【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。

男性も必読!ヘタレ童貞イケメンのピュアな初恋愛『覚悟はいいかそこの女子。』

男性も必読!ヘタレ童貞イケメンのピュアな初恋愛『覚悟はいいかそこの女子。』

こんにちは、少女漫画ソムリエ田舎はるみです。

少女漫画大好き男子として生きていると、普段少女漫画を読まない男性から、
「少女漫画って女の子目線の話やから感情移入しにくくて面白くなくない?」
とよく聞かれますが、声を大にしてNOと言わせていただきたいです。

少女漫画にも男子目線の漫画はたくさんあります!

有名な作品だと、『俺物語!!』、『山田太郎ものがたり』、『愛してるぜベイベ★★』などがありますよね。

もちろん少女漫画の読者の大半は女性なので、女子主人公の漫画がほとんどで、男子主人公の作品はそれほど多くはないのですが、探すと意外にたくさんあるんです。
そういった作品は、普段少女漫画を全く読まないという男子でも感情移入しやすくてハマりやすいと思うので、少女漫画への入口として是非おすすめしたいです。

今回はそんな男子主人公の少女漫画作品の中から、椎葉ナナ先生の『覚悟はいいかそこの女子。』を紹介させていただきます!

 

『覚悟はいいかそこの女子。』(椎葉ナナ/集英社)第1巻表紙

 

正直に言うと、最初に本屋さんでコミックスを手に取って表紙を見たとき、「絶対に僕がハマらないタイプの少女漫画だ……!」と思い購入を躊躇しました(一旦やめました)。
表紙だけを見て、イケメンで“Sっ気”のある“オレ様”タイプの男主人公の話だと思い、これはなかなか感情移入しづらそうだなと判断したのです。

しかし、椎葉ナナ先生の他の作品が元々好きだったこともあり、たまにはこういう作品も挑戦してみようかと思い切って購入して読んでみることに。

そうしたらまんまとハマってしまいました。
思ってたのと全然違う……! めちゃくちゃ感情移入できて面白すぎる……!

まず、主人公ですが、表紙絵とタイトルから「Sっ気のあるオレ様タイプの男」かと思いきや、ただの「ヘタレ童貞男子」でした。

簡単にあらすじを言うと、学校中の女子からの支持率がハンパない超絶イケメン主人公・古谷斗和(ふるやとわ)ですが、ある日気づいてしまうのです。
「俺ってめちゃくちゃモテてるけど1回も彼女できたことないただの童貞やん!」と。
そこから斗和は、人生で初めての彼女を作ろうと決意するのですが、どうせなら誰もが羨む可愛い彼女を作ろうということで、学年一の美少女であるヒロインに狙いを定めて、「俺に付き合おうと言われて断る女なんかいないだろう」と思って軽く告白してみたらあっさりフラれてしまって……というところから始まるお話です。

こういうモテモテ男子系の少女漫画って男子はハマりにくかったりするのですが、この作品はむしろ男子こそハマりやすい作品なんじゃないかなと思います。

イケメンで超モテモテの斗和ですが、モテてるだけで恋愛経験ゼロの“ヘタレ童貞”なので嫌味がなくて、感情移入しやすいんですよね。
女子からチヤホヤされまくっているけど実際にはただのヘタレキャラというギャップが可愛らしくて、嫌味どころかむしろ好感を持てる等身大のキャラクターなので、リアルに男友達の恋愛を応援しているかのような感覚で読めます。
表紙の時点では僕の中ではまったく好感度がなかった斗和ですが、知れば知るほど本当にイイ奴なんですよね……。

と、ここまで斗和の魅力について紹介しましたが、この作品、なんと主人公だけでなくヒロインも最高なんです……!

 

『覚悟はいいかそこの女子。』(椎葉ナナ/集英社)第1巻より

 

学年一の美少女と言われているヒロイン・三輪美苑(みわみその)は、学校中の女子からチヤホヤされている斗和の告白を一蹴してしまうようなクールでツンツンした女の子なのですが、時折、“デレ”の一面が垣間見えることも……。

斗和に対してちょっとだけデレたり、好きな人(残念ながら斗和ではない)の前で顔を真っ赤にしてドギマギしたりする姿がもう可愛くてたまらないんです。

ただのクール系美少女ではなく、そういった愛らしい部分もしっかり描かれているので、斗和がだんだん本気で美苑のことを好きになっていく感情の流れがすごく納得感があるのも、この作品の魅力の一つです。

 

『覚悟はいいかそこの女子。』(椎葉ナナ/集英社)第1巻より

 

そしてそして、僕的にこの作品の最大の見どころは、物語中盤での斗和のある大きな決断です……!
とあるきっかけで斗和が、美苑の好きな人が結婚を控えていることを知ってしまうのです。
つまり美苑が失恋することが確定しているわけで、普通に考えると斗和にとっては大チャンス到来という場面で、当然斗和もそのことを美苑に知らせて自分に振り向かせようと考えるのですが、踏みとどまります。

いや、待てよ。失恋するということは美苑は辛い思いをしてしまうのか。
美苑にそんな思いさせたくない、美苑に失恋なんかさせない!

そして斗和は、ある決意を固めるのです。
その決意とその後の行動力がすごくかっこよくて……!
優しさと愛で溢れた斗和の決意を、応援せずにはいられなくなります。

言いたい!!
でもネタバレになるので我慢します!是非コミックスを読んでください……!

 

ということで、今回も大好きな作品を好きに語らせてもらいました。
「彼女が欲しい!」という欲だけの薄っぺらい告白から始まりますが、本当に美苑を好きになり、どうしたら振り向いてもらえるのか、どうしたら喜ばせることができるのか、美苑のために自分は何ができるのか、と奮闘しながら成長していく斗和の姿を間近で見ている感覚がとても楽しい作品です。

コミックスは全2巻で、サクッと読めるので是非…!

 

\ この記事よかった! /
👏 拍手を送る
コメントする
user_private