『灼熱カバディ』のアニメに備えよう No.33 2020年7月6日(月)〜2020年7月12日(日)

秒でいいマンガが見つかるクチコミサービス「マンバ」。
その1週間のクチコミ投稿・アクセス数の変化を振り返ることで、パシッとマンガ界の動きがわかる「週刊マンバ」。今回は7月6日(月)〜7月12日(日)のうち、気になるマンガ4作品をピックアップ!

今週はスタッフ・アナグマがお送りしていきます!

今週のおすすめ4作品

先週アクセスが多かった『クチコミ』

『灼熱カバディ』武蔵野創

灼熱カバディ(1)

来ましたよ!!遂に!!『灼カバ』のアニメ化が!!

「え?カバディ?あのカバディカバディ言うスポーツ?のマンガ?」って感じでピンときていないそこの貴方にこそ読んでほしい。「「カバディなんてネタだろ(笑)」と内心バカにしつつ練習を見に行っ」た主人公宵越くんと全く同じ体験が出来るので…(あらすじを引用)。

具体的にはこのクチコミの状態になります。

なぜならこういうマンガだから。

そして最後にはこのクチコミも最高に楽しめるようになっちゃうはず。

23日まで3冊無料公開中。アニメに備えてカバディと『灼カバ』にドハマリするなら今ですよ!!!

 

つづいてはこちら!

『寄生列島』江戸川エドガワ

東京から父親と一緒に「花山島」に引っ越してきたものの、島の空気にどこか馴染めずに過ごしていた主人公・千尋。独特の風習やよそものを拒む閉塞感、そして島に広まる寄生虫によって少しずつおかしくなっていく島民たち、平穏だった島に次々と事件が起き始め…というパニックホラーのおいしいところが全部詰まった孤島サスペンスです。

1巻発売に合わせて注目度が上昇した本作、マンバでは第一話から感想が盛り上がっています。
さまざまな寄生虫の知識も身につくタメになるトピック、本作を楽しむガイドにしてみてはいかがでしょう(※グロめの画像もあるので注意)。

▼毎話『寄生列島』を語るトピックはこちら

先週よく読まれた『マンガ』

『女の園の星』和山やま

あらゆるメディアで話題になりまくっている和山やま先生の初連載作の1巻が発売されました!週刊マンバNo.13「面白いマンガ絶対動物いる説」に続いて2度目のご紹介です。

女子校で教鞭を振るう星先生の日常が描かれるのですが、これがとにかくマジで笑えてくる。生徒や同僚とのやり取り、なんでもないような出来事、女子校の空気感などさまざまな要因が化学反応のように掛け合わさって読者のガードを突き破ってきます。ここしかないみたいな絶妙なツボを突かれて笑うこと必至。

読み終わったらマンバの感想を見て笑いどころをリフレインすると楽しいと思いますよ。

▼毎話を振り返るマンバの感想トピックはこちら

ハマっちゃった方はマンバ通信の和山先生インタビューも合わせてどうぞ!!

▼影響を受けた作品や創作の源流についてたっぷり伺いました
『夢中さ、きみに。』和山やまインタビュー

 

そして今週最後の作品はコチラ!こっちも高校の話ですね!(無理やり)

『銀杏ガールズ』宮崎周平

先週から週刊少年ジャンプで始まった宮崎周平先生の新連載『僕とロボコ』。前作の読み切りギャグマンガ『銀杏ガールズ』にも注目が集まりました。

毎日勉強ばかりの主人公・いいんちょが友だちからバンドに誘われて青春を謳歌しようとする話ですが、やはりインパクト絶大なのはロボコと見た目がそっくりの爆乳JK・珍子ちゃんでしょうか…。存在が強すぎる。ちなみに名字もヤバいです。

『ロボコ』と合わせて読むともうこの世界観から逃れることはできなくなるでしょう。週刊少年ジャンプ2020年18号に載ってるぞ!

▼クチコミ募集中!

 

(マンバスタッフ・アナグマのこぼれ話)
マンバでアカウント登録をしていただいている方はお気づきのことかと思いますが、マンバのマイページ、ちょっと便利になりました。これです。

おすすめボタンが追加されました!
マンバ内での人気を参考にしたおすすめ作品のほか、クチコミや著者もずらりと並んでおります。


作品・著者を一度にフォローするのにお使いいただけるほか、まだ見ぬ作品やクチコミと出会うのにも便利!初期登録時だけでなく、マンバに通い慣れた方にも楽しい機能なので一度はチェックしてみてください。

それじゃ来週もお楽しみに〜!

コメントする

話題に出た作品のクチコミ

のれん雛
2019/05/09
灼熱カバディは面白い
cameraマイナースポーツ「カバディ」を取り扱う王道スポーツ漫画。 スポーツ漫画の醍醐味が詰まってます。 ネタスポーツとして認知されていた『カバディ』という題材が凄く面白いスポーツだと、灼熱カバディを読んで初めて驚かされました! 『カバディ』は、チーム戦でもあり、個人戦でもあり、パワーもスピードも身体能力も精神力が、有利にも不利にも働くのは『カバディ』ならではです。 ルールは「カバディなんて知らねェ」と馬鹿にしていた主人公視点で進むのでルールが分かりやすく、頭の中に入ってきます。 とても熱く、どの巻も面白く、読むのをやめられません。毎話、熱量が凄く、いわゆる微妙な回やヒキ回が無いのが凄い! 登場人物の成長だけではなく作者や作品自身の成長が読み取れる程、作中が進むたびに実感し、連載を読めて私は幸せです! 思わず涙を流すほど愛おしい話もあり、どのキャラクターも愛おしいです。 スポーツ未経験者でも思わず深く共感し、絵や演出が直接胸に刺さるのも魅力的です! 灼熱カバディが理由で、現実の競技カバディをする人やサークルが増え、現実に影響を与えていく姿は登場人物達と同じくらい、とても面白いです!