漫画を愛する塩澤さん

一番下のコメントへ

東京の街で文鳥と暮らす、漫画編集者の塩澤さん。

塩澤さんという男がどんな人間なのか、本文に滲み出ている。
文鳥と敬語で会話。物は多いが整理された部屋。深々と丁寧にお辞儀。文房具全てに名前シール。横断歩道では手を挙げて。待ち合わせには1時間前到着。

そんな塩澤さんは、どれほど真摯に仕事に向き合ってここまできたのだろう。そんな中、仕事を辞めた。
この先、愛する漫画とどのように向き合っていくのか。
塩澤さんの新しい生活が始まる。

目に涙をためながら長作君に漫画から逃げるなという塩澤さん。
けれども彼自身は編集者という仕事を辞める。
嵐がきて傘も飛んでいってしまった。
塩澤さんはこれから漫画とどう向き合っていくのだろう。

2話目もめちゃくちゃ面白かったー!
面白い漫画を読んでる時が一番幸せだよ。
塩澤さんの人生だけじゃなく若手漫画家や編集者の葛藤も描かれていくんだね。
猫好き漫画家の青木君なかなか強烈なキャラだったな。

奇をてらったタイトルが昔に作者が書いた「メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス」を意識したやつじゃねーか...

松本大洋にとっての塩澤さんみたいな編集者っているのかな?

松本大洋にとっての塩澤さんみたいな編集者っているのかな?

@名無し

二人ぐらいいそうな気はする...

塩澤さんのマンガコレクションがむちゃくちゃいい
じみへんじみへん
バタアシ金魚バタアシ金魚
Dr.スランプDr.スランプ
カムイ外伝
めぞん一刻 〔新装版〕めぞん一刻
刑務所の中刑務所の中
わたしは真吾
柔道部物語柔道部物語
水色のリボン水色のリボン
青の戦士青の戦士
綿の国星綿の国星
ブラックジャック
まことちゃんまことちゃん
ショート・ピースショート・ピース
ぼくとフリオと校庭でぼくとフリオと校庭で
隣りの女
百日紅
奇子
男おいどん男おいどん
火の鳥火の鳥
いじわるばあさん
キャプテンキャプテン

今年良かったコマをあげるとしたら、松本大洋松本大洋が書いた谷口ジロー谷口ジロー/狩撫麻礼狩撫麻礼の青の戦士の表紙だな

user_private
名無し

オーバーオールの古本屋もすげーいいやつ
「バイちゃ。」で去っていくのもよかった…

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー

banner