夏目アラタの結婚 1巻
これは、最も一線を越える「結婚」!! 児童相談所に勤務する夏目アラタは、結婚に夢など抱いていない30代・独身。彼はある日、担当児童・卓斗から「父を殺した犯人に代わりに会って欲しい」という依頼を受ける。犯人の名は品川真珠。【品川ピエロ】と呼ばれる有名連続殺人犯だった…!!
夏目アラタの結婚(2)
究極の「結婚」、追い詰めたのはどっち? 未だに死体の一部が発見されない遺族からの依頼で、連続殺人鬼・品川真珠からそのありかを聞き出すべく拘置所へと通う夏目アラタ。真珠の気を惹くために思わずアラタが口にした「結婚」という言葉をきっかけに、ふたりの腹の探り合い、駆け引きはヒートアップする! そしてついに、事件に関する黙秘をやめ、語り出した真珠。彼女は本当に犯人なのか、それとも…?
夏目アラタの結婚(3)
アラタと真珠の「結婚」、一線を超える!? 未だに死体の一部が発見されない遺族からの依頼で、連続殺人鬼・品川真珠からそのありかを聞き出すべく拘置所へと通う夏目アラタ。真珠の気を惹くために思わずアラタが口にした「結婚」という言葉をきっかっけに、ふたりの腹の探り合い、駆け引きはヒートアップする! ある方法でアラタを追い詰める真珠。そしてついに、ふたりの結婚は「一線」を超える…!?
夏目アラタの結婚(4)
法廷で妻を知る。最怖の結婚次なる舞台へ! ついに籍を入れ、正式な夫婦となったアラタと真珠。そんな中、真珠の控訴審が始まり、黙秘から一転、真珠は事件の真犯人は父親である、と証言する。一方アラタは真珠という人間の過去を解く鍵は「母親」にあると直感し、独自にその足跡を追うが...!?
夏目アラタの結婚(5)
殺人妻・真珠が「待っていた人」の正体は? 控訴審裁判で、少しずつ事件について語り始めた真珠。だがその言葉の真偽は、夫であるアラタにとってもまだわからない。最も真珠に近い存在として、彼女の過去を探るアラタ。そんな中、「真珠が父親を殺したのではないか」という疑問を持ったアラタは、弁護士の宮前を呼び出し... そしてあることをきっかけに、真珠の心が大きく動く!
夏目アラタの結婚 6巻
殺人妻の母親は何者だ? 真実へ迫る! 緊張の控訴審。「真犯人は自分の父親だ」そう証言した真珠だったが、彼女の言う父親・三島とは血の繋がりがないことが判明し、法廷で追い込まれてゆく。事件の鍵、真珠の心を解く鍵は父親ではなく母親だと直感したアラタは、すでに亡き真珠の母親・環の心を探ろうと試みるが...!?
また読みたい
フォロー