、もう、めっっっちゃ良かったです。

▼裏サンデー(1話前編)
https://urasunday.com/title/816/81879

まず表紙をよく見ると、このトップスの透け感、天才的じゃないですか…!? そしてこの画力と同じくらい、各話で取り上げる高校生たちの性の悩みに対する丁寧な解説が素晴らしいんです。というのも、実は監修協力が現役養護教諭であるコンドームソムリエAiさんなんです。

もうこれが保健の教科書でいいのでは…!? 教育関係の方、よろしくご検討ください。

▼みんなの反応

 

先週アクセスが多かった『マンガ』

『モンスターバンケット』吉永龍太

3月中頃、YouTubeで動画を観ようとしたらコミックDAYSの広告が流れたんですよね。その時に流れたのが、この『モンスターバンケット』の広告でした。

▼コミックDAYS(1話)
https://comic-days.com/episode/10834108156632545507

クールな表紙、舞台は18世紀の清朝、タイトルは『モンスターバンケット(怪物の宴)』。

「いやこんなん絶対おもしろいって〜〜! 」と、昨年4月にジャケ買いしたものの無事積ん読してしまい、今回のアクセス増を受け読んだのですが…いやも〜〜!期待以上に面白かったです…!! 

これから中華を食べたあとは必ず「ハオチーラ!(美味かったぜ!)」と言います(宣言)

▼みんなの反応

icon
ひさぴよ
約21時間前
ハオチー!最強のフードファイター饕餮(とうてつ) #1巻応援
18世紀の清朝を舞台にした、科挙ならぬ”食挙”に挑む奇想天外な中国怪異譚マンガ。先祖代々伝わる家宝「饕餮の干物」を食べてしまった主人公・乾貴道。科挙試験に落ちた後、異常に腹が減り出し、食べても食べても腹が減るからさあ大変。そこへ謎の少女・暗娘が現れ、紫禁城の中で人知れず行われている"食挙"(大食いトーナメントのようなもの)に招かれるところから話は始まります。「で、饕餮(とうてつ)って何なの?」という方のために簡単に説明すると、饕餮とは、中国神話に登場する伝説の妖怪で、何もかも食い尽くす悪神としても知られている存在です。作品の世界観としては、古代中国からの道教の思想が反映されており、中国怪異小説を彷彿とさせる雰囲気と、日本漫画が見事に融合しています。 饕餮を取り込んでしまった主人公ですが、次から次へと規格外の大食い試験に挑まされては、人間離れした食欲でクリアしていきます。その姿はまさにモンスターのごとく、読んでいて怖くなるほどの迫力です。単なるフードバトル漫画というわけでもなく、物語は摩訶不思議な謎に満ちています。あとはもう、絵そのものを見てもらわないコトには伝わらないでしょう。まずは1話だけでも試し読みしてみてください。非常にアクの強い作品ですが、ハマる人は必ずハマると思いますよ。

 

最後はこちら!

『あっ、次の仕事はバケモノ退治です。』市村基

芸能事務所に勤めて5年。まだ1人もタレントを担当したことがない主人公が、ひょんなことから会社の秘密を知ってしまい、ドイツからきた芸人志望の少年と「バケモノ退治」を始める物語。

1巻では先輩と一緒に初めての“営業”に向かいバケモノに立ち向かうのですが、非常に気になるところで次巻へ続いています…!

▼あらすじ&試し読み

タイトルが文章の漫画の話はマンバで!

今回取り上げた4作品のうち2作品のタイトルが文章でした。マンバの『自由広場』では、漫画のことならなんでも話せます。

そう、タイトルが文章の漫画の話もね。

▼「タイトルが文章の漫画といえば」

「タイトルが思い出せないマンガ」を尋ねたり、「『りぼん』の思い出」を語ったり、「団地を舞台としたマンガ」を聞いたり、「ちくわと鉄アレイを投げる漫画」の情報をまとめたり。とにかくなんでもOKなので、どんどん自由に使ってください。

コメントする

話題に出た作品のクチコミ