一番下のコメントへ

漫画家ならではだなと思ったのは、原稿明けにボロボロの体で食べたものの思い出を語っている作家さんの多いこと。
殆どがエッセイですが、スエカネクミコ先生は創作でした。

衝撃的だったのは峰なゆか先生の炭水化物愛。
役に立ったのは晴川シンタ先生の蟻塚と、釣巻和先生の心太アレンジレシピ。
エッセイとして面白かったのは、石黒正数先生のラ王と多田基生先生の普段の食事が粗末すぎて美味しいラーメン食べたら脳がバグっちゃった話。

酒、肉、麺ときたら次はなんだろう。
スイーツ?

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー