漫画家の作画のこだわりについて話そう!

モンキー・パンチ先生がデジタル作画の先駆者だったと話題になりましたが、漫画家さんの作画のこだわりについて知ってることがあれば教えてください!

アドビ システムズは10月に学生・教職員個人版となる「Adobe Student and Teacher Edition」を発売した。この発売を記念して、アップルストア銀座にて漫画家のモンキー・パンチ氏を招いたスペシャルイベントが行われた。

ニューヨークで考え中ニューヨークで考え中A子さんの恋人A子さんの恋人など、トーンも使わないアナログ描写が魅力的な近藤聡乃が「マンガの書き方」について書いてる。このブログに掲載されてる文章は書き下ろし漫画つきで本にもなってるのでそちらもオススメ。

はじめてマンガを描いた時に、「こんなものを読む奴は絶対におもしろいマンガを描けない」と意地を張って、「マンガの描き方」の本を読みませんでした。そんな訳で、...

売野機子先生はルポルタージュルポルタージュがバーズからモーニング・ツーに移籍した時にペン先を変えたとツイートしていた。

“ルポルタージュ、バーズ版と線画の密度雰囲気変わった?ってツイートしてくださった方!変えたよー!前はぜんぶ立川スプーンペンで硬めに描いてたけど、今はぜんぶ日光G(最初硬いけどすぐがばがばになるG)だよー!前は髪のいわゆるツヤにあたる部分をペンで描いてたけど今は掠れたマッキーだよ〜”

いつもの藤田和日郎修正液伝説置いときます

後編はこちら≫「うしおととらうしおととら」、「からくりサーカスからくりサーカス」、「月光条例月光条例」などの代表作を次々に世に送り出し、現在も最新作「双亡亭壊すべし双亡亭壊すべし」を少年サンデーに週刊連載をしている漫画家、藤田和日郎さん。およそ30年という長きにわたり、第一線で漫画を描き続けている。週刊連載

アナログとデジタルの違いも分からなくなってきてるから えっ!このひとアナログだったんだ…と思うことも実は多い

アナログとデジタルの違いも分からなくなってきてるから えっ!このひとアナログだったんだ…と思うことも実は多い

@名無し

単行本の後ろとかによく◯話からデジタルに変えましたとか書いてるけど全然違いがわからない。

単行本の後ろとかによく◯話からデジタルに変えましたとか書いてるけど全然違いがわからない。

単行本の後ろとかによく◯話からデジタルに変えましたとか書いてるけど全然違いがわからない。

@名無し

先日のワンナイト・モーニングワンナイト・モーニングのイベントでも奥山ケニチ先生が途中から完全にデジタルにしたとおっしゃってました。編集部内で女の子が可愛くなったという話になったそうですが素人目には分かりませんね。

単行本の後ろとかによく◯話からデジタルに変えましたとか書いてるけど全然違いがわからない。

単行本の後ろとかによく◯話からデジタルに変えましたとか書いてるけど全然違いがわからない。

@名無し

枠線見ると、少なくとも枠線をデジタルでやったかどうかは分かりやすいですね。
ブラック・ラグーンブラックラグーンの10巻は途中で切り替わってて面白かったです。

ただデジタルツールのような恐ろしい線を引く人もいれば、逆にソフト上でアナログっぽく見える処理をわざわざ掛ける謎の領域に到達してる人もいるのもまた事実…。

羽海野チカ先生がアシスタントのはれちゃん(鳥野しの先生)に双眼鏡を渡して「あそこに見える保育園を背景に描いて!」と言ってるおまけマンガを思い出した。イメージに妥協しない羽海野先生もそれで描ける鳥野先生もすごい。

森薫神のペン入れ動画は何度見ても凄い

http://natalie.mu/comic/pp/otoyomegatari リンク先にインタビューあり。Fellows!(エンターブレイン)にて連載中の森薫「乙嫁語り乙嫁語り」1巻の刊行と、「Fellows!&11COMICS 連動企画「Fellows! COLORS」応募者全員プレゼント」に向...

小山宙哉の作画のこだわりは
・トーンの「重ね」は、リアルになりすぎるからやらない
・どんな小さいサイズの人物も「のっぺらぼう」にはせず、必ず目と口を入れる

アニメ、実写映画化と大人気の漫画『宇宙兄弟宇宙兄弟』(講談社モーニングモーニング連載)。素晴らしい作品を作り続けるマンガ家・小山宙哉先生のアシスタントに話を伺いました。実際の作業や、デジタルへの移行、先生の名言など、ぶっちゃけてもらいましたよ!

岩原裕二のカラーイラスト、実は全部手描き。しかも全部絵の具絵の具。確かによく見るとビミョーに滲んでいたりする。

しかも赤・青・黄+白の組み合わせだけで色を作って塗っているらしい。
偏執狂的だと思ったけどめちゃくちゃキレイなんですよね…。

山本直樹は割と早い時期からデジタル作画をしていて、過去に描いた背景素材を組み合わせて制作している。なので1つのコマに15年前に描いた木と今日描いた木が並んでいる。

野田サトルは「嫌そうな顔で食べるシーンは、自分の顔を写真に撮って描いてる」。

あの変顔リアルで好きと思ってたら、納得の作画方法だった

幸村誠は作業中に赤毛のアンのアニメをよく観ている https://twitter.com/makotoyukimura/status/1155318614389448705?s=20

幸村誠は作業中に赤毛のアンのアニメをよく観ている https://twitter.com/makotoyukimura/status/1155318614389448705?s=20

@名無し

奥嶋ひろまさ先生は、常にSLAM DUNK28巻仕事場に置いているが、その理由は「教科書だから」とのこと(サイン会にて)

コメントする

この話題をフォローしているユーザー