『インハンド』朱戸アオインタビュー/描くのは「素人の成長」よりも「プロフェッショナルの苦悩」

写真/後藤武浩
感染症をめぐる医療ミステリ『インハンド 紐倉博士とまじめな右腕インハンド』、パンデミックものの新たな名作『リウーを待ちながらリウーを待ちながら』など、医療にまつわる作品を描き続けるマンガ家・朱戸アオ。彼女が医療マンガを描くに至った経緯や、作品づくりについて考えていることについてインタビューをおこなった。てっきりそういう分野を大学で学んでいたのかと思いきや……。

朱戸アオ(あかと・あお)
2010年、アフタヌーン四季賞冬のコ... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする
boards

話題に出たマンガ