風と木の詩

竹宮惠子