あらすじ

造り、閉じ込め、永遠に愛す――。あの日から3年。滋賀から東京へと戻った復一の前に、以前よりもより妖艶な気配を身に着けた真佐子が現れる。復一と真佐子。それぞれ以前とは違う立場の中で、情念の炎はさらに激しく、そして複雑に捩じり燃え始める。岡本太郎の母・岡本かの子が描いた名著『金魚撩乱』、大正時代の破滅的純愛文学を奇跡の漫画化。