icon_reread
また読みたい
フォロー
放課後のカリスマ(1)
▼第1~6話●主な登場人物/神矢史良(偉人のクローンのみが通うセントクレイオ学園において、唯一の“非クローン”)●あらすじ/西暦二×××年、世界中の偉人のクローンたちが通うセントクレイオ学園で、唯一の非クローンである神矢は「音楽の勉強がしたい」と願うマリ・キュリーのことを、学園の教師である父に相談。だがその直後、マリは「転校する」との言葉を残し学園を去ってしまった。一方、学園の先輩“クローン・ケネディ”が衆人環視のもと暗殺されて…(第1話)。●本巻の特徴/歴史に名を残した偉人達のクローンばかりが通う学園に、一般人は神矢ただひとり。クローンの苦しみとは!?ただの人間の哀しみとは!?異色学園ファンタジー第1集!!●その他の登場人物/マリ・キュリー(キュリー夫人のクローン。音楽を学ぶために転校していったが…)、フロイト(ジークムント・フロイトのクローン)、ナポレオン(ナポレオン・ボナパルトのクローン)、一休(一休宗純のクローン)、エリザベス(エリザベス一世のクローン)、ナイチンゲール(フローレンス・ナイチンゲールのクローン)、モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのクローン)
放課後のカリスマ(2)
▼第7~12話●主な登場人物/神矢史良(偉人のクローンのみが通うセントクレイオ学園において、唯一の“非クローン”)●あらすじ/セントクレイオ学園の“学術研究発表会”に合わせて、クローンを皆殺しにしようとする暗殺集団が、秘かにその準備を進めつつあった。そのころ神矢は、モーツァルトの首吊り事件に心を痛めていたが、“ドリー様”のおかげで一命をとりとめたというヒトラーの言葉に安堵する。“ドリー様”はクローンたちのお守りとしてどんどん広まっていくが…?(第7話)●本巻の特徴/クローンとしての真価と成果が問われる“学術研究発表会”を前に、慌ただしい学園内。そんな中“ドリー様”の信憑性を疑う声が駆け巡り…!?異色学園ファンタジー、急展開!!●その他の登場人物/マリ・キュリー(キュリー夫人のクローン。音楽を学ぶために転校していったが…)、フロイト(ジークムント・フロイトのクローン)、ナポレオン(ナポレオン・ボナパルトのクローン)、一休(一休宗純のクローン)、エリザベス(エリザベス一世のクローン)、ナイチンゲール(フローレンス・ナイチンゲールのクローン)、モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのクローン)、ヒトラー(アドルフ・ヒトラーのクローン。史良とは仲がいい)、ロクスウェル(セントクレイオ学園の理事長)
放課後のカリスマ(3)
▼第13~18話●主な登場人物/神矢史良(偉人のクローンのみが通うセントクレイオ学園において、唯一の“非クローン”)●あらすじ/マリ・キュリーと呼ばれる少女と、史良によく似た男・カイに出会い、困惑する史良。学園のOBであるカイも何者かのクローンであることを明かされ、自分自身もクローンである可能性の出てきた史良は、自分の存在意義について悩み始める。一方、その場に居合わせたフロイトも、史良とカイの関係性について考え出して…(第13話)。●本巻の特徴/生徒達の運命を左右する“学園研究発表会”。様々な懸念から規模を縮小して開催された会場で、彼らを待っていたものとは…!?学園ファンタジーの謎がさらに深まる、衝撃の第3集!!●その他の登場人物/マリ・キュリー(キュリー夫人のクローン。音楽を学ぶために転校していったが…)、フロイト(ジークムント・フロイトのクローン)、ナポレオン(ナポレオン・ボナパルトのクローン)、一休(一休宗純のクローン)、エリザベス(エリザベス一世のクローン)、ナイチンゲール(フローレンス・ナイチンゲールのクローン)、モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのクローン)、ヒトラー(アドルフ・ヒトラーのクローン。史良とは仲がいい)、ロクスウェル(セントクレイオ学園の理事長)、パンドラ(ロクスウェルが連れてきた少女。マリ・キュリーの遺伝情報を持っている)、カイ(クローンの研究をしている学園のOB。史良によく似ている)
放課後のカリスマ(4)
世界中の偉人のクローンのみが通うセントクレイオ学園において、唯一の非クローンである神矢史良。その学園の一大行事である「学術研究発表会」が、謎のテロリスト達によって襲撃された。テロリスト達の正体は…なんと学園の卒業生、つまり偉人のクローンだった。さらに、その中には史良と良く似た顔を持つ男が3人!?史良に似た男の一人によって磔にされたジャンヌ・ダルク…その運命は?史良は、ナポレオンはジャンヌを救うことが出来るのか!?謎が謎を呼ぶ、新感覚学園ファンタジー!!
放課後のカリスマ(5)
偉人クローン達が通うセントクレイオ学園を襲撃した集団のひとりであり、見た目が史良に酷似した男=カイ。そのカイが、自らの青春時代…つまり、前世代クローン達の学園生活を語り始めた。それは、今の学園とほとんど変わらぬ平和な日々。しかし、カイの前にもう一人のカイが現れてから、人間関係に微妙な亀裂が走り始める。そんな中で行われた学術研究発表会。それは、紛う事無く「クローン達のオークション」であった。ヒトラーを始めとして、それぞれ「買い手」が見つかり卒業してゆく生徒達。そして、学園に残されたカイ達を待っていた過酷な運命とは…?(連載第25話~30話を収録)
放課後のカリスマ(6)
史良に酷似した男=カイが語る、学園の過去――。学園を卒業した前世代のクローン達しかし、彼らを待っていたのは、オリジナルの偉人のイメージに縛られ続ける苦難の道だった。そんな中、「傷を持つカイ」は銃を手にして、心が壊れる寸前であるクローン達を訪ねる。そう、彼らの魂を救済するために。それが、セントクレイオ学園を襲撃した集団・ストライカーの始まりだった…。カイの話を聞き、困惑する史良達。中でもエリザベスは、カイの導きにより信じ難い光景を目の当たりにすることに…!?[連載第31話~36話を収録]
放課後のカリスマ(7)
史良に酷似した男=カイとともに学園を脱出したエリザベスとヒトラー。一方、父親の神矢からあらためて自身がクローンであることを告げられた史良は、学園を「卒業」して、クローン・レオナルド・ダ・ヴィンチが統べる財団へ身を寄せることに。そこで史良は、ある懐かしい人物と奇跡の邂逅を果たす。そして財団にいる間、己の「オリジナル」の意思を継ぐことを求められる史良…。そんな中、アインシュタインら前世代クローンと合流したヒトラーが、メディアを通じて衝撃的な告白を…!?[連載第37話~42話を収録]
放課後のカリスマ(8)
セントクレイオ学園をマスコミに公開すると決断した史良。しかしその結果、学園の生徒に犠牲者が…。自らの重責に耐えかねた史良は、マリ・キュリーとともにダ・ヴィンチ財団から脱走をはかった。「ただの人間」として外の世界で生きようとする史良は、そこで束の間の幸福を味わうが、ダ・ヴィンチが放った刺客により追いつめられてしまう。一方、悲劇のヒーローとして自らその身を晒したヒトラーは、世間からの支持を集め始めており…。クローンとはいったいなんなのか。その価値は。存在の意味は――深淵へと近付く物語、最新第8集!
放課後のカリスマ(9)
黒江が語る、学園創設時の日々――母を亡くし、外部からセントクレイオにやってきた黒江。そこにいたのは彼の父、ドクターXと、史良に酷似した若き日の神矢だった。神矢を溺愛し、黒江を忌み嫌うXに嫌悪感を抱きつつ、プロトタイプの偉人クローン達と生活を共にする黒江。さらに新たな転入者・ロクスェルを加えたセントクレイオだが、ある日、全てのプロジェクトを揺るがす事件が発生し…?クローン達が生みだされたその理由が明らかとなる、衝撃の最新刊!
放課後のカリスマ(10)
自分自身も、己の父・神矢も、ともに学園創始者である黒江の父のクローンであることを知らされた史良は、混迷の中でヒトラーと再会。ヒトラーは共闘を呼びかけるが、史良はこれを拒否。セントクレイオに戻り、ヒトラー達と全面対決することを決意する。そして世間からのバッシングが続く学園では、理事長・ロクスウェルが秘策を…?IKKIを代表する、スエカネクミコ氏渾身の新感覚ファンタジー連載、ついに第10集到達!